ショアジギングといってもそのときの回遊次第で釣れる魚種は様々。単にメタルジグを投げて巻いてくるだけでも釣れるけど、それぞれ狙い方は少しずつ違う。そのコツをマルチアングラーとして知られる渡邉さんが徹底解説!今回は全国的な回遊を見せるショアジギングの定番中の定番のあの魚です!


教えてくれるのは房総半島のマルチアングラー

渡邊長士(わたなべ・たけし)さん
千葉県出身在住。房総半島全域を知り尽くし、その時期の旬の魚を狙っている超マルチなアングラー。様々な釣りに詳しいが、なかでもショアジギングは超ライトな魚種からパワフルなヒラマサまで熟知している。

その回遊は全国区。ショアジギターゲットの代表的な青物「ワカシ&イナダ」

画像: その回遊は全国区。ショアジギターゲットの代表的な青物「ワカシ&イナダ」

ショアジギングの定番中の定番ターゲットとなるワカシ、イナダ。関西ではツバス、ハマチなどと呼ぶが、全国的に日本海沿岸を回遊。引きも良く、大型になれば食味も良いので人気だ。

ワカシは砲弾型ジグ、イナダはスリム系ジグ

画像: ワカシは直線的な早巻き、イナダは左右へのワインドで誘う。

ワカシは直線的な早巻き、イナダは左右へのワインドで誘う。

渡邉さん「ワカシとイナダは太平洋側でも日本海側でも多く回遊しますので、ターゲットとして一般的といえます。釣り方も基本的な速巻き+ロッドを上下に軽くアクションをかけるだけでOKです」

 使うジグは?

渡邉さん「長細いスリム系と、ちょっと幅のある砲弾型の2タイプのジグを使っています」
 

その使い分けは?

渡邉さん「ワカシはまだ魚として若いので単調なアクションでも喰ってきます。そこで、直線的な動きが得意な砲弾型の投次郎を使います」
 

イナダはスリム系?

渡邉さん「スリム系が良いですね! ただ巻きでは見切ることが増えてきますので、スリム系が得意な若干ワインド風に左右へ飛ばす感じでトゥイッチを入れていきます。イナダにジグを見せすぎないことで、バイトチャンスが増えますよ!」



渡邊的!おすすめメタルジグ!

投技ジグ15~30g(カルティバ)

画像2: ワカシ&イナダを狙ってみよう!【渡邊式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】

左右へ飛びやすいスリム系ジグ

飛距離も出て、速巻きでもスローでも使いやすいスリム系のジグ。軽くトゥイッチやジャークをすると左右へワインドするように飛んでくれる。イナダ狙いにバッチリ!

投次郎20~40g(カルティバ)

画像: 投次郎20~40g(カルティバ)

シルエットが小さく直線的な動きが得意な砲弾型

魚がまだ小さくワカシサイズは、速いただ巻きで喰ってくる。投次郎は直線的なアクションが得意な砲弾型で、シルエットが小さいのでベイトが小さかったりスレ気味のときに効果的。

上記の投技ジグ、投次郎の詳しい使い方は下記オーナーばりのYOUTUBEチャンネルにて渡邊さんが実釣を交えて解説しております!コチラも要CHECKだっ!!

画像: 渡邉長士流!サーフショアジギ「投技スタイル」 www.youtube.com

渡邉長士流!サーフショアジギ「投技スタイル」

www.youtube.com

次回はトップウォーターにも反応が良好!カゴ釣りでも大人気なあの回遊魚の攻略方法をレクチャー!お見逃しなく!!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はコチラ⇩⇩




This article is a sponsored article by
''.