ということでおまたせしました。秋の夜長、ごゆるりと堪能ください。そんなに長い動画ではないですが、みっぴこと秋丸美帆さんの秋イカ攻略の様子をまったりご鑑賞ください。いい意味で「気配」を消すとイカの反応もいいんですよねぇ。みっぴさんは、その達人でもあります。ということで、ルアマガソルトの取材成功率100%な実力、ご覧あれ。



取材地は石川県能登半島西側エリア

取材した9月の末は能登半島東側の一部が禁漁期間だったこともあり、西側エリアをラン&ガン。短期間で確実な結果を出すべく、多くのプロアングラーが現地ガイドやアングラーなどの同行をお願いする保険をかけることも多いのですが、この取材では、釣りのポイントをグーグルマップで「自力」で探してイカを釣っていくことになりました。えらーい。

画像: みっぴさん、秋イカ釣りまくりエギング・ダイジェスト!【秋の石川県能登半島ランガンMOVIE】

【Profile】秋丸美帆(あきまる・みほ)

DAIWAフレッシュアングラーに選ばれて以来、各メディアで釣りの伝道師として活躍するマルチアングラー。南海の巨大魚GTから、タナゴ、ワカサギ釣りまで、なんでもこなすガチ釣り師。ルアーマガジンソルト誌の連載では、ボウズ無し記録を更新中。

イカ釣りの極意はフォールでもシャクリでもエギ選びでもないのかもしれません。場所選び、場所を探し出す力こそが正解への近道だとも言えます。みっぴさんは、地図を眺めて、潮通しの良い外洋に近い港、ディープエリアが近接したシャローというポイントをいくつも見つけ出し、ラン&ガンで目をつけたポイントを釣る戦術をとりました。

それが見事にハマり、行く先々できっちりイカを釣り上げます。潮回りがよかったり、風がほとんどない無風だったりと「取材運」の良さも味方したのでしょう。その詳しい様子はルアーマガジンソルト11月号を御覧いただきたいところです。

今回は、そんな自力取材の様子のダイジェストを10分に満たない動画にまとめてみました(みっぴさんの取材では割に多いのであります)。釣れている数はもっともっと多いですが、ゆっくりとお楽しみくださいませ。秋イカの数釣り。楽しいですよ!

画像: 秋丸能登 youtu.be

秋丸能登

youtu.be



This article is a sponsored article by
''.