グルーパーフィッシングを得意とするワッキーこと脇田政男さんの釣りはとってもシンプル。ルアーもエリアも絞り込んで釣りを展開するから効率が良いのです!そんなワッキーさんのオオモンハタ攻略にとっておきのルアーがあるとかっ!?


解説してくれたのはこのお方!!

脇田政男(わきだ・まさお)さん

ジャングルジムプロダクトディレクター。ライトゲーム、グルーパーを得意とし、ワッキーの愛称で各メディアで活躍する。ホームは北近畿日本海エリア・四国瀬戸内エリア。いつも笑顔で楽しく釣りをするのがモットー。

投げて巻くだけでOK!オオモンハタ狙いならこのルアー1択!

DXブレーダー(ジャングルジム)

画像: DXブレーダー+バルト3.5インチがワッキーさんの定番の組み合わせ

DXブレーダー+バルト3.5インチがワッキーさんの定番の組み合わせ

グルーパーのスイミングパターンならこれがあればOK!

グルーパー専用設計のジグヘッドで、特にスイミングパターンにオススメ。リトリーブでヘッドに水流を受けて、ウォブリングアクションを発生させるのが特徴。ワッキーさんはハタ用ワームのバルト(エコギア)と組み合わせて使用することが多い。

画像1: グルーパーのスイミングパターンならこれがあればOK!

ヘッド底面は平らでボトムでしっかり立ってステイさせることもできる。ねむりフックと相まって、ボトムを攻めても根掛かりに強い設計だ。ボトムバンピングさせる釣りもやりやすいのだ。

画像2: グルーパーのスイミングパターンならこれがあればOK!

重さは18g、21g、28g、35gのサイズ展開。水深に合わせて、20mだったら21g、30mだったら28gを目安に使い分けていく。

ワッキーさん「今回のルアーマガジンソルトの取材では28gがメインになりました。ボートでは35g、シャローエリアでは18gもよく使います」



アクション

画像: アクション

10〜15回巻いてフォールの繰り返し。中層より上にはいかないように

アクションは、ボトムまで落としてから10〜15回巻いて、またボトムまでフォールさせる動作の繰り返し。1キャスト中に3回くらいできればOK。中層よりも下を攻めるイメージでアクションさせよう。

画像: 10〜15回巻いてフォールの繰り返し。中層より上にはいかないように

巻きスピードはいわゆるファストリトリーブ。

ワッキーさん「喰わせの間を作る意味で途中で変化させることはありますが、基本は速巻きです」

夏はオオモンハタのベストシーズン

画像: 夏はオオモンハタのベストシーズン

ライトソルトやグルーパーのエキスパートであるワッキーさんは、夏の間は特にグルーパー狙いに専念するという。それは夏がグルーパーのハイシーズンだからだ。

ワッキーさん「グルーパーの多くは春に産卵し、夏になると回復してエサを積極的に追うようになります。マックスサイズは春のほうが大きいですが、夏は数もサイズも狙えるベストシーズンなんです。オオモンハタは水温が高いほど高活性になり、天気はピーカンがベスト。朝マズメよりも完全に太陽が昇ってからが狙いどきです。夏の暑い日こそグルーパー!」

取材ではDXブレーダーが大活躍!!

画像1: 取材ではDXブレーダーが大活躍!!

ワッキーさんが今回ルアーマガジンソルト10月号(8/21発売)取材で使用したルアーが、
DXブレーダーにバルト(エコギア)の組み合わせのみだったとか!!

ワッキーさん「DXブレーダーはスイミングさせやすいグルーパーに適したジグヘッド。今回の取材先である日振島で狙えるグルーパーはオオモンハタで、回遊性の強いオオモンハタを狙うにはこれがあればとりあえず問題ありません

アクションは速めのただ巻きで、浮き上がってきたらフォールを入れる。フォール中もブレードが回って、ここもバイトチャンスです。ボトムで立つので根掛かりもしにくいのでオススメですよ!」

画像2: 取材ではDXブレーダーが大活躍!!

取材では45cmアップのオオモンハタを釣り上げたワッキーさん!!ハタのみならず、ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュにもうってつけなDXブレーダー。この夏、是非その威力を体感してみてはいかがだろうか?


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

ジャングルジム関連の記事はコチラ!!




This article is a sponsored article by
''.