ということで、そもそもHU-ミノー111Sとはなんぞやという話は、前回該当記事を読んで頂くといたしまして、アイランドクルーズの須江一樹船長がプロデュースした2種類のミノーのカラーがあまりにも魅惑的だったのでピックアップ! 色ぐらいで〜と思うのでしょ? でもかなり素敵だったのでご紹介します。
画像: HU-ミノー111Sのソルトオリジナルカラーが、あまりにもイケてたのでクローズアップしてみた

【Profile】
須江一樹(すえ・かずき)
横浜を拠点に東京湾内のルアーフィッシングガイドを行う「アイランドクルーズ」に所属する船長。ロジカルかつ的確な状況判断でガイドを行い、東京湾の素晴らしいルアー釣りを楽しませてくれる。シーバスをメインに、青物、タチウオ、メバルなどなど、様々なターゲットを網羅している。テイルウォーク、ハイドアップ、DUOなどのスポンサードを受け、アングラーとしても高い実力を持つ。

色だけで、このミノー2色が欲しくなった人

画像: 色だけで、このミノー2色が欲しくなった人

うっ、このキャンディーカラー、ちょっとそそります.....。実は記者、個人的にかなりキャンディーカラーに信頼を置いてまして。というのも、部屋で淡水魚を飼っているのですが、太陽光の屈折で、魚の側面に光が当たったんですが、色がキャンディーカラーに変化したんですよね。もしかして、水中で似た現象が起こってるんじゃないのー!と。

画像: 光の屈折でキャンディーカラーに? 実際にも起こってるかもしれない動画。 youtu.be

光の屈折でキャンディーカラーに? 実際にも起こってるかもしれない動画。

youtu.be

それ以来、キャンディーカラーフェチになっています。と、いう妄想は取り急ぎ置いときまして、そもそもキャンディーカラーってよく釣れるカラーですよね。

横浜のシーバス船、アイランドクルーズの須江一樹船長が、HUミノー111SP&F(ハイドアップ)のシンキング仕様HUミノー111S(ハイドアップ)をシーバス用に調整、開発されたというお話を前記事でさせていただきました。で、そのソルト用ミノーに用意された2種類のカラーが「スエキンキライワシ」と「スエピカピカイワシ」。

スエキンキライワシは濁り、夕方、ナイトステージで活躍の「金」ベース

画像: スエキンキライワシ。濁り、光量が落ちた局面などに有効

スエキンキライワシ。濁り、光量が落ちた局面などに有効

「もう1色のスエピカピカイワシはどっちかというとナチュラル系、反射や透け感で誘うカラーなんですが、こちらはゴールドベースのキャンディーカラーになっています。意図的にはシルエットで魚に見せて誘うイメージですね。あと、もう1色がシルバー系なので正反対のゴールド系にしたかったというか、鈍く光らせて、茫洋とさせたいというか。なので、濁り潮だったり光量が落ちてきた時に効果的なカラーになっています。ラメラメもそういった状況でアクセントになりますね。

あと、ベリーはピンク、背中はチャートになっているんですが、そもそもシーバスに効く色ではあるんですが、フラットフィッシュなどにも効果的なカラーだと思っています」

スエピカピカイワシは澄み潮に効く!

画像: スエピカピカイワシ。魅惑のキャンディーカラー。クリア系でリフレクターなどの反射板を内蔵。シルバーベースでスエキラキライワシとは反対のコンセプト。澄み潮などの時に有効だとか。

スエピカピカイワシ。魅惑のキャンディーカラー。クリア系でリフレクターなどの反射板を内蔵。シルバーベースでスエキラキライワシとは反対のコンセプト。澄み潮などの時に有効だとか。

「こちらはナチュラルな配色を意識しています。特徴的なのはボディにリフレクト板が入っていることでしょうか。キャンディカラーの意図としては、まぁ、どれか目立つカラーになり機能するだろうというところが大きいかもしれませんね。あとは、魚の凹凸感を表現するのに一役買っているのかなと思っています。目立つ部分をしっかり作るということで、ベリーはチャートを採用。背中はナチュラル系のブルーという配色。スエキンキライワシと比べれば、よりナチュラルで、澄み潮時などに有効です」

ということで、このゾクゾクする色、ぜひ手に入れて使ってみてください。ミノーとしての性能も、かなりイケてます! フラットフィッシュ狙いの方もぜひどうぞ!




This article is a sponsored article by
''.