ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!!今回ご紹介するのはバスからソルトまで多彩なルアーをリリースするルアーメーカー「ジャッカル」よりダート用ジグヘッドをご紹介!どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!!



今回のジグヘッドはコレだ!!

キビキビダートジグヘッド(ジャッカル)

画像: キビキビダートジグヘッド(ジャッカル)

切れ味鋭いダートアクションが、デイでもナイトでもアジのバイトを誘発!

その名前の通り、キビキビとしたダートアクションが特徴の、キビキビダートジグヘッド。このアイテムに込められたさらなるこだわりを、商品開発担当にうかがった。

商品企画担当「ダートアクションをメインに作られたジグヘッドで、そのための水切りがいいヘッド形状を目指してデザインしました。さらに、サイドをフラットにしてウェイトを刻印。指でつまみやすく、重さも一目瞭然なので、ワームをセットするなどの作業性が向上しています。このフラット面は、アクション時にフラッシングを生み、アジにアピールしてくれるという効果もあります。ラインアイは大きめにして夜間でもセットしやすくしてあり、配置をヘッド後方部とすることで、ダートアクションのキレが増すような設計にしてあるんです」

ルアマガ+「さらに特徴的な形状のフックにもコダワリがあるとか!」

商品企画担当「アジングを意識した、オープンポイント気味のフックを搭載しています。ワームの動きをより艶めかしくする目的でショートシャンクに。ショートシャンクはワームがズレやすいのですが、ゲイプに角を設けることでワームをしっかりとホールド。激しくダートしてもワームをズレにくくしています。アジはもちろん、メバルやカマスなど、ダートアクションが効くライトソルトターゲット全般にぜひ使ってみてください」

ポイント①ヘッド

フラット面でアクションとセットのしやすさを両立

画像: フラット面でアクションとセットのしやすさを両立

ヘッドはダート性能を高めるために、前方重心に設計。大きなラインアイは夜でも糸を通しやすい。サイドはフラット面で指でつまみやすく、ウェイトの刻印がしてあるのでパッケージから出しても重さがわからなくなることがない。

ポイント②フック

角度のついたゲイプでワームをホールド

画像: 角度のついたゲイプでワームをホールド

フックポイントはアジングのショートバイトを取るためにオープン気味に。ショートシャンクで、ゲイプに角を持たせることで、ワームキーパーがなくてもしっかりとワームをホールドしてくれる。キーパーがないのでワームを破損しにくいのも特長だ。



アクション

綺麗な幅の広い左右のダートでアジを攻略

画像: 【水中アクション】キビキビダートジグヘッド www.youtube.com

【水中アクション】キビキビダートジグヘッド

www.youtube.com

キレのあるダートアクション、それと同時にヘッドのフラット面が生むフラッシングが、常夜灯周りの喰い気のない活性の低いアジもスイッチを入れていきやすい。デイゲームのなかなか釣れないアジの群れを攻略するときにも効果覿面だ。

ワームセッティング

ダートさせるならキビキビナーゴと組み合わせて

画像: キビキビダートジグヘッド+キビキビナーゴ(ともにジャッカル)

キビキビダートジグヘッド+キビキビナーゴ(ともにジャッカル)

画像: キビキビダートジグヘッド+ペケペケロング(ともにジャッカル)

キビキビダートジグヘッド+ペケペケロング(ともにジャッカル)

同じくジャッカルからリリースされているライトソルトワームならどれでも気持ちよく扱うことができる。ダートアクションを最大限に引き出すなら、専用にデザインされたキビキビナーゴがオススメで、ダート幅も広く出やすい。

気になるサイズラインナップは?

画像: 0.8g

0.8g

画像: 2.5g

2.5g

さまざまなシチュエーションに対応する7サイズ

フックサイズは共通で、ウェイトは0.8〜2.5gまで7サイズをラインナップ。デイでもナイトでもいろいろな状況に対応できる。5個入りの通常パッケージと、釣行回数の多いアングラーに嬉しいお得な15個入りパッケージも用意。

画像: さまざまなシチュエーションに対応する7サイズ

ルアーマガジンソルト8月号の取材では、ジャッカルソルトスタッフの杉山代悟さんがキビキビダートジグヘッド+キビキビナーゴの組み合わせでグッドサイズのアジをゲット!タフな状況と想定し、ダートアクションでバイト得た!
代悟流「ジグ単」ローテーション連発術はルアーマガジンソルト8月号を見るべし!!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.