お待ちかね!!ルアマガソルトスタッフが話題のアイテムを現場(釣り場)にて徹底インプレッション、ルアーマガジンソルトにて連載中の名物企画「タックルハンターNEO」。大好評につきルアマガ+にも掲載スタート!!今回インプレするのは軽くて使いやすく、誰の手にも馴染むライトショアジギロッドの決定版!



インプレするのはこの2人!

西村

ルアーフィッシングを愛する若手の釣りライター。取材を通じて様々な釣具に触れてきているので、道具に対する確かな選球眼を持つ。雑なアイテムは即見抜いてダメだししちゃうぞ!

O木

ルアマガソルト元営業担当、現ルアマガ+編集部員。常にアンテナを張って気になる新商品情報を素早くキャッチ。元陸上部の肉体派で、時間があれば水辺でロッドを振る。豊富なタックルの知識をインプレでも発揮。

前回の復習はコチラ!!

今回は実釣にて使い勝手をインプレ!!果たして青物は釣れるのか!?

インプレションはショアジギングのメッカ!静岡県は沼津のサーフ

画像: インプレションはショアジギングのメッカ!静岡県は沼津のサーフ

砂利浜エリアが多く、この時期は多くの回遊魚が接岸してくる。魚影は濃いが首都圏ということもありプレッシャーは高め。ショアからマグロが釣れることもある豊かなフィールド。

静岡サーフを知りつくすあのお方に助っ人を頼みました。

藁科友章(わらしな・ともあき)さん

DAIWAテスターであり、新進気鋭のソルトルアーメーカー「ジーク」のスタッフ。あらゆる釣りに精通し、巧みなスキルで次々とターゲットを仕留めていく。神奈川県小田原市在住で、この界隈の釣りなら誰よりも詳しい。



キャスティング

画像: キャスティング

気持ちよく曲がって、軽い力で遠投可能

軽い力でもしっかり曲がって、ブレずにまっすぐリリースできるから、気持ちよくジグが飛んでいく。ロッドがいい仕事をしてくれているから、アングラーは変に力む必要がなくて疲れにくい。40gジグを1日投げきれた。

「今の時期はワカシやソウダガツオ、ペンペンシイラなんかの中・小型の回遊魚が多い時期で、使うジグは20~40gがメイン。そんな状況では98MLがベストマッチだね。なによりも軽くて疲れにくいから女性でも使いやすい!みっぴ(秋丸美帆さん)もこのロッドでガンガン釣ってたしね。ビギナーでも使いこなせる1本になっていますよ」

画像: 時合がくるとソウダガツオがガンガンヒット!藁科さんはコンスタントに釣り上げていた。

時合がくるとソウダガツオがガンガンヒット!藁科さんはコンスタントに釣り上げていた。

画像5: 軽くて使いやすい!ライトショアジギロッドの決定版!『ジグキャスターライトMX(DAIWA)』をインプレ!後編

「完璧なインプレ、ありがとうございます。自分らのインプレがいらないくらいですね。自分たちも同じく98MLをインプレッションさせて頂きました。98という長さが絶妙で、堤防でもサーフでも使える。96がベーシックな長さでしたが、軽いので長くなったことを感じさせない使用感です。リアグリップが長いのも関係しているのかも。飛距離も問題なく、ジグの重さを乗せて気持ちよく飛ばせました」

操作性

画像: 操作性

絶妙なティップ設計でワンピッチジャークがやりやすい!

ティップがブレにくく、それでいて適度に入ってくれるからワンピッチジャークがとても楽。ジグの着底やフォール中のバイトも感じ取ってくれる感度も優秀。グリップも長めで、脇に挟んでのアクション、ファイトもやりやすい。

画像: タックルバランス的にジグは40gがベストマッチ。スロー系ジグも使えるし、プラグやジグヘッドリグでターゲットの幅を広げるのもあり。

タックルバランス的にジグは40gがベストマッチ。スロー系ジグも使えるし、プラグやジグヘッドリグでターゲットの幅を広げるのもあり。

ファイト

画像: ファイト

小型回遊魚相手なら物足りないくらいのパワー

細身のロッドでありながら、小型のソウダガツオやサバならなんの不安もなくファイトできる。不意に掛かる大物もにも十分対応してくれるパワーを内包している感じ。青物の小気味いい引きを存分楽しめる楽しいロッド。

「とにかくキャストがしやすいし、適度にティップが入るからアクションもしやすい。ロッドのテーパーも綺麗で、曲がりも本当に綺麗なベントカーブ。見た目もスッキリしているし、グリップの長さもちょうどいい。スマートなロッドという印象です。バット部分が太すぎると、その見た目だけで重く感じてきますもんね。自分みたいなショアジギ初心者でも使いやすかったし、フォール中のバイトも感じ取れた。ファイト中も、細身のブランクとは思えない力で、グイグイ寄せてこれました。使っていて不満が何もないから集中して釣りが楽しめましたね」

画像: ショアジギビギナーの西村もソウダガツオがヒット。この釣りに慣れてなくてもすぐにつかいこなせるのはロッドバランスがいい証拠だ。

ショアジギビギナーの西村もソウダガツオがヒット。この釣りに慣れてなくてもすぐにつかいこなせるのはロッドバランスがいい証拠だ。

画像: 周囲が釣れている中、ひとりで仲間外れをくらっていたO木も最後の最後で意地をみせた!これもいいタックルのおかげ。ひとりだけ釣れなかったらそれはそれで面白かったのだが(笑)

周囲が釣れている中、ひとりで仲間外れをくらっていたO木も最後の最後で意地をみせた!これもいいタックルのおかげ。ひとりだけ釣れなかったらそれはそれで面白かったのだが(笑)

みんなでサーフでわいわいショアジギ、そんな釣りにピッタリ!

画像: みんなでサーフでわいわいショアジギ、そんな釣りにピッタリ!

横に並んでみんなで楽しく釣りができるのがショアジギ。ハイシーズンの今、ショアジギを楽しむならこのロッド決まりでしょう!!

「価格帯も手頃で、初心者の方には本当にオススメ!最初はどうなるかと思ったけど、今日は全員安打で良かった~」

2ndインプレッション

画像8: 軽くて使いやすい!ライトショアジギロッドの決定版!『ジグキャスターライトMX(DAIWA)』をインプレ!後編

「テーパーと調子、ブランクの弾性、そしてレングスとパワー設計と、すべてが綺麗にまとまっていてバランスのいいロッド。ショアジギ初心者がどっぷりハマっちゃうほど気持ちよく釣りをさせてくれるロッドです。これがこの価格ならみんな満足でしょう。強いて難点を挙げるとすればロゴ。ここは上位機種よろしく専用フォントならもっとカッコ良かったと思います」

画像9: 軽くて使いやすい!ライトショアジギロッドの決定版!『ジグキャスターライトMX(DAIWA)』をインプレ!後編

「欠点らしい欠点はなし。コスメも落ち着いていてカッコいいけど、逆に言えば、周りと差をつけたい個性派アングラーには物足りないのかな?ジグ以外にもプラグやスピンテール、ジグヘッドを投げても十分対応してくれるロッドです。ジグキャスターという名前を超えた汎用性がありますよ。ショアジギ専用ロッドとして発売されているのが勿体ない!」

画像: 2ndインプレッション

とにかく使いやすくて疲れない。このロッドを使ってしまうと、従来のごっついショアジギタックルには戻れないかも・・・・・・


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.