今秋に行われる決勝チャンピオンカーニバル、最後の切符を賭けたツアーファイナル戦。カードは、奇しくも今季出場選手の中で最若手と最年長によるバトルとなった。福島は桧原湖、スモールマウスマイスターとして知られる高梨洋平選手。対するは、徳島は旧吉野川、スーパーローカルとしてその名を轟かす浦川正則選手。ミステイクを恐れず突き抜け続ける若さ、熟練だからこそ魅せる安定感。その対比も実に興味深い。舞台は未知なるフィールド、愛知・油ヶ淵。まだ見えぬMAX ウェイトを求め、終始トップスピードで駆け抜ける計11時間のバトル。最後まで見逃すな!


対戦カードはこちら!

■O.S.P
浦川正則(うらかわ・まさのり)

■FLASH UINON&LEGIT DESIGN&VARIVAS
高梨洋平(たかなし・ようへい)

陸王MOBILEレギュレーション

【競技について】

■キーパーサイズ25cm以上5尾の総重量で競う。ウェイトおよび全長は、プレスが持ち込んだバネばかりおよびメジャーを使用し、プレス確認のもとで正式スコアとする。バスの全長は口閉じ尾開きで計測する。
■プレスのランディング補助は不可。
■ランディングネットの使用は可能。
■競技時間中のヒットであれば、休憩時間や終了時間を過ぎてのランディングは可能。

【タックル】

■試合当日に使用できるのは2セットまで。タックルが故障の場合は、プレス確認の元で、同様の代用品の交換はOK(替えスプールは合計2個まで使用可能。ラインの巻き替え、スプール交換は自由)。
※プラクティスはこの限りではない。
■ライフジャケットは着用のこと。

【競技エリアについて】

画像3: 陸王MOBILE2019第4戦秋の陣を即日レポート! 浦川正則(O.S.P)vs 高梨洋平(FU&LD&VV)【愛知県・油ヶ淵】part①

■競技エリアは油ヶ淵(愛知県)。エリア内であれば自由に移動は可能とする。
■最下流は以下の通りとする(地図要確認)。
高浜川:堰まで
新川:堰まで
■最上流、その他流入河川、水路に関しては特に制限は設けない。
■橋下からエリア外に向かってのキャストはOK。
■その他ローカルルールに準ずる。

【競技時間について】

■スタート時の集合場所は油ヶ淵遊園地内パーキングとする。
■スタート時刻は6時30分ごろ。競技終了は17時30分にその場にてストップフィッシング。その後の結果発表は油ヶ淵遊園地パーキングに再集合して行う。
■競技中、9時に30分、12時に1時間、15時に30分のハーフタイム(休憩)を設ける。休憩はその場からの移動不可(釣り以外であればこの限りでない)。
■9時30分に相手の尾数の発表、13時00分に相手の最大魚の発表を行う。

それではさっそく対戦の模様をお届けしていきましょう!

【06:33|浦川】ここから始めますわ

画像: 【06:33|浦川】 ここから始めますわ

陸王MOBILE第4戦がスタートした。高梨選手の先行フライトのあと、浦川選手はその場(稗田川・フレンド公園)でスタート。

浦川「何故ここから始めたかというと、水質が良いのと流れ。エリアのいたるところに金網が沈んでてそこにバスが付いてます」

初手はバジンクランクでリップラップや杭のラインを引いていくと、さっそく2バイト!!

浦川「出ましたね。追い切れんで喰いミスしよりましたけど(笑)」

閃光の朝イチフィッシュ、拝めるか!?

【06:39|高梨】1stエリアは稗田川

画像: 【06:39|高梨】 1stエリアは稗田川

昨日のプラでも多くの魚影を確認していたエリアをまずは選択。そう、メインはサイトフィッシング。

高梨「水位が少し低くなってますね。ここタイダルだと思うんですけど、潮の緩慢と水位の増減がマッチしてないような…? 日に何回か水位が変わるんで、時を掴めればいいな」

まずはユニオンスイマー(フラッシュユニオン)でチェックを開始。

【06:58|高梨】なっ、何と!いきなりバッティング!

画像: 【06:58|高梨】 なっ、何と!いきなりバッティング!

上流から攻め下った高梨選手、下流から攻め上がった浦川選手。開始早々にバッティング!

【07:06|浦川】ラン&ガンですわ

画像: 【07:06|浦川】 ラン&ガンですわ

上流に向かって速いペースで釣り上がっていく。朝は減水気味で上流域は沖のボトムまではっきりと見える。

バジンクランクのフォローで入れているのがドライブクローラー3.5の0.9グラムダウンショットワッキーだ。

浦川「朝は魚の活性が高い。フォールとステイを使い分けてます。たった今、今日最初の魚が見えましたが逃げるの速いですわ。入れた瞬間でしたわ(笑)」

【07:07|高梨】ロックオン!

画像: 【07:07|高梨】 ロックオン!

土手の下から、そして上から。様々な方向から、様々な手立てでアプローチを試みる。

高梨「さっき1回、反応してくれました」

10分ほどが経過。それでも執拗に攻め続ける。相手は明らかにでかい。だからこそ、手を尽くす。

【07:19|浦川】バッティングですわ

画像: 【07:19|浦川】 バッティングですわ

幅の短い稗田川を挟んだ向かいの水門に高梨選手が!!

朝からさっそくのバッティングだ!!

他の一般アングラーも犇めく混雑ぶりに、このエリアの人気が相当高いことが伺える。

両者口数は自然と少なく、バチバチの展開に!

【07:33|浦川】おりましたわ

画像: 【07:33|浦川】 おりましたわ

稗田川フレンド公園上流のインサイドベンドにてデカバス発見!!

浦川「45くらいはあるんやないですか。なかなか喰ってこないですが(笑)」

ルアーをローテしながらアプローチを変え、好反応のパターンを探る!!

【07:42|高梨】絵面ほぼ変わらず・・・

画像: 【07:42|高梨】 絵面ほぼ変わらず・・・

定位置に着いて、あと10分少々で約1時間が経過する。再度、高梨選手は土手下へ降りた。

先ほど、記者は地元のアングラーの方と交流した。

地元の方「何の取材ですか? あ、陸王ですか! マーモがツイートしてたやつですか? あー、なるほどなるほど! ここはマーモの庭ですよ。家だってここから…(以下略)」

公共の電波を使って、マーモ個人情報を流すのは、自粛しておきます(笑)。

【07:45|浦川】あと少しでしたわ

画像: 【07:45|浦川】 あと少しでしたわ

沖でバスを確認後、そのバスは姿を消した。ふと、手前の杭付近へダウンショットを入れると…。

浦川「ブワーッて上がってきて鼻先まで見にきましたわ。あと少しだったんですが、ギリギリで喰わんかったですわ」

依然として格闘は続く!話を聞ける状態ではないため、浦川選手のルアーローテなどはひとまず保留する。

【08:10|浦川】先ほどの一連の流れを説明しますわ

画像: 【08:10|浦川】 先ほどの一連の流れを説明しますわ

見えたデカバスは仕留められず、一旦場所移動しつつルアーチェンジで土手に上がる。

浦川「まずはストレートワームでベイトをイメージしたアプローチをしてたんですが、バスは見切ってました。ただ、手前では喰わんと沖だと喰いに来よるんですわ」

そこで、デカバスを発見後、虫のダウンショットを沖でアプローチ。しかし、反応はない。続く12インチのジグヘッドワッキーも無反応。どうしたものかと虫のダウンショットでなんとなく手前の杭
に掛けてチョウチンをやってたら、突然浮上してきたらしい。

浦川「気付くのが遅かったですわ。岸にベッタリ付いてたのを」

それにしても、アングラーの数が多すぎる。稗田川のフレンド公園付近のベントエリアだけで入れ代わり立ち代わり二桁届きそうだ。

浦川「インサイドベントの、特にベントしてる内側のフラットは秋の鉄板です。夏のシャローから一段下がったレンジで浮き出す。どの河川でも一緒。バスが差してきやすいんですわ」

気をとり直して1本を獲りに行く!

【08:15|高梨】計画だけ、もしくは実行するも成し遂げていないこと

画像: 【08:15|高梨】 計画だけ、もしくは実行するも成し遂げていないこと

高梨「壁沿いに落としてピッでハフ、虫を流して甘噛み、表層引きでも…スリーバイト『未遂』」

ミスではなく、ミスイ。新しい表現方法だ。9時の休憩前に、油ヶ淵バスを逮捕しておきたいところだ。

【08:25|高梨】移動か、粘るか。

画像: 【08:25|高梨】 移動か、粘るか。

高梨「ここで逃げるわけにはいかない。本気で喰いつかせるための、もうひとパンチが欲しい。それが何なのか…」

ワームの各種リグのみならず、シャッドプラグに、スピナーベイトのバイブスetc…とローテーションを繰り返すが、機はなかなか熟さない…。

【08:30|高梨】「今年初の桧原湖以外でのラージマウス!(笑)」

画像: 【08:30|高梨】 「今年初の桧原湖以外でのラージマウス!(笑)」

高梨「浮いてるやつがピューとけっこう深いところに向かって行って喰いました!ミドストです。浮いてるからって、上じゃないんだなぁ」

フォロースティック(フォロー)のダウンショットで仕留めた1尾目は、420グラム31センチ。

高梨「(五十嵐)誠さぁーーーん! ありがとうございますー! 釣れましたー!」

さぁ、次だ! 2尾目へ繋ごう!

【08:47|高梨】対岸へと移動。上流方向へ向かう

画像: 【08:47|高梨】 対岸へと移動。上流方向へ向かう

高梨「頭の中で描いていた油ヶ淵のイメージで釣りをしていましたが、いろいろやっていくうちに、結果的に桧原湖の釣りに近づいて結果が出ました」

ベースとなる釣りが完成されているためだろうか。

高梨「だからといって、ここで2ポンドの釣りはナイです(笑)。桧原湖でも最近は2.5ポンドが最細径ですから」

先ほど釣果を得たスピニングタックルのラインは、バリバス ガノア アブソルート3ポンド(モーリス)。

高梨「正直な話、昨日まではPE を組む気マンマンでした。でも、フロロにして汎用性を高めておい
たのが正解だったかも」

9時休憩まで、あと10分弱。

【08:50|浦川】浦川/再アタックですわ

画像: 【08:50|浦川】 浦川/再アタックですわ

高浜川との合流地点より百数十メートル上流まで釣り下った後、再びフレンド公園に戻り、上流のインサイドベンドにいるデカバスを狙いに向かう。

浦川「いたのは、あの張り出しの奥でしたわ」

おのずと緊張が高まってくる!!

【09:15|高梨】1ラウンド終了。移動せず、橋下のシェードで休憩なう

画像: 【09:15|高梨】 1ラウンド終了。移動せず、橋下のシェードで休憩なう

水もあるし、トイレも行く必要なし。ならばと、強くなってきた日差しを避けるべく、日陰でお休み。

高梨「今日はここから上流と下流へは歩きますけど、クルマでの移動はないかも。あ、昼メシは動くかな(笑)。何を食べましょ?」

写真はポケットに入れていたワームローテーションの遍歴。アバカスシャッド各種にホローベリー、レインボーシャッドにアイシャッド。ホーム桧原湖でも活躍する強い味方たちだ。

【09:30|高梨】対戦相手の尾数発表

画像: 【09:30|高梨】 対戦相手の尾数発表

高梨「浦川さん、ゼロですか…とはいえ、僕の420なんて、昨日の浦川さんの1尾(1300クラス)で簡単にひっくり返される。アドバンテージはないようなものです」

こうコメントの後、橋を渡って、休憩の30間ほど休ませた対岸の水門へ。

インターバル明け、試合の入り方が次ラウンドの命運を決める。

現在も油ヶ淵では両名による白熱のバトルを展開中!!!最新速報はこの後も随時更新していきます!!果たしてチャンピオン・カーニバルへと進むのはどっちだ!?

Part②も乞うご期待!!




This article is a sponsored article by
''.