どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!!ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!!今回ご紹介するのは「ガルプ!」や「パワーベイト」でお馴染みの世界的ルアーブランド「バークレイ」よりリリースされた、“独特なくぼみ”を持つアジング用ジグヘッドです。


今回のジグヘッドはコチラ!!

画像: 今回のジグヘッドはコチラ!!

ヘッドだけでなくフックもイチから設計したこだわりモデル

バークレイブランドのジグヘッドシリーズで最初にリリースされたアジデント。このモデルの特徴をピュア・フィッシング・ジャパンのルアー・ライン開発の瀧澤さんにうかがった。

瀧澤さん「バークレイやガルプシリーズのソフトベイトのラインナップが充実していくなかで、やはりそれにあったジグヘッドが欲しくなってきました。また、アジングのジグヘッドはとても軽いので、引き抵抗が小さくなって、何をやっているのかわかりにくい。なので、誰でも使いやすくどういう風に釣りをしているのか実感しやすいジグヘッドを目指して作りました

使用感を求めてデザインされたのがこのくぼんだヘッド形状

瀧澤さんヘッドにくぼみを設けることで水をしっかり掴んで抵抗を増しています。デントは英語でくぼみという意味で、水の抵抗を逃がさず受け止めることで、使用時の感度を上げることができました
また、イチからフックを作って、アジのショートバイトを逃さないオープンゲイブに設計。アイを横にセッティングすることで、ノット部分が前後にズレることがなく、トラブルを回避しています。巻くだけでしっかりとジグヘッドの存在感を感じながら釣りができるはずですよ。ぜひ、バークレイのソフトベイトシリーズと合わせて使ってみてください

ポイント① ヘッド

画像: ポイント① ヘッド

くぼみヘッドと横アイ設計で使用感アップ

水の抵抗を上げるくぼみがワンランク軽量ウェイトの選択肢を実現。横アイは、ノットが前後にずれることを無くし、ダイレクトなフッキングにも貢献している。ヘッドとアイの相乗効果で、使用感の強いジグヘッドになっている。

ポイント② キーパー

画像: ポイント② キーパー

シャンクに樹脂製ワームキーパーをセット

フックキーパーは樹脂製のものをシャンクにセット。バークレイシリーズのソフトベイトから、一般的なワームもずらさず固定。アジのバイトでもずれにくくなっている。ワームがずれないことでストレスのない釣りを継続できる。

ポイント③ フック

画像: ポイント③ フック

アジング特化のショートシャンク・オープンゲイブ

フックはショートシャンク、オープンゲイブで、吸い込みやすさとフッキング率を向上。コンパクトで吸い込みやすく、すぐに吐き出してしまうアジのショートバイトを掛けるオープンゲイブで高いフックアップ率を実現。

アクション

画像: アクション

巻くだけで抵抗感を感じながら、まずはストレートリトリーブから

ヘッドにくぼんだ形状があるので、ここで水の抵抗感をアップ。軽量ジグヘッドはどの層を引いているかわかりにくいが、アジデントはしっかりとルアーの存在感を感じるので、操作感が圧倒的に高い。まずはストレートリトリーブから試してみよう。



ワームセッティング

画像: ワームセッティング
画像: ガルプシリーズとの相性は抜群!

ガルプシリーズとの相性は抜群!

使用はバークレイソフトベイトとの名コンビで!!

パワーベイトソルトウォーターやガルプソルトウォーターなど、バークレイのライトゲーム用ソフトベイトはどれも相性抜群。味と匂いで実績抜群のバークレイソフトベイトの性能をしっかりと引き出すジグヘッドになっている。

気になるサイズラインナップは?

画像: 0.4g

0.4g

画像: 0.8g

0.8g

画像: 1.2g

1.2g

画像: 1.8g

1.8g

全国どこでも通用するウェイトラインナップ

関東でも関西でも対応できる8種類のウェイトラインナップ。フックサイズはそれぞれ共通になっている。アジングはもちろん、メバリングに使ってもOK。バークレイソフトベイトを使う際はぜひコンビとして併用したい。

画像: 昨年のルアーマガジンソルトの取材にて。オフショアでのバチコン用のジグヘッドとしても使用可能!

昨年のルアーマガジンソルトの取材にて。オフショアでのバチコン用のジグヘッドとしても使用可能!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.