辛口批評が続いている、100円均一ダイソールアーのインプレッション。100円なのに酷だと思われるかもしれないけれど、休日に貴重な時間を費やして釣りをするわけで...(時は金なり)。なので容赦はしないのであります。今回はダイソーの100円均一で売られているスプーン(ルアー)についてインプレ開始ぃ!


結論。釣れるとは思います....。いや、けどですね....。

スプーンとは金属のまさしく食事用のスプーンのような形のボディにフックなどが装着されているルアーで、トラウトなどの釣りに古くから愛用されているルアーです。ルアーの起源とも言われている由緒正しきカテゴリーなのですが....。

画像: フェザーフックの雑さだけ目をつぶれば行けそうな気がするがいかに!?

フェザーフックの雑さだけ目をつぶれば行けそうな気がするがいかに!?

いつものように、インプレを開始したところ、数投でこの100円ルアーが釣りに使えることは確信しました。サイズ的に喰いつくサイズではないのですが、数尾、このルアーを追っかけてきた魚がいました。まず良い点を書きます。

動きは今までのダイソールアーの中でも一番釣れる動きです。この姿勢で左右にキラキラ明滅のウォブリングします。明滅もはっきりしています。フォールはそのキラキラとした明滅を伴うスローフォールです。釣れない要素はありません。

画像: 右が進行方向。この上下左右の関係で泳ぎます。リアをしっかりと振りながら、左右に側面を見せる比較的優秀なアクション。いままでのダイソールアーのなかでぶっちゃけ一番釣れそう。

右が進行方向。この上下左右の関係で泳ぎます。リアをしっかりと振りながら、左右に側面を見せる比較的優秀なアクション。いままでのダイソールアーのなかでぶっちゃけ一番釣れそう。

ダイソールアーで釣果早抜け競争が開催されるなら、一番最初にキープしたいルアーです。

速く巻きすぎなければ、金属ではありますがレンジキープ(狙いたい水深で一定にルアーが泳ぐ層を保つ技術)もやりやすいです。

欠点。大きさの割に軽いことでしょうか。フック込みで8〜9g。速引きすると浮き上がりすぎて動きが破綻します。ある程度レンジをとってからリトリーブする必要があると思います。強い流れを受けると辛いです。

あと、フェザーフックがすぐ壊れます。もともとフックのクオリティは最低限しかないダイソールアーシリーズですが、この価格帯でフェザーフックなんて装着してるもんですから、しょうがないっちゃしょうがないとは思います。

画像: 数投で、フェザーがほどけて数枚抜け落ちました。フェザーフックを交換してくださいと言いたいところですが、その手間かけるなら最初からメーカーもののスプーンを買った方がお得感はあります。

数投で、フェザーがほどけて数枚抜け落ちました。フェザーフックを交換してくださいと言いたいところですが、その手間かけるなら最初からメーカーもののスプーンを買った方がお得感はあります。



このルアーの楽しみ方

これはかなり個人的見解にはなってしまいますが、釣れそうだからといって積極的に使いたいかと言われるとなかなかテンションが上がらないルアーではあります。

オモリに色を塗ってフックをつけたルアーが釣れるよと言われても、そりゃ釣れるでしょ、でも、使いたくないなーと思ってしまうのと同じです。ただ、これに関しては、発案者、および工作の段階で工夫が内包されているので素敵だとは思います。

このように、確かにコストをかけずに釣りを楽しむ文化があってもいいと思います。が、様々な技術を積み重ねてきたメーカー(ブランド力を向上させてきたメーカー)のルアーにお金を投じて楽しむ文化もやはり大事かと思うのであります。

ただ、楽しみ方として、オリジナルのカラーリングをしてみたり、改造のためのベースとして遊んでみる素材としてはかなり優秀かと思います。カラーラインナップはいくつかありますが、シルバーの無塗装は使いやすそう。ルアー用のホロシートやアワビシートを貼ってみたりして、カラーリングによる釣果の違いなんかを研究するのも楽しいかもしれませんね!



This article is a sponsored article by
''.