青物に根魚にタイと、多彩なターゲットが狙える釣りといえば「ショアジギング」。その豪快さと楽しさを手軽に味わえるのが「ライトショアジギング」、略してLSJ! メジャークラフトはLSJを手軽に楽しむためのメタルジグを多数展開している。ヒロセマンこと広瀬達樹さんに、メジャクラならではのLSJ基礎、どんなジグを選べばいいのか、手軽に楽しめる釣り方の基礎をすべて解説していただいた。


教えてくれるのは我らが“ヒロセマン”

【Profile】
広瀬達樹(ひろせ・たつき)
ハイクオリティ&ロープライスなど、誰にでも理解できるコンセプトで業界に旋風を巻き起こし続けるメジャークラフトのアイテムプロデューサー兼プレイヤー。

LSJはカンタンだ!そのカンタンを釣れるに変えるキモを開祖がレクチャー!

広瀬さん「もともとジギングは、重たいメタルジグをぶん投げて、数百メートル沈めてからハードジャークで上げる、汗をダラダラかいて釣るという漢(オトコ)の釣りで、むしろそうじゃないとジギングではないというイメージでした」

そんなイメージを覆したのが、まさに広瀬さんその人。

広瀬さん「もともと船酔いがひどいので、ボートが苦手なのにさらにそんなしんどいことをやるのが嫌だったので(笑)、いっそのこと岸からやろうと。それでどうせならもっと軽いメタルジグにすれば敷居も下がるだろうと始めたのが、ライトな(軽い)メタルジグを使ったライトショアジギングでした」

そこにはロッドメーカー、メジャークラフトとしての仕掛けもあったが、これが大成功を収め、いまやショアジギングといえば、50g前後のジグを使うライトショアジギングとなっている

広瀬さん「時代は変わるので、入門的には20g前後というのもありかもしれませんが、攻められる水深から考えると、より広くかつ多くの魚種を狙えるのは、やっぱり50g前後が王道だと思います

ライトショアジギングで釣れるのはどんな魚?

攻め方とメタルジグの選び方でなんでも狙えます!

広瀬さん「メタルジグはあらゆるフィッシュイーターを刺激するというのは本当で、いまだに初めて釣る魚種がいるくらい。ショアスローは速く泳げない魚も釣れるので特にその傾向が強いですね。LSJであれば御三家をメインに、他魚種でも遊べるって感じになります」

主なターゲットは「青物」「根魚」「ヒラメ」「マゴチ」「タチウオ」

画像: 青物

青物

ブリやカンパチに代表される豪快な引きが魅力のターゲット。

画像: フラットフィッシュ

フラットフィッシュ

捕獲の難度が高く、一発狙いという表現がピッタリのサーフの憧れ。

画像: 根魚

根魚

根の回りに棲む高級魚。メインのハタには多くの種類が存在する。

画像: タチウオ

タチウオ

デイの岸釣りはメタルジグがマスト。ジグパラには専用カラーも。

ライトショアジギング、どんな場所を狙えばいい?

魚に合わせるか、釣り場に合わせるかで考えよう

広瀬さん「沈めて釣るのであればある程度の水深が必要ですが、基本どこでも釣れます。でもフラットフィッシュを釣りたければ砂地がないとダメですし、根魚は根がないとダメ。潮通しがよくてベイトが溜まりやすい場所であれば、魚種は問わず釣れる可能性は高いですね」

3大スポットは「堤防」「磯」「砂浜」

画像: 漁港(波止)

漁港(波止)

足場がよくビギナーでも楽しめる。内側よりは外側が適当だ。

画像: サーフ

サーフ

フラットフィッシュを狙える。変化を見つけるのがキーになる。

画像: 磯

不安定な足場で慣れや装備が必要になる。根魚が釣れやすい。

ライトショアジギングで釣りに行くオススメ装備

安全第一! 機能も大事!

広瀬さん「今回は磯なのでベスト式のライジャケですが、漁港であれば膨張式でも十分。ただ、ボックスがポケットにしまえるので持ち運びが便利です。帽子に偏光グラスはマスト。夏の釣りですが、肌の露出は控えめに。ちなみに僕は毎回日焼け止めをしっかり塗っています」

磯のマストアイテムは「スパイクとグローブ」

画像: 磯靴

磯靴

画像: グローブ

グローブ

濡れて滑ることも多いもので、スパイク付きのブーツがベター。手も着くこともあるのでグローブも必須だ。



ライトショアジギングの投げ方……遠くに投げる! 以上(ぉぃ)!

ライバルが届かない場所まで飛ばせ!

広瀬さん「メジャクラのアイテムに共通しているのが飛距離へのこだわりです。というのも、人が届かない場所にルアーを入れることこそが釣果に直結するからです。メタルジグは特に飛ぶのでそこは利用してください。ライバルになるので、本当のコツは教えません(笑)」

メタルジグの重さをロッドに乗せて振り切ろう

画像: メタルジグの重さをロッドに乗せて振り切ろう

タラシをロッドの長さほど取り、重さをロッドに乗せ遠心力を利用して振り切る。自分に合う投げ方を見つけよう。

ライトショアジギングで有効なジグアクションは?

イージーな操作でルアーが生きてくる(そう、メジャクラならね)

広瀬さん「ボトムまでフォールさせて、着底したらジャーク。ある程度までジャークで上げたら再びフォールの繰り返しが基本のアクション。ジャークを遅くすればスロージャークになります。あとはただ巻き。泳がないジグもありますが、メジャクラのジグは問題なーし!」

メタルジグの三大アクション

画像: ジャーク

ジャーク

リール1回転で1回ジャークするのがワンピッチワンジャーク。

画像: ただ巻き

ただ巻き

グリグリと巻くだけの簡単操作。スピードは一定を保つこと。

画像: フォール

フォール

基本はフリーフォール。サミングで着底のタイミングを把握しよう

ライトショアジギングで注意したい、魚の取り込み方

強気で挑み、最後まで気を抜くな!

広瀬さん「根に潜られると厄介なので、とにかく強引に巻いて根から引き離しましょう。なのでハイギアリールがおすすめです。抜き上げられなければ、できれば人に頼んでネットランディングしてください。そのときは釣った人が魚をネットに誘導するとバレにくいです」

掛けたら一気!

画像: 掛けたら一気!

根魚やヒラマサなど根に向かう魚が多いのでまずは強引に寄せる。

ランディングネットはマストです

画像: ランディングネットはマストです

あると安心!メジャクラのヘキサネット+ランディングシャフト。

メジャークラフトではライトショアジギングに必要なタックル(ロッド、ルアー、ランディングネットなど)が初心者からベテランまで納得の、豊富なラインナップでリリースされている。秋にかけてもまだまだハイシーズンが続くライトショアジギングを是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

メジャークラフト関連の記事はコチラ!!




This article is a sponsored article by
''.