ハードなイメージのロックショアゲーム。そう、ロックショアゲームとは「磯」から青物などを狙うソルトルアーフィッシングのこと。メインフィールドとなる磯場は、足場がハードで入念な道具の準備が必要だが、魚の回遊が多く低プレシャーな釣り場は思わぬ大型魚に出会えることもある。今回は、ロックショアゲームの魅力と釣行するための基礎を、関西ロックショアゲームの大御所・本林さんに教えてもらおう!


お教えてもらうのロックショアゲームのパイオニア!!

本林将彦(もとばやし・まさひこ)さん 
兵庫県姫路市在住。幼少期よりあらゆる釣りに精通し、ショア青物の可能性を追求し続けてきたパイオニア的存在。スキーやサーフィンなどのアクティビティを愛する“遊びの達人”でもある。サポートメーカーはゼナック、オーナーばり、YGKよつあみ、タックルハウスなど。

ロックショアで釣りをすることの意義

サーフ、堤防から身近なフィールドから釣りが出来るショアジギングのステップアップとしておすすめしたいのがロックショア。ロックショアとはズバリ「磯」のことである。

足場はゴツゴツして歩きにくいものの、地形変化の恩恵でベイトが溜まりやすく、ヒラマサやブリなどの大型青物や、ヒラスズキなどが狙える有望フィールドである。ただ、敷居が高いと感じてしまうアングラーも多いと聞く。

画像: 昨年、本林さんが沖磯で釣り上げたヒラマサ

昨年、本林さんが沖磯で釣り上げたヒラマサ

本林さん「足場も悪く、波をかぶりやすいので、一歩間違えば命の危険があるフィールドでもあります。堤防やサーフと同じ気持ちで挑むのは危険でしょう。一番いいのは経験者の方と一緒に行き、知識を身につけることです」

画像: 磯際の複雑な地形はそれなりの装備が必要 本林さん 「サーフや堤防の釣りと同じ気持ちで入らないでください。足場の悪さはもちろん、波も被りやすいので、一歩間違えると命の危険も…」。

磯際の複雑な地形はそれなりの装備が必要
本林さん「サーフや堤防の釣りと同じ気持ちで入らないでください。足場の悪さはもちろん、波も被りやすいので、一歩間違えると命の危険も…」。

そういった人が近くにいない場合は?

本林さん「渡船サービスを利用するのがいいですね。何かわからないことがあれば船頭さんに“自分はビギナーである”ということを伝えれば、そうした人にマッチした場所に渡してくれます。

もちろん、何が危ないのかも教えてもらえるし、見回りに来てくれたり、釣れなかったら他の場所に“磯換え”してくれるので、お金はかかるけれど何かと安心ですよ。

簡単に入れる地続きの磯でなく、まずは渡船で沖磯などに渡してもらうことをおすすめします」



渡船サービスを使うのがオススメ

今回ルアーマガジンソルトで本林さんの取材で釣行したのが淡路島の南に浮かぶ離島「沼島」

画像1: 渡船サービスを使うのがオススメ

本格的な磯釣りが楽しめるロックショアの好フィールド。青物を始め、マダイやアオリイカ、アジ、クロダイなどシーズンを通してルアーフィッシングのターゲットが豊富。淡路島の土生港からは、沼島への定期船も出ており、今回は「川口渡船」にお世話になった。

画像2: 渡船サービスを使うのがオススメ

川口渡船

川口雄也さんが運営する渡船&観光サービス。川口さんは30歳と若手ながらも、釣り場周辺情報にも明るく、頼り甲斐のある人物。釣り人のレベルに合わせて、磯や堤防に渡してくれる。

料金:一人5000円(淡路島~沼島往復) 
☎︎:080-6156-9220
HP:https://kawaguchitosen.jimdo.com/

画像2: 磯から大型青物を手にするチャンス!ロックショアゲームにチャレンジしてみよう!!

渡船した先で釣果が振るわなかった場合、電話1本で他の磯にも渡してくれる。しばしば見回りにもきてくれるので、安心。

画像3: 磯から大型青物を手にするチャンス!ロックショアゲームにチャレンジしてみよう!!

大きな荷物が多いので、タックルやクーラーなどの荷物の上げ下げは乗船した釣り人同士で助け合い。

画像4: 磯から大型青物を手にするチャンス!ロックショアゲームにチャレンジしてみよう!!

船宿にもよるが、船頭さんはお客さんの様子を見回ってくれたり、釣れない時は別の磯に移動させてくれたりする。

磯用の準備はしっかりとしていこう!!

渡船を利用するにしても、釣りをする現地の磯場は、前述にもあるように足場も悪く、波も被りやすい。一歩間違えれば命を落とす危険性もあるので、下記のアイテムを参考に万全の体制で釣りに臨もう!!

画像5: 磯から大型青物を手にするチャンス!ロックショアゲームにチャレンジしてみよう!!

磯シューズ

ゴツゴツした岩周りは歩きにくく、苔や海藻で滑りやすくなっていることが多い。スニーカーやサンダルはご法度。磯歩き向けに作られた磯シューズが必須。ソールタイプも様々だが、最初はオールラウンダーのフェルトスパイクがおすすめ。

画像6: 磯から大型青物を手にするチャンス!ロックショアゲームにチャレンジしてみよう!!

ロープ

本林さんのおすすめは沢登り用のロープ「ゴージュバッグ(ファイントラック)」。水に浮き、強度も抜群で目立つ。
本林さん「誰かが落ちた時のためにパーティに一つは持っておきたい。2リットルのペットボトルに少し水を入れ、それに縄をつけたものでも代用できます」。

画像7: 磯から大型青物を手にするチャンス!ロックショアゲームにチャレンジしてみよう!!

ライフジャケット

ロックショア(=磯)で釣りをする際のライフジャケットは、万が一、転落してしまい海に流された場合でも長い間浮いていられる浮力体入りのものを着用する。岩場ではプロテクターの役割も担ってくれることも。

画像8: 磯から大型青物を手にするチャンス!ロックショアゲームにチャレンジしてみよう!!

ゴミ入れ(チョークバッグ)

根掛かりの多い磯際では、ノットを組み直すシーンもよくある。その際に出る糸くずなどは、このチョークバックにすべて入れる。

本林さん「クライミング用のチョークバックを応用したアイテムで、小さなゴミをまとめて入れるのに重宝しています」

画像: ゴミ入れ(チョークバッグ)

防水バッグ

ゼナックとストリームトレイルのコラボアイテム。ロールダウンすることで水の侵入を防ぐ。防水性だけでなく、剛性、収納性を兼ね備えたスグレモノ。

本林さん「磯では波をかぶることが多いので、こうした防水バッグやインナー防水バッグを使っています」

渡船を利用し、沖磯へ渡ればプレッシャーの少ないフィールドでターゲットを狙うことができる!堤防、サーフとステップを踏んでいき、磯でのビッグワンを狙いにロックショアゲームにチャレンジをすればソルトルアーゲームの可能性がまた大きく広がるだろう!!

次回はロックショアでのルアーチョイスや釣り方などをご紹介しよう。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.