う〜! マンゴー! 縁あって宮崎県に取材。宮崎県と言えば? うむ、マンゴーだけじゃないんだわ〜。まず、鳥系から攻めてみますか!

宮崎県の代表釣りモノ、ヒラスズキにオオニベ? そしてリスペクトして食べたいチキン南蛮じゃー!

画像: 宮崎県の代表ターゲット。怪魚ハンターの憧れとも言えるのがオオニベ。市場で遭遇ぱしゃり。

宮崎県の代表ターゲット。怪魚ハンターの憧れとも言えるのがオオニベ。市場で遭遇ぱしゃり。

宮崎県が誇るグルメひとつめー。B級とは失礼かもですが、まずはチキン南蛮で、皆さまご異存ありませぬか? 良いですか?

と言うことで、今、話題沸騰中の魚の仕立てテク、「究極の血抜き 津本式」発案者、津本光弘さんに宮崎県に釣りに来たらコレでしょと、まず連れてきて貰ったのがコチラ。

そう、宮崎県民なら納得の「ファミリーおぐら」「味のおぐらチェーン」、そちらのチキン南蛮が素敵やったー!(エコー)

画像: 宮崎県民も愛してやまないソウルフード、チキン南蛮を提供するご当地チェーン店代表、ファミリーおぐら。こちらは宮崎市内、瀬頭店。

宮崎県民も愛してやまないソウルフード、チキン南蛮を提供するご当地チェーン店代表、ファミリーおぐら。こちらは宮崎市内、瀬頭店。

こちらのチキン南蛮は王道にして、宮崎県の心のひとつ。なんでも昭和40年に看板メニューとして登場したチキン南蛮が大人気になり、いまや県民のソウルフードに発展したのだとか。

チキン南蛮の元祖であり始祖であるのが、こちらの味のおぐらさんなのだ。正確には「おぐら本店」が発祥。今回お邪魔したのは系列の瀬頭店。

画像: ボリュームはあるのですが、酸味が効いて濃厚なタルタルソースが食欲をそそり、飽きることなく完食と言うメタボの扉へ誘いこみます。困るわ!(歓喜)

ボリュームはあるのですが、酸味が効いて濃厚なタルタルソースが食欲をそそり、飽きることなく完食と言うメタボの扉へ誘いこみます。困るわ!(歓喜)

濃厚かつ独特のテイストのタルタルソース。その酸味とまろ味が、チキンのポテンシャルをネクストステージに引き上げるのです! ザ・日本の洋食。

まさに、ゴージャス&デラックス。ハイパーでスーパーな昭和かつ日本の誰もが凄みを感じる形容詞がよく似合うご当地グルメと言えるでしょう。宮崎県に遠征の際は仲間とアイコンタクトだけで「おぐら」に向かうべし!

し、か、し。序の口でした。まさか宮崎県にあんな驚愕のグルメスポットがあるとは! 宮崎編次回にもご期待ください。




This article is a sponsored article by
''.