取材先のオモローを虎視眈々と探し、見つけては記事にしちゃうのがルアマガプラスのモットー。なんか、船着場にやってきたヤングなメンズたちが、テンション高めでタモ網持ってなんか採ってますやーん! で、何採ってるの?


ハンターチャンスは壁際に

夜のアジング取材を終えて、スタッフが伊勢志摩のとある船着場でのんびりしていたら、若者たちがバイクで数人あらわれて、なんかキャーキャー、YのYのタモ持って何かをハント。タモ網とか小生、ガサ民やさかい気になりますやん? で?

画像: 夜は安全にはご留意を! 夏ぽくて楽しそう!

夜は安全にはご留意を! 夏ぽくて楽しそう!

「カニっす。ワタリガニ」

あ、確かにたくさんいますよね、そう言えば。それをタモで狙ってたんすね。

「ん?密漁?いや、ワタリガニは大丈夫っす!」

なるほどなるほど。エビや貝はあれですが、確かにカニはこのあたりでは大丈夫みたいですね。今、満潮ですけど、満潮が良いのです?

「満潮がよいですね。壁際に這ってるやつをタモで採ります。あ、そこにいる! はよ!」

「逃げられた! こいつ今日、6匹逃してる!!」

採り手のミスを仲間で集中砲火してるけど、めちゃくちゃ楽しそう。それ、そういやどうやって食べるの?

「ん?茹でるかな」

他には味噌汁ドボンでも出汁が出てうまそうですね。季節は夏場がよいの?

「割にこの辺では年中ですね。あ、またいた! 次逃すなよ!」

そんな感じでしたが、大漁の様子でした。みなさんも、夏休みですし、チャンスがあればタモ網使って味噌汁の具を探してみてください!泳いでいるのを掬うのも楽しいですよ。

画像: ガザミ系は種類が多い。通称的な意味でワタリガニ。

ガザミ系は種類が多い。通称的な意味でワタリガニ。

ただ、安全にはご留意を!



This article is a sponsored article by
''.