バス釣りルアー新ブランド『HEAT(ヒート)』のプロデュースも手がける、我らがS・カシワギ! 全バス釣りファンの耳目を集めるルアー展開も話題をさらっているが、やはりカシワギさんといえば、バス釣りの愉しみ方! 入門者が楽しく釣りを覚えられるテクニックを、教え方も含めてレクチャーしてくれたぞ!! またカシワギワールド全開のトークもムービー収録!!! 軽妙なしゃべりに涙せよ!


画像1: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト!

S・カシワギ(柏木重孝) 伝説のトップウォーター伝道師

かしわぎ・しげたか/かつてトップ界に革命を起こし、バスフィッシングの普及に大きく貢献した偉人。Wフックの釣りを広めたり、PVC製のフローターを発明するなど、その功績は枚挙する暇がない。長い沈黙(?)を破りバス界に復帰!

画像2: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト! 画像3: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト! 画像4: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト!
画像5: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト!

吉野七宝実 HEAT公式イメージ釣りガール。

よしの・しほみ/千葉県出身のグラビアアイドルで、釣りを始めたのは約1年前。今や週1~4日は釣りに行くという。今までは海の船釣りがメインで、バス釣りは今回が初めてだが、S・カシワギという先生を得て、本格的にのめり込む予定。

画像6: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト! 画像7: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト!
画像8: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト!

あさいあみ なにわの暴走Ⅰカップ乱入!?

七宝実ちゃんの釣り仲間「あさいあみ」ちゃんも取材に同行。「ナニワの暴走Ⅰカップで~す」と自己紹介。釣り番組「イージーフィッシング」にも出演中。釣りの経験は深い!

画像9: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト! 画像10: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト!

HEAT【ヒート】Facebook/Twitter

画像11: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト! 画像12: 【グラドル!?動画あり】S・カシワギ直伝!キャスト伝授のコツ…より先に教えるべきコト!

キャストを教えるなら、まずアワセからなのだ

画像: キャストを教えるなら、まずアワセからなのだ

 80年代から約20年間、全国の少年と女性にバス釣りを教え続けていたS・カシワギは教え方もエキスパート。
カシワギ「キャストの前にアワセを教えなきゃだめだよ。なぜかというと、釣りはまぐれでも食ってくるからね。そのときアワセを知らないと釣れないでしょ?」。
 この辺りからして、並みのインストラクターではない。

画像: S・カシワギによると、ルアーを口の中で滑らせないとフッキングしない。 カシワギ「だから、魚が掛かったらもう死ぬ気で巻くこと。すると、魚もいずれ口を開こうとする。その時滑って掛かるから」。つまり巻きアワセだ。

S・カシワギによると、ルアーを口の中で滑らせないとフッキングしない。
カシワギ「だから、魚が掛かったらもう死ぬ気で巻くこと。すると、魚もいずれ口を開こうとする。その時滑って掛かるから」。つまり巻きアワセだ。



サミングは「指ズラし」。キャストもサミングも親指は横にずらすのみ

画像: これがサミング状態

これがサミング状態

画像: このように指をズラして、スプールをフリーにさせる

このように指をズラして、スプールをフリーにさせる

カシワギ「投げるとき、親指をスプールから放せと教わるよね。でも、放すとタックルが不安定になるからキャストを失敗するんだよ。だから、親指をずらすだけにする」。
 回転を止めるときは、逆にずらしてサミングする。

指を離すのはNG!

画像: 親指をリールから放してしまうと、この状態。見るからに不安定だ。ずらすだけにしよう。

親指をリールから放してしまうと、この状態。見るからに不安定だ。ずらすだけにしよう。

キャストのコツは『ミカン』!? ミカンを飛ばすな!

画像: 実際にミカンを刺す必要はありませんが(笑)

実際にミカンを刺す必要はありませんが(笑)

カシワギ「竿を振るときは、まず慌てないこと。ゆっくり後ろに振りかぶって、一度止めればいい。それから前に振る」。
勢いのいいバックスイングは不要なのだ。そして肝心のスイングのコツは? 
カシワギ「竿の先にミカンが刺さってると思って、それを落とさないようにして振るといいよ」。
この言葉をきっかけに、女の子のスイングが格段に良くなった。

スクープ!! S・カシワギ監修、ネチネチロッド全貌!

 以前からS・カシワギが提唱してきたことがある。それは女性用タックルの必要性だ。それを実現させた自信作がこのロッド、ドリームスティックだ。
カシワギ「男の手とね、女の手というのは作りが全然違うし、力の入れる場所が違うのよ。こうやるとつらいでしょ。でも押す力はあるよね?」。
 と言って、七宝実ちゃんにロッドを渡すと…。
七宝実「ヤバ! これ、めっちゃ握りやすい! 凄い」。
 絶妙なグリップ形状は、女の子の手にジャストフィットだった。

命名・ドリームスティック!

画像: シリーズ名はドリームスティック(HEAT)。上が男性用のグリップで、下が女性用。これはS・カシワギの手作りなので、コストが高いが、製品版はリーズナブルになる予定。レングスは4フィート8インチ。ネチネチを投げるには最適な長さだ。リールはレボALC-BF7(アブ・ガルシア)。ラインはPEの0.8号。

シリーズ名はドリームスティック(HEAT)。上が男性用のグリップで、下が女性用。これはS・カシワギの手作りなので、コストが高いが、製品版はリーズナブルになる予定。レングスは4フィート8インチ。ネチネチを投げるには最適な長さだ。リールはレボALC-BF7(アブ・ガルシア)。ラインはPEの0.8号。

画像: デカバスに勝てるバットパワーは持たせているけれど、曲がりはパラボリック! カシワギ「軽いルアーを正確に飛ばすには、ベリーから先が大事。ゆっくり投げる」。

デカバスに勝てるバットパワーは持たせているけれど、曲がりはパラボリック! カシワギ「軽いルアーを正確に飛ばすには、ベリーから先が大事。ゆっくり投げる」。

画像: 小さめのガイドを、多めに配置して自然な曲がりを実現。Sカシワギが指定したガイド配列は、ラインのバタつきも少なく、いろんな意味で正確なキャストにつながっている。

小さめのガイドを、多めに配置して自然な曲がりを実現。Sカシワギが指定したガイド配列は、ラインのバタつきも少なく、いろんな意味で正確なキャストにつながっている。

【動画】抱腹絶倒! カシワギセンセーの特別授業…生徒はグラビアアイドル!

実際にロケで吉野さん、あさいさんにレクチャーしている場面を完全録画! 意外と…イヤ失礼、めっちゃ分かりやすく、楽しく釣りを教える姿に感動…!! 彼女たちも納得&感動しながら釣りを覚えていく一部始終を、ムービーでどうぞ。

YouTube

youtu.be

S・カシワギの人気記事はこちらのURLから!

ほかS・カシワギ(柏木重孝)さん記事はこちらのURLから!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン』の情報はこちら!


「ルアマガ味わい尽くし放題」な月額課金会員制サービスはじまりました!




This article is a sponsored article by
''.