偶然ではなく、狙って記録級のターゲットを手にする方法とは?ここでご紹介するのはエキスパートが刻んだ“記録”と“記憶”、モンスター捕獲の証言集である。元祖ヒラメハンターとして全国各地のサーフを行脚し続ける大人気ソルトアングラー「ホッティー」こと堀田光或さんのランカーメモリアルをご紹介!!


語って頂くのはこのお方!!

堀田光或(ほった・みつや)さん

ヒラメゲーム黎明期から活躍する元祖ヒラメハンター。ルアーマガジンソルト誌連載「鮃ってヤツは…」では、全国各地の未開エリアにも積極的に遠征し、その魅力を伝え続けている。

堀田光或×ヒラメ75cm

画像: 堀田光或×ヒラメ75cm

DATE:2016年/12月30日/朝

FILED:和歌山県熊野川河口サーフ

SIZE:75cm(自己最大は82cm)

TIDE:大潮/満潮後の下げ

OTHER:年末のためアングラー多数

朝の下げ。河口付近の急深なサーフをただ巻きでアプローチ

堀田さん「自己最大は82cmなんですけど、もうかなり昔の話ですからね(苦笑)。直近のランカーだと、2016年末の75cmかな。ヒラメは、大型を狙って獲るのが本当に難しいターゲット。現状は、条件や釣り方の特別な法則は存在しないと言っても良いでしょう」。

ショアからヒラメを誰よりも釣っているエキスパートの言葉だけに、説得力がある…。

堀田さん「だからこそ、僕はセオリーを重視します。75cmが釣れたときも、河口が近くベイトもいて、下げの流れが効いていました。ヒラメが釣れるより良い条件を足し算して、地道に数を釣る。これから新たなパターンが確立される可能性も充分にありますが、それこそが座布団クラスへの最短距離だと思いますよ」。



ヒットルアー

ビーチウォーカー・ハウルヘッド21g+ハウルシャッド5in(デュオ)

画像: ビーチウォーカー・ハウルヘッド21g+ハウルシャッド5in(デュオ)

大きすぎず、小さすぎずのド真ん中な存在感

堀田さんは、水中におけるルアーの存在感を重視する。

堀田さん「経験上、ボリュームなどの大小で個体によって好き嫌いがハッキリ分かれますが、ハウルはあらゆるヒラメが好むドン真ん中の存在感。当日は、ただ巻き中にストップを入れた瞬間に口を使って来ました」。

2017年、2018年ルアーマガジンソルトTOY(タックル・オブザ・イヤー)2年連続1位の実力は伊達じゃなく、その実力と人気は今だ上昇中!!釣果と記録をともに導いてくれるレガシールアーはボックスに必ず忍ばせておきたいところだ!

デュオ・ビーチウォーカーシリーズにまつわる記事はコチラ⇩

ランカーメモリアルの過去記事はコチラ⇩



This article is a sponsored article by
''.