アジングなどのライトゲームメーカー「サーティフォー」が水面下で開発を進めていた新しいコンセプトのジグヘッド、「グリッターヘッド」の全貌を捉えた! 露出を控えてきたと言う、このジグヘッドフックの特徴とは?


フォールはスローに。そして、リフトをかけると、驚きのアクションが!

画像: フォールはスローに。そして、リフトをかけると、驚きのアクションが!

他メディアでも、ちょい出し露出しかされなかったサーティフォーのグリッターヘッド。まずはフォルムをご覧いただこう。

画像: 横から。

横から。

画像: 上から。下は船の底のようになっている。

上から。下は船の底のようになっている。

開発者である、家邊克己さん。これどう言った特徴があるんですか?

家邊「まず、1.7gのヘッドサンプルなんですがフォールはスローになり、1.2gから1.4gくらいのイメージで沈みます。抵抗をこの船底型が受けるわけですよね」

確かに、ストンとは沈みにくい形状ですね。

家邊「で、リフトすると左右にスライドします(笑)この動きがめちゃくちゃ釣れます」

ん、リフトでスライド?! フォールでスライドじゃなくてリフトでスライドですか? それは余り聞かないですね!と言うか、新しいですね!

家邊「でしょ。この動きが、グルーパーや、メバルとかに無茶苦茶効く。海外のロケでも、いろんな魚に効きましたよ。あと、動きだけでなく、このグリッターが効く。シールやホロで試したんですが、グリッター加工が1番、サカナの反応が良いんですよ」

画像: このサカナ。グリッターヘッドでの釣果だった!
このサカナ。グリッターヘッドでの釣果だった!

このヘッドのカラーですね。

家邊「こう言ったカラーの変化が、サカナのストライクマーカーになってるようで、かなり反応が良いんですよ。

アクションと相まって、例えばアイナメとかもヤバイですよ。北海道で爆釣でした。

製品としては、特にハタとかは意識してるんで、これの7gとか8gとか作るつもりなんですよ。ただ、弱点は、軽いやつが作りにくい。チャレンジはしてますけどね!」

ありがとうございます! 速報として、公開させていただきますね。ちなみに発売は?

家邊「9月から11月くらいには、発売できるとは思います」

リフトで横にスライド! ちょっとワクワクしますね!楽しみにしています。



This article is a sponsored article by
''.