昨年より『ルアーマガジン・モバイル』の新たな目玉企画として誕生した『陸王MOBILE』。今年も来たるべき10/30(水)~10/31(木)に決勝戦を迎える。予選を勝ち抜いた水野浩聡氏(ジャッカル)、佐々木勝也氏(DAIWA)、酒井俊信氏(DUO)、高梨洋平氏(LD&FU&VV)の4選手が決勝の舞台である関東メジャーフィールドに集結し、2日間の試合を繰り広げる。今回はチャンピオン・カーニバルに向けて各選手のプロフィール及び決勝戦への意気込みをお届けする。


陸王mobileとは?

画像: 陸王mobileとは?

ルアーマガジン』誌の超人気陸っぱりバトル企画の『陸王』に続き、2018シーズンから『ルアーマガジンmobile』でも1on1の陸っぱりバトルを決行した。その名も『陸王MOBILE』!!

陸王』の醍醐味は緊張感高まる本番一発勝負という内容。『陸王MOBILE』もここは変わらない。

また、前日のプラクティスの一部をLIVE配信するという『公開プラクティス』システムを新たに導入。互いに、どんな場所でどんなプラを行っているのかをチェックすることができるため、アングラー同士の駆け引きも見ものである。

優勝者は『ルアーマガジン』の陸王予選へ進出!

画像: 第1回『陸王MOBILE』で見事優勝した三原さん!

第1回『陸王MOBILE』で見事優勝した三原さん!

そして、この『陸王MOBILE』最大のキモとなるのが、予選の勝者で「チャンピオンカーニバル(決勝)」を戦い抜き、優勝した者は『ルアーマガジン』誌の『陸王』予選枠に逆上陸する資格が与えられるというもの!!

昨年2018シーズンのチャンピオンカーニバルでは、水野浩聡選手(VS赤松健選手)、三原直之選手(VS折金一樹選手)、岡友成選手(VS大西健太選手)が決勝を争い、三原直之選手が大逆転の末に優勝を手にした。

これにより、三原直之選手は今年度の『陸王』に参戦。第3戦で、第7代目陸王である木村建太氏に見事勝利し、陸王本戦のチャンピオン・カーニバルに進出。陸王mobile初年度王者がジャイアントキリングを起こした!

陸王mobile ROUND2 WINNER 佐々木勝也(DAIWA)

画像1: 陸王mobile ROUND2 WINNER 佐々木勝也(DAIWA)

【Profile】
佐々木勝也(ささき・かつや)
1988年1月22日生まれ(31歳)。A型。水瓶座。岩手県出身・茨城県在住。スポンサー:DAIWA、カーショップ・プレシャス、Studio16。東北の地にて野池をメインにバス釣りの腕を磨いてきたが、近年関東圏随一の人気フィールド・霞ヶ浦に移住して陸っぱりのエキスパートとしてその名を轟かす。

10個の好きなもの
食べ物:ラーメン、飲み物:お茶、カラー:赤、数字:1、場所:釣り場、教科:国語、音楽:魔法少女になり隊、マンガ・アニメ:魔法少女まどか☆マギカ、言葉:臥薪嘗胆、スポーツ:野球(ポジションはショートが好き)

佐々木ルアーマガジン本誌の『陸王』に出ることが僕の夢でした

その夢が叶うというチャンスをいただいたからには、絶対に勝ちます。試合までみっちり鍛え直して仕上げてくるつもりです」



画像2: 陸王mobile ROUND2 WINNER 佐々木勝也(DAIWA)

佐々一真選手(SHIMANO)と大分県の日指ダムにて一騎打ち! 佐々&佐々木の『ササササ』対決というなんとも呼びづらい勝負を制し、チャンピオンカーニバルのチケットを手に入れた。今回の陸王MOBILEでなんとしてでも優勝し、あこがれの陸王本選出場を目論む

決勝の舞台は北浦水系(茨城県)

画像: 決勝の舞台は北浦水系(茨城県)

4名の猛者が集いしチャンピオンカーニバルの舞台は、北浦水系(茨城県)!!

2018年のルアーマガジン本誌陸王にて川村光太郎さん、青木大介さん、木村建太さん、伊藤巧さんが死闘を繰り広げたのが記憶に新しい。

果たして、北浦水系の女神はどのアングラーに勝利という栄光を与えてくれるのか!!?

要注目のバトルの内容は、10月30日(水)、10月31日(木)2DAYに渡るルアーマガジンmobile LIVE配信をお楽しみに!またモバイルユーザー限定、勝利者予想のビッグプレゼントキャンペーンも開催!!

ルアーマガジンmobileについてはこちらをチェック⇩⇩

北浦水系攻略にも役立つこと間違いなしの漢と漢の一本勝負、ぜひご覧あれ!!




This article is a sponsored article by
''.