見つけたー。紹介できる釣り場グルメ見つけたー。これは自信を持って紹介できる、釣り場近くの厳選グルメ! ただ美味しいだけでなく、リピートしたくなるほど記憶に残るというのがコンセプトの釣り場のグルメシリーズ。今回はアジ、チヌ、タコ、イカ、シーバスetcと、都心近くにも関わらず豊富なフィールドを抱える兵庫県からのチョイスです。



「中華ひるね・定食ひるま」の絶品焼豚セットはリピート確定のパンチ力!

ここを紹介してくれたのは、メガバスのフィッシングプレゼンターでもあるアラマキシンヤ氏。西宮ディープをご紹介しますよと連れて行ってくれたのは国道沿いにある中華屋さん。

アラマキ「いろいろあるんですけどね、ここの焼豚セット食べてみてください。これ一択」

ほうほう、そこまで言うなら、オススメにのっちゃります。

アラマキ「意外にボリュームあるんでびっくりしますよ(笑)

画像: ごはん、焼豚本体、これに中華スープが付く。

ごはん、焼豚本体、これに中華スープが付く。

と、でてきたのがこちら。いやぁ、確かにボリューミー。しっかし、こんな量の焼豚食ったら、旨いといっても、絶対に途中で飽きるパターン。保証するわ。

アラマキ「そう思うでしょ。コレが意外に最後まで食べきれちゃうんですよ、飽きずに(笑)」

またまた。まぁ、とにかくいただきます。ということで、まずは一切れ。……。味は初見ではオーソドックスな焼豚に感じるが、ん?しかし、この独特の旨味はなんだ?甘めのソースだけども、かなり深みがあるぞ。

あまり、味の輪郭がはっきりしすぎていると、冒頭に言ったようにすぐに飽きちゃうのがセオリー。でも、この焼豚、しっかりと味の輪郭があるのに、旨味がさーっと広がって余韻を残しつつフワリと消える。サッパリではないのだが、口の中でいやらしく風味を残しつつ次の焼豚へと誘うのだ。これに気づいちゃったら最後です。

くっ、コレ、次食べたくなるやーん。ということの繰り返し。焼豚de病みつき。ご飯や辛子などのアクセントをはさみつつ、気がつけば完食…。つうか、もう少し、もう少し食べたい…。こんなん、こんなん、ズルい…ズルい焼豚やわ…。てなもんです。

あぁ、この記事の執筆中にも写真みながら、ちくしょう、喰いたいぜという衝動に駆られる西宮の絶品でした…。地元では人気のお店の有名店とのことです。えと、編集長、近々で西宮の取材ないですかね!?(今週行ったばかりですが)

画像: THE 西宮ディープなお店。人気店とのこと。出会えてよかった、次も行くぜなお味でした!

THE 西宮ディープなお店。人気店とのこと。出会えてよかった、次も行くぜなお味でした!




This article is a sponsored article by
''.