開幕戦七色ダムで強豪・山岡計文選手との1on1を制して初優勝を飾った三原直之選手が、第4戦を終了しても今なお暫定首位に立ち 続けている。遠賀川3位、旧吉野川準優勝と絶好調をキープ。霞ヶ浦戦こそ16 位も、それまで積み上げたスコアが後続選手の突破を阻んでいる。『もはや鉄壁か』。誰もがそう思ったのも束の間。第3戦優勝の藤田京弥選手が続く今戦で準優勝を果たし、三原選手との差を大幅に詰め寄った。


近年稀に見るデッドヒート!そして新世代の覚醒!!

『その差、わずか3ポイント』。前例を統計して占うならば三原選手が優勢。しかし、バス釣り日本一 を決める大舞台は机上のゲームではない。フィジカルにメンタル、テクニック、そして時には運さえも味方に付けて競う、いわば超人 バトルの世界が国内最高峰カテゴ リー・トップ50だ!

A.O.Y.(=年間優 勝)を 決める条件

●優 勝は50 p t、以下2位 49 p t 〜。 41位以下は一律5pt。

例:仮に暫 定1位 三 原 選 手が5ptで、暫定2位以下選手が優勝の場合、50pt−5pt=45pt差以内の選手に A.O.Y.奪取の可能性が残されている。

ただし逆転の確率は20%以下・・・。

暫定1位 182pt 三原直之(みはら・なおゆき)

画像: 暫定1位 182pt 三原直之(みはら・なおゆき)

王者としての覚醒は A.O.Y.獲得で完遂へ!

トップ50首位独走のみならず、ワイルドカード七色ダム優勝でオー ルスター戦への出場権獲得や陸王予選突破など今季の三原選手は強過ぎる。昨季JBクラシックで優勝を奪われた相手・京弥選手に最終戦の舞台で一矢報いたいのが本音だろう。

暫定2位 179pt 藤田京弥(ふじた・きょうや)

画像: 暫定2位 179pt 藤田京弥(ふじた・きょうや)

2戦連続で好順位の勢いが 2年連続のNo.2回避へ

昨季は昇格初年度ながら七色ダム優勝を含む善戦で、首位の早野剛史選手に最後まで⻝らい付くも年間2位。一方でマスターズA.O.Y.とクラシック制覇の史上初となるJB2冠を達成。残すもう1冠、 このトップ50A.O.Y.を獲って最後に笑うことはできるのか。

暫定3位 169pt 小森嗣彦(こもり・つぐひこ)

画像: 暫定3位 169pt 小森嗣彦(こもり・つぐひこ)

A.O.Y.レース常連は、 冷静沈着に奪冠を狙う

過去に3度の A.O.Y. を勝ち獲った『3タイムズチャンピオ ン』。現在44歳。最高齢 A.O.Y.の4タイムズへ向け準備は万全。愛艇のサイドに見える『 WHO IS THE STRONGEST? 』 (「誰が最強か言ってみな?小森でしょ」の意)をもう一度。



暫定4位 156pt 沢村幸弘(さわむら・ゆきひろ)

強いのは遠賀川だけじゃない。 最終戦の地も桁外れに強い

「遠賀川の神」と叫ばれるほどの圧倒的な強さで勝ち獲った今季第2戦。ただし、強いのはその地だけではない。霞ヶ浦と桧原湖は常に高水準で、スーパーレジェンドに死角はない。第2戦以降、髭を蓄えさらに精悍さを増した。

暫定5位 156pt 加木屋守(かぎや・まもる)

画像: 暫定5位 156pt 加木屋守(かぎや・まもる)

トップ 50で水を得た19ルーキー筆頭“マーモ”

「今年は釣りが楽しくてしょうがない!」。遠賀川戦で同船時に生き生きとした表情でこう語ったマーモ選手。試合ス タイルの異なるマスターズで2年間を費やしてついに昇格権利を得た念願のトップ 50 。その喜びを全試合に全力投球。

注目すべきは二人だけではない。背後から奪冠を虎視眈々と狙 う3選手の包囲網も見逃せない!

頂上決戦は、10月11日(金)から 3日間、桧原 湖(福島)で AM06:30キックオフ!!

この記事掲載されている『ルアーマガジン』の情報はコチラ⇩




This article is a sponsored article by
''.