どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!!ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!!今回ご紹介するのはフックメーカーの老舗「オーナーばり」からリリースされたジグヘッドでは珍しい“驚異的な飛距離”を生み出すジグヘッド。


今回のジグヘッドはコレだ!!

カルティバ ファイアヘッド(オーナーばり)

画像: カルティバ ファイアヘッド(オーナーばり)

スイミング時と飛行時でポジションが変わるワイヤーアイ

タングステンアイを使用した重量級ジグヘッドのファイアヘッド。このモデルの特徴を、自身もプロ級の釣り師であるオーナーばりスタッフ吉成秀人さんに話を伺った。

吉成さん「ファイアヘッドが目指したのは圧倒的に飛距離が出るジグヘッドです。タングステン素材ということもありますが、飛距離を生み出す最大の理由は重心移動式のファインアイにあります。アイをワイヤーで設計することで、スイミング時とキャスト時にアイポジションが変化し、最も飛距離が出る位置にラインの視点が移動します。これにより飛行姿勢が安定し、空中でルアーが回転することがありません」

着水後はすぐにアイポジションが戻って、理想的なスイミングアクションを生み出す姿勢をキープするんですね。

吉成さん「ベストなワイヤーの形になるまで、現場で何度も細かく調節しながら作ったので、飛距離と使いやすさには自信があります。1度投げればこの飛距離に驚いてくれると思いますよ。逆風や強風時のサーフエリアなどでは特にそのアドバンテージを感じ取ってもらえると思います。フラットフィッシュやシーバス、青物狙いにぜひ使ってみてください」

ポイント①ヘッド

ヘッドは流線型のタングステン製、カラーはマットブラック

画像: ヘッドは流線型のタングステン製、カラーはマットブラック

コンパクトシルエットのタングステン製で、カラーはマットブラックに塗装。ヘッドのくぼみも理想アクションを生み出す重要な要素だ。ヘッドの下部にはアシストフックなどを装着できるコネクトアイを装備している。

ポイント②フック

フックはタフワイヤーのオーソドックスなストレートタイプ

画像: フックはタフワイヤーのオーソドックスなストレートタイプ

フックは青物も視野に入れたタフワイヤーの太軸素材を採用。ストレートでどんな使い方にもマッチする。ナイロン製のワームキーパーが付いており、ワームが裂けにくのでカラーローテーションなどを頻繁に行うことが出来る

アクション

キャスト時は後方、スイミング時は前方に支点が移動

画像: キャスト時は後方、スイミング時は前方に支点が移動

飛行時は後方のアイポジションになり、最も飛距離の出る安定した飛行姿勢を実現。キャスト中はルアーが回転しにくいのも特徴だ。そして、着水と同時に前方にポジションが移動し、すぐさまスイミングを開始できる。



ワームセッティング

どんなワームにもよく合うオーソドックスなジグヘッド

画像: ファイアヘッド+パワーシャッド(エコギア)

ファイアヘッド+パワーシャッド(エコギア)

シャッドテール系をメインに、フラットフィッシュ用、シーバス用の様々なワームにマッチする。

吉成さん「メインフックが折れても、ヘッドを活用してアシストフックを付けて長く使ってくれているアングラーさんも多いですよ」

気になるサイズラインナップは?

サイズは20~35g、5g刻みに4種類をラインナップ

画像: 20g

20g

画像: 25g

25g

画像: 30g

30g

画像: 35g

35g

重さは20~35gで、5g刻みに4種類を用意。タングステン製なので見た目は重さを感じさせないコンパクトさだ。
吉成さん「価格的には高価なモデルになるので、強風時やどうしても飛ばしたいときなど、ここぞというところで出してもらえたらと思います


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.