ショアジギングといってもそのときの回遊次第で釣れる魚種は様々。単にメタルジグを投げて巻いてくるだけでも釣れるけど、それぞれ狙い方は少しずつ違う。そのコツをマルチアングラーとして知られる渡邉さんが徹底解説!今回は関東でよく釣れ、「宗田節」でお馴染みのあの魚です!


教えてくれるのは房総半島のマルチアングラー

渡邊長士(わたなべ・たけし)さん
千葉県出身在住。房総半島全域を知り尽くし、その時期の旬の魚を狙っている超マルチなアングラー。様々な釣りに詳しいが、なかでもショアジギングは超ライトな魚種からパワフルなヒラマサまで熟知している。

アクションさせすぎない!直線的な動きが効く!「ソウダガツオ」

画像: アクションさせすぎない!直線的な動きが効く!「ソウダガツオ」

ショアジギングの代表的なターゲットであるソウダガツオ。主にサバ科ソウダガツオ属のマルソウダとヒラソウダの2種を指す総称である。ルアーへの反応も良く、青物らしい豪快な引き味が魅力。食味は落ちるとされるが、しっかりとした処理をしていれば非常に美味。

表層から中層をメインにただ巻きで誘い、トップも有効!

画像1: 表層から中層をメインにただ巻きで誘い、トップも有効!

渡邉さん「ソウダはダートさせたりアクションを付けすぎるより、直線的なただ巻きで喰ってくることが多いですね。あと、潮通しの良い開けた場所にもいますが、ほかの回遊魚に比べてコマセに付くことが多いので、港の奥まったところ…スロープ周りにもいます」

港のあちこちにいるんですね?

渡邉さん「サバもコマセに付くんですが、中~大型は深場に付くので港奥より外の深いところ。でもソウダガツオは水深7mくらいあれば港の奥にもいます」

では、どこでもただ巻きで良いんですね?

渡邉さん「見切る場合は軽くトゥイッチを入れても良いですね。あと、レンジは表層から中層が多いんですが、コマセに付いているソウダは10g前後の小さいジグが効きます。あと、水面でピシャピシャする音に反応するので、スプラッシュ音を出すトップ系やスキッピングも有効なんです

画像: 大きなアクションより軽いトゥイッチくらいの直線的な誘いをしていけば…。 渡邉さん 「ほら!来ましたよ!」 ウルトラライトタックルでぶち抜き!?

大きなアクションより軽いトゥイッチくらいの直線的な誘いをしていけば…。
渡邉さん「ほら!来ましたよ!」
ウルトラライトタックルでぶち抜き!?

画像2: 表層から中層をメインにただ巻きで誘い、トップも有効!


渡邊的!ソウダガツオ用おすすめメタルジグ!

月下美人プリズナーCV12g(DAIWA)

画像3: ソウダガツオを釣るコツは“アクションをさせすぎないこと!”【渡邊式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】

コマセ付き&スレているときに効く!

コンパクトボディの小さいシルエットなので、コマセに付いているようなスレ気味のソウダに効果的。アクションさせすぎないようにただ巻き!

渡邊的!ソウダガツオ用おすすめトップウォータールアー!

ファントムⅢ12~28g(DAIWA)

画像5: ソウダガツオを釣るコツは“アクションをさせすぎないこと!”【渡邊式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】

扁平型ジグで水面を滑らせて誘う!

メタルジグをトップ的に、水面で滑らせていくスキッピングで使用。へん平ボディが水を受けて沈みにくく、水面を切るようにして誘っていこう。

画像: 渡邊的!ソウダガツオ用おすすめトップウォータールアー!

渡邉さん「ソウダはカツオ系の魚なのでペンシルやポッパーのスプラッシュ音が大好き!トップならバイトの瞬間も見えて超楽しい~!!」

次回は表層でもボトムでもアタックしてくるメタルジグのフォールが大好きなあの魚をご紹介します!乞うご期待!!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はコチラ⇩⇩




This article is a sponsored article by
''.