ときにはスレきったでかバス狙いの秘策として、ときには入れ食いを味わわせてくれる心強い相棒として、またときにはボウズ逃れの守護神として、バスアングラーのボックスになくてはならないワーム。2019年もシーズン終盤に突入したわけですが、あなたが今季もっとも多くのバスを手にしているワームは何ですか?


琵琶湖敏腕ガイド・大仲正樹の2019釣れるワーム

画像1: 達人の『釣れるワーム』2019【大仲正樹/岡友成】編

【Profile】
大仲正樹(おおなか・まさき)
地形変化、水質、流れといった種々の要素からバスの動きを捉え、的確なレクチャーでゲストに至高の時間を過ごさせてくれる琵琶湖屈指の人気プロガイド。ビッグベイトからフィネス、硬軟も織り交ぜた変幻自在のスタイルであらゆる状況にアジャストする。ガンクラフトテスター。

動きはナチュラル、存在感でバスに訴求する『バリキシャッド6.8インチ(ガンクラフト)』

画像: ■リグ:ウェイテッドフック・リグ●使用フック:ウエイテッドツイストロックビースト#8/0 3/8オンス(オーナー)

■リグ:ウェイテッドフック・リグ●使用フック:ウエイテッドツイストロックビースト#8/0 3/8オンス(オーナー)

大仲「ウェイテッドフックで使うと、とにかく根がかりしない。他のリグとは次元が違う。その特性がウィードの少ない今年の琵琶湖で重宝しています。

サイズ感としては社長(ガンクラフト代表・平岩孝典さん)の考えなんで正直狙いはよく分からないんですけど(笑)、6.8インチのボリュームとウェイテッドのトータル重量も考慮するともはや大型のスイムベイトのくくりかと。

いずれにせよ、ウェイテッドフックを使う最大の理由は飛距離を稼ぐことではなく、レンジコントールにあります。浮き上がりを抑えて一段下のレンジをきっちりトレースできるんです。

今年に入ってから、このリグでどのくらい釣ったかな…とにかくめっちゃ釣ってます(笑)。

これからの時期ならハスを追っているタイミングが狙い目。それ以外は障害物にコンタクトさせながら使ってみてください

画像: スイミングジグでハード系のスポットを攻める時にネックになっていた根がかりやすさを解消したのがウエイテッドフックだった。

スイミングジグでハード系のスポットを攻める時にネックになっていた根がかりやすさを解消したのがウエイテッドフックだった。



ランガン特攻隊長・岡友成の2019釣れるワーム

画像2: 達人の『釣れるワーム』2019【大仲正樹/岡友成】編

【Profile】
岡友成(おか・ともなり)
レイドジャパンのプロダクトディレクター兼プレイヤー。ルアーマガジンモバイルの看板企画『特命釣行』の無茶なお題を岸釣りで初めてクリアしたオカッパリスペシャリストだ。ハイスピードなラン&ガンと撃ちの釣りを軸にヤル気のある個体をいち早く見つけ出すスタイルは特筆すべきもの。その健脚ぶりは、ときに取材スタッフが音を上げるほどだとか!?

シルエットが小型になってもハイパワー『フルスイング4インチ(レイドジャパン)』

画像: ■リグ:ノーシンカーリグ●フック:インフィニ#4/0(リューギ)

■リグ:ノーシンカーリグ●フック:インフィニ#4/0(リューギ)

「フルスイングはなんといっても“パワー”重視。ゆっくり巻いてもブリブリ動くことが開発コンセプトであり、それはこの4インチモデルにもしっかりと継承されています。

シルエットが小さいぶん、野池のようにバスのアベレージサイズが小さいフィールドでも有効な場面は多いのですが、だからといって単なる数釣りにとどまらない、サイズも狙えるんですね。

シャローを安定してスローに引くなら4インチをセレクト。ガーグリングで表層直下をトレースするのもオススメです。その場合はコールホワイト(写真)など視認性の高いカラーを多用しています。

浮き上がりが早いので、スピード感を出したいときはウエイテッドフックにセットすることもあるけれど、まだ活性の高いシーズンなので沈ませるんじゃなく、食い上げさせるイメージでシャロ―をチェックしてみてください」

画像: オリジナルの5インチと比べると長さこそ短いが、太さやテールのサイズなどはほぼ変わらず。パワーダウンはさせていないのが特長。

オリジナルの5インチと比べると長さこそ短いが、太さやテールのサイズなどはほぼ変わらず。パワーダウンはさせていないのが特長。


この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

他の達人たちの『釣れるワーム』をチェック!


関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.