昨今「ただ巻き」と呼ばれ、素直にリールのハンドルを巻いてくればしっかりとその性能を発揮し釣果を導いてくれるルアーが主流にある中で、「ペンシルベイト」と聞くとトップウォーターの中でもMT車を連想させるようなイメージで少し敬遠しがちになったりしませんか?トップの中でもドッグウォークと呼ばれる首振りアクションをし続けなければ釣れないのがペンシルベイトですが、実はシビアな状況のときほどペンシルベイトは釣れたりするのです!今回は編集部O木のお気にいりのペンシルベイトをご紹介します!!


サイレントペンシルベイト「ジャスティーン」

このルアーに出会うきっかけは昨年の初夏。姉妹サイトであるルアーマガジンモバイルの編集部自腹インプレコーナー『買いっ!モノ手帖』でも記事にさせて頂いたのですが、自身のバス釣りがマンネリ化し、軽くスランプっぽくなっていたときに、自分の釣りの引き出しを増やそうと決意したのです。

出来れば自分の釣りのもう一つの軸でもあるシーバスでも!

と考えたとき、真っ先に思いついたのが「トップウォーター」でした。

シーバスはともかく、バスの釣果がオカッパリではほほぼワーム(特にシャッドテール)が多かったのでそれに頼り切っては引き出しが増えないなとも感じていた頃。

またO木が通うバス釣りのホームエリアが、かなりのシャロー+クリアウォーターという特殊な釣り場なので、クランクやスピナーベイトなども中々はまりにくい場所。Mクラスのタックルでやるならば中小型のトップだろうと思いました。

そこでたどり着いたのが『ジャスティーン』でした!

画像: コンバットペンシルジャスティーン【エバーグリーン】

コンバットペンシルジャスティーン【エバーグリーン】

ルアーメーカーの大御所&老舗でもある「エバーグリーン」からリリースされているジャスティーン。2015年にリリースされたこのルアーは、エバーグリーンのUSAスタッフ、ジャスティン・カーが対スモールマウス用にクリアウォーターでも見切られにくく、且つバイトを弾かないという要望を菊元さんが具現化し、生まれたルアーなのです。

きっかけは職業釣り師のあのお方

実はこのルアー、最初バス用ではなく、シーバス用で注目していました!その理由はこの方!!

画像: きっかけは職業釣り師のあのお方

ルアマガソルトでもお世話になっている職業釣り師ことEGソルトプロスタッフの小沼正弥さんが激推ししていたのです!!

小沼さんと言えば、ルアーマニアでバス用ルアーにもかなり詳しく、ルアーマガジンで人気連載中のバスプロ対決企画「陸王」マニアでもあるのです笑笑

イベントでお会いすると陸王トークが止まらなくなるほどww

そんな小沼さんがルアルアチャンネル(サンテレビ)のロケでジャスティーンを使い、シーバスをゲットしたときに衝撃を受けました!!
動画はコチラ⇩⇩

画像: 第141回放送(6/14)小沼正弥さん、木更津沖堤防シーバス www.youtube.com

第141回放送(6/14)小沼正弥さん、木更津沖堤防シーバス

www.youtube.com

沖堤というかなり水深のある場所からジャスティーンでシーバスを釣っております。通常沖堤のシーバスというとメタルバイブやスピンテールが定石ですが、バスルアーへの造詣の深い小沼さんならではの釣果です!!

でもちょっと待てよ、なんかペンシルの動かし方が独特なような・・・

小沼さんはシーバスロッド(10ft)というのもあるのですが、水面にライン(PE0.8+フロロリーダー12lb)をつけずに高速でのパニックアクションを主体とさせた動かし方です。

本家・菊元さんの使い方は・・・・

そして本家エバーグリーンの総大将・菊元さんが釣っている動画がコチラ⇩⇩

画像: 菊元俊文 ジャスティーン・ヒットシーン&解説 www.youtube.com

菊元俊文 ジャスティーン・ヒットシーン&解説

www.youtube.com

菊元さんは水面にライン(ナイロン14lb)をつけての高速ドッグウォークです。

既存でリリースされていた名作ペンシルベイト、シャワーブローズとは真逆でクイックなドッグウォークが主体、そしてノンラトルなサイレントボディのジャスティーン。

画像1: 本家・菊元さんの使い方は・・・・

小型ボディでありがちなバイトミスを防ぐために90mmのボディサイズでありながらもウェイト量を増やし、3フックを採用。

画像2: 本家・菊元さんの使い方は・・・・

45度の浮姿勢により3つのフックの配置バランスが良好に保ち、水面からフックが出ることを防ぐことによってフッキング率も高めているのです。(※サイズアップ版の115サイズは浮き姿勢が若干緩めに設定されています)



O木も即実戦投入

小沼さんと菊元さんの動画を見て、早速購入し、釣り場でインプレッションをしました!

画像: タックルは6ftのMクラス、ラインは14lb

タックルは6ftのMクラス、ラインは14lb

そして早速アクションさせると・・・
フロロ14lbでもガンガンドッグウォークさせられる!!!

ってかめちゃくちゃドッグウォークさせやすい!しかもボディサイズの割には重量も絶妙で空気抵抗を受けにくいボディバランスからか良く飛ぶ!!

1人で行ったので動画を見せられないのが残念なくらい!!

通常フロロラインだと比重が重く、ペンシルやポッパーのようなトップ系には不向きとされていますが、全然そんなことを感じさせないくらいアクションさせやすいのです!!

HPを見ると推奨ラインは8~14Lbありますが、フロロもOKと記載してもよいかと思うくらい!

でも実釣で菊元さんがナイロンを使っているということはあくまでも推奨はナイロンなのかもしれません。

この日は1回バイトを出すことができたのですが、びっくり合わせをしてしまいフッキングせず・・・しかしジャスティーンの使いやすさを知ることができました。

地元シーバス河川で爆発!!

バスでは1バイトしか出せませんでしたが、シーバスではどうか?

ということでいつも行っている地元のシーバスフィールド某湘南河川でも試してみることに。

画像: 湘南某市内を流れるK川。河口から5kmほどの場所にあり潮位の変化をしっかりと受ける場所。干潮時では水位が一気に低くなり浅くなるため、正直釣りにならないので水位がある満潮時に釣行します。

湘南某市内を流れるK川。河口から5kmほどの場所にあり潮位の変化をしっかりと受ける場所。干潮時では水位が一気に低くなり浅くなるため、正直釣りにならないので水位がある満潮時に釣行します。

河川の幅も狭いため、対岸ギリギリの流れの変化+地形変化がある場所へ投げ、ドッグウォークさせると・・・・・・

画像: ハーモニカフッキング。3本掛かっていましたが、ランディングの際に1本外れました。

ハーモニカフッキング。3本掛かっていましたが、ランディングの際に1本外れました。

水面に水柱が立ち、あっという間に答えが帰ってきました!!
最初に釣れたのは40cmほどのシーバス。正直このサイズになると瞬発力も早く、エラ洗いも多いため、普通のルアーではバラシがちですが、3フックのため安心してファイトができました!!

そして釣行を重ね、別日にはサイズアップの115サイズを購入し実釣すると・・・・

大きな水柱が立ち、もんどりうってシーバスがバイト!

画像: まずは60cm程のシーバス。夕方小1時間でサクッと。

まずは60cm程のシーバス。夕方小1時間でサクッと。

オリジナルサイズのアクションの良さを継承しつつもよりも遠投性が上がったため、さらに広範囲を攻められるようになりました。そしてサイズ感も秋のイナッコサイズとジャストマッチ!!

さらに連続ヒットでサイズアップ!!

画像: ロッドはシーバス用ベイトロッド7ft後半のML、ベイトリールにはPE1.5号+フロロリーダー20lb。既存のシーバスロッドよりか短めのもののほうがアクションはさせやすいかと思います。

ロッドはシーバス用ベイトロッド7ft後半のML、ベイトリールにはPE1.5号+フロロリーダー20lb。既存のシーバスロッドよりか短めのもののほうがアクションはさせやすいかと思います。

画像: 流石にこのサイズはオリジナルのフックがかなり曲げられてしまいました(汗

流石にこのサイズはオリジナルのフックがかなり曲げられてしまいました(汗

サイズは70cmは届かないものの秋のグッドコンディションのシーバスもゲット!!イナッコボイルをしてた近辺に投げるとすぐに反応が帰ってきました!!

正直ざっくりとした時合いさえ外さなければバイトに持ち込めると確信した位シーバスをヒットさせました。

地元でシーバスをやるときは9割方ナイトゲームが主体でしたが、昨年のシーバスはジャスティーンの威力を知ってからはデイゲームの釣行が9割近くにww

ルアマガ取材時でも・・・

昨年の11月にルアマガのインプレッションロケで訪れた利根川水系でもテトラ帯に時折、イナッコのボイルがあったため、地元のシーバスの釣果に引きずられジャスティーンを投げると・・・・

画像: ルアマガ取材時でも・・・

44cmのグッドコンディションのバスをゲット!!

同行していたルアマガ編集部員もバズベイトを投げていましたが、反応したのはジャスティーンでした(正直最初はシーバスかと思いましたが・・・・w)

使い方は連続ドッグウォークのみ!!

画像: 使い方は連続ドッグウォークのみ!!

シーバスもバスも使いかたは全て連続ドッグウォーク!!
アクションに緩急のメリハリをつけたり、アクションの途中に止めてステイなどを織り交ぜることもできるのですが、個人的には、流れや地形の変化、テトラや杭などの障害物のある場所に対し、連続のドッグウォークでトレースし続けるのがベストかと思います。

あと1番大事なのはボラやオイカワ、アユなどのベイトフィッシュが確認できること。ボイルや表層への気配を感じるのであれば是非投げることをオススメしたいです!

時間帯はトップウォーターであるので朝夕のマズメがGOOD!水が動いて、ベイトフィッシュがいれば日中でも狙えるかと思います。秋になり水温が下がれば日中も更にチャンスは増えるかと!

場所は水深が浅いところがオススメ!!O木が釣っているシーバス河川は2m未満。浅ければ浅いほどト水中にルアーを潜らせるよりかは表層のほうが騙しやすいでしょう。

ルアーを“動かして使う”ことの楽しみを再認識!!

ジャスティーンとの出会い以降、シーバスを中心にペンシルベイトでの釣りの楽しみに目覚めたO木。今ではシーバスのタックルボックスの1つがトップウォーターだけに・・・・

画像: ジャスティーンの他にも、往年の名作のザラスプーク、ジャイアントドッグX、シャワーブローズなどペンシルでも様々なタイプを使い分けるようになりましたw

ジャスティーンの他にも、往年の名作のザラスプーク、ジャイアントドッグX、シャワーブローズなどペンシルでも様々なタイプを使い分けるようになりましたw

そして夜の釣りも止めたわけではないのですが、日中でのペンシルベイトでのド派手なバイトを体感したら病みつきになって夜のシーバスには中々戻れない状況ですww

画像: 今年の7月の釣果。まだサイズは小さいですが、秋頃は60cmクラスが好反応する・・はず!!

今年の7月の釣果。まだサイズは小さいですが、秋頃は60cmクラスが好反応する・・はず!!

ド派手なバイトもペンシルベイトの魅力ですが、小沼さんが動画でもお話している通り、スレたフィールドや活性の低い場所では、動きが不規則で、水中にラインが入っていないペンシルベイトであれば以外とあっさり反応してくれる可能性があります!

スレたフィールドでもド派手なバイトを出して興奮を味わえる釣りならやるしかないでしょう!!

夏のハイプレッシャーでスレてしまったフィールドでも、秋で活性が高くなったフィールドにもオススメなペンシルベイト。

ルアーを操り、バイトを出すというルアーフィッシング本来の王道の釣りを楽しめるペンシルベイト、そして扱いやすいジャスティーン、皆様も使われてみてはいかがでしょうか?




This article is a sponsored article by
''.