実は....。職業釣り師、孤高のシーバスアングラーとして知られるオヌマンこと小沼正弥さんに電話をして怪談ネタを仕入れていたら、ボラに強いイケてるルアーの話がちらり。ちょっと待って、小沼さん、先にそのルアーの話を聞きたいです(笑) 怪談もサイコーに面白かったですが、まずはそのルアーの話聞かせてください!



ボラ喰いシーバスをスナイプできるミノーがいま猛威をふるっている?

小沼「バーストアッパー釣れてますよ! こいつね、ボラにボイルしているような状況だと、ホントにヤバイですよ!」

画像: 出展:DAIWA web  モアザン バーストアッパー140F(DAIWA)全長:140mm 重量:28.5g 使用レンジ:水面〜水面直下 カラー:10色 価格:2100円(税抜)

出展:DAIWA web  モアザン バーストアッパー140F(DAIWA)全長:140mm 重量:28.5g 使用レンジ:水面〜水面直下 カラー:10色 価格:2100円(税抜)

画像: オヌマンのこだわりルアーでボラ喰いランカーシーバスをスナイプせよ!【バーストアッパー140F(DAIWA)】

<profile>小沼正弥(おぬままさや)。オヌマンの愛称で親しまれる職業シーバス釣り師。東京都出身。ソルトフィッシング界では数少ないフルタイムプロアングラーのひとりで、ルアーメーカー「Pickup」主宰。日本のシーバス釣りの発展に黎明期より寄与してきた、パイオニアでもある。テクニックもさることながら、様々なルアーに精通することにより、多くの「釣れる」ルアーを各社よりプロデュースし大ヒットさせてきた。

どうやって使うんですか? ボイル直撃??

小沼「いやいや、直撃はダメです。そのボイルから15mから20m先にキャストするでしょ。そこからボイルに接近させて喰わせるんですけどね、使い方があるんですよ。

ストップ&ゴーです。1mくらいリーリングしたらポーズに1秒。2mくらいリーリングしたらポーズに1秒。と、ランダムにストップ&ゴーを織り交ぜながら、ボイルのある地点に寄せていくとドン!!って喰いつきます。あとね、このルアー波紋の出方にはこだわっているんですよ」

画像: バーストアッパー140F(DAIWA)で釣り上げた良型!

バーストアッパー140F(DAIWA)で釣り上げた良型!

画像: ボラ喰いのシーバスにはとにかく効く! オヌマンの自信作。

ボラ喰いのシーバスにはとにかく効く! オヌマンの自信作。

どんな風にですか?

小沼「ボラって移動しながら群で水面をパクパクしたりするでしょ。あのパクパクの波紋が出るようにセッティングしてるんですよ。その波紋がただ巻きするだけで出ます。その群れのサイズがドンピシャ15cm〜20cmくらいならもらったも同然」



画像: ボラ喰いシーバスをスナイプできるミノーがいま猛威をふるっている?

おおおお、釣れそうですね!

小沼「釣れそうじゃなくて、釣れます(笑)ガンガンでかいのも上げてますから、ぜひ使って見てくださいよ! あ、ヤバイと言えばサイドプレス160F(ピックアップ)も....」

む! そちらもじゃあ次に取り上げさせてください!



This article is a sponsored article by
''.