宮崎県在住にして地元のエギング情報を発信し続ける河野さんに「ここ一番で使いたい!!」エギを選んで頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!今回のエギは老舗ロッドメーカーが作り上げた基本性能を高次元で追及した、飛距離抜群!ダート抜群な高性能エギ。これを見れば自分に合ったエギが見つけられるはず!?



エギングはもちろん、本業でもイカと対峙!!

河野誠(こうの・まこと)さん

宮崎県で活躍するがまかつのラグゼスタッフ。見えイカ攻略を得意としており、投げずに堤防を歩いてイカを探し、最低限のキャストで驚きの釣果をあげる。エギングの他にも渓流のヤマメ釣りの腕も一流。居酒屋を経営しており、釣りあげたイカは大人気メニューに変わるとか。

河野誠の“ココイチ”エギはコレ!

ラグゼ・エヴォリッジ ベーシックモデル3.5号(がまかつ)

画像: ラグゼ・エヴォリッジ ベーシックモデル3.5号(がまかつ)

鋭いニードルノーズで軽いシャクリでも好レスポンスを見せ、キレのある幅広ダートを簡単に演出できる。フォール時の姿勢も安定し、テンションフォールでの速度調整もしやすい。

■スペック

●サイズ:3.5号●自重:21.0g●カラー:全18色●価格:1100円



ベーシック→シャローの鉄板継投!!

河野さん「ベーシックモデルを使ってテンポの早い大きなシャクリでのサーチを展開し、それで釣れればそのまま使い通します。ただ、ディープからシャローにイカを引っ張り上げても、その後は警戒して追ってこない場合にはシャローモデルにローテーション。

ショートジャークでのキビキビとしたアクションで仕留めるという使い方もあります。サイズは1年中、3.5号オンリーで何とかなります

2.5号や3号は、取材でヤバイ状況に追い込まれた時に使うくらいです(笑)。カラーは目視しやすいチャート系がメイン。ライムグリーンやブルータイガーは多用します」。

+αテク

画像: +αテク

ベースとなるのはベーシックモデルの3.5号。テンポの早い大きなシャクリで広範囲を探り、釣っていく。ディープから引っ張り上げても追ってこないときには、シャローモデルをローテーションすることも。

7/21発売ルアーマガジンソルト9月号では河野さんの夏イカ高速ランガンテクニクスも収録予定!!
是非参考にするべし!!

画像1: 7/21発売ルアーマガジンソルト9月号では河野さんの夏イカ高速ランガンテクニクスも収録予定!! 是非参考にするべし!!
画像2: 7/21発売ルアーマガジンソルト9月号では河野さんの夏イカ高速ランガンテクニクスも収録予定!! 是非参考にするべし!!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.