昨今、もはやファストファッションとして時代の流れに乗っているとも思わせる、ワークマンの製品群。釣りなどで使えるアイテムも続々発表されているわけですが....。2019年秋冬モデルが掲載されたカタログを入手したので、ほんの数点ですがご紹介します!


イージス ストレッチ4ウェイが熱い!

これは、間違いなく使えます! 新しく発表されたイージス ストレッチ4ウェイのH600JA「防寒レインジャケットPERFECT」。そしてH600P「防寒レインパンツPERFECT」。この2商品は、この冬のアングラーの強い味方になること間違いなし。

まず、上下合わせても6400円(税込)というリーズナブルな価格帯、耐水圧10,000mm、透湿度8,000g/㎡/24hという素材性能!全方向ストレッチを謳う、その動きやすさ。ずるすぎるよ....。

カラーラインナップも豊富で、好みに合わせて選べるのも嬉しいところ。

画像1: ※カタログより抜粋

※カタログより抜粋

そして大注目は、昨今、冬は手放せないと話題のヒータつき電熱ベスト!

これをミッドに装着しておけば、かなりの時間快適に真冬でも釣りができると話題なのが、ヒータ付き電熱ベスト! こちらはWindCoreとして商品展開されているヒーターベスト! 最大約50℃の暖かさを誇るハイテクウエアで、温度も3段階に設定できたりと、かなり高性能なんです。こちらを使用する際は、吸水性の高いインナーを着込むことも忘れずに。

バッテリーも付いて9800円とか、ちょっと震えます。このバッテリー、夏場に話題をさらったワークマンの空調ウエアWind Coreにも転用可能なんですって!

個人的にはワークマンインナー+電熱ベスト+イージスストレッチ4ウェイ(上下)で、ほぼ真冬の釣りもカバーできるのでは??と踏んでいます。

画像2: ※カタログより抜粋

※カタログより抜粋

小物類もリーズナブル!

フィールドコアシリーズの小物類にも注目。特にバッグ類は釣りでも十二分に使える優れもの。非常に丈夫なCORDURA®️を採用していたりとあなどれないのだ。他にも気になるアイテム続々です。

画像3: ※カタログより抜粋

※カタログより抜粋



ワークマンシリーズ唯一の欠点は....

ということで、専門メーカーも白目を向いてしまうほど高機能なフィールドウェアが展開され、昨今のアングラー愛用者も増えているワークマンですが、唯一の欠点は、人気になりつつあるがゆえの、商品被り....。現場で何度、同じモデルのワークマン着用者を見かけたことか...。

個性も大事にしたいのがアングラーってもんですけど、とはいえ、個人的には1シーズンで高級品であろうと使い潰してしまうこともあり(現場仕事なもんで)、最近はワークマンを愛用しております。また、ワークマンウェアが丈夫なんですよね〜(2シーズン目に突入しちゃいそう)。

他にも「使える」ウエアが続々発表されていますので、また追って記事にさせていただきますね!

画像: ※カタログから抜粋

※カタログから抜粋

写真をまとめて見る



This article is a sponsored article by
''.