発売したアイテムすべてが店頭に並んだ直後SOLD OUT…それはひとえに釣れるから!! いま、もっとも勢いのあるバスルアーブランドといえば『レイドジャパン』。同社代表・金森隆志さんを筆頭に、岡友成さんや江口俊介さんら妥協なき開発陣が心血を注ぐ2020年の新作を実釣取材の現場で見せてもらいました。御大自らの解説とともに、まずは巻き物系2種を大公開!!
画像1: 異彩を放つ巻き物2アイテム! ルアマガ独占!! レイドジャパン2020新作スクープ!!!【PART1】

【Profile】
金森隆志(かなもり・たかし)
岸釣り最強を決するルアーマガジンの大人気企画『陸王』で2011年と2013年にチャンピオンカーニバルを制覇。2012年には歴代陸王の集うレジェンド戦で頂点に立った稀代の岸釣りエンターテイナーにしてレイドジャパン代表。2016年にはルアマガモバイル艇王にも輝き、陸に限定されないゲームの幅を見せつけた。シーズナルパターンを軸に、ベイトフィッシュの存在や地形からビッグフィッシュのポジションを特定する術は圧巻のひと言だ。



岸釣りクランキングに必要な条件を備えた優等生『シャロークランク』(プロト)

画像1: 岸釣りクランキングに必要な条件を備えた優等生『シャロークランク』(プロト)
画像2: 岸釣りクランキングに必要な条件を備えた優等生『シャロークランク』(プロト)
画像3: 岸釣りクランキングに必要な条件を備えた優等生『シャロークランク』(プロト)

金森「見た目のアピール度だけじゃなく、しっかり水を押す。お尻の部分をスパッと切れたデザインにしているのは、水を後ろで強く攪拌してルアーの存在をバスに気付かせるため。

にも関わらず巻き心地は軽くて、どんなリトリーブスピードにも対応してくれる。岸釣りでの使用がメインなので、もちろんラクにロングキャストもできます。

それと固定重心なので、障害物をよくかわしてくれるんですよ。最大潜行深度は2メートルほどです」

画像: 早いペースで岸沿いを探っていった金森さん。とあるブッシュの際にプロトシャロークランクを通すと明確なアタリとともにロッドを絞り込まれてこのとおり!

早いペースで岸沿いを探っていった金森さん。とあるブッシュの際にプロトシャロークランクを通すと明確なアタリとともにロッドを絞り込まれてこのとおり!

本邦初!? 小バスが逃げ出す強烈アクション『レイドチャター』(プロト)

画像: 本邦初!? 小バスが逃げ出す強烈アクション『レイドチャター』(プロト)

ご覧のとおり、ヘッドの大きさには不釣り合いなビッグブレードを搭載したプロトタイプ。波や濁りに負けずにアピールできる強いブレーデッドジグを作りました、とは金森さん。

金森「規格外のブレードで大きく水を受けて、ブリブリとした動きがスカートの先まで伝わって全身でアピールする。なおかつヘッドとブレードがぶつかってガチガチと派手な音を立てます。ガード付きなので障害物にも強いですよ」

画像: ブレードは巨大だが、巻くスピードを上げるとブレードが寝て抵抗が減るためスローでも速巻きでも使用可能。リトリーブ時の浮き上がりを抑えるため、ヘッド下部に球体パーツが設けられています。

ブレードは巨大だが、巻くスピードを上げるとブレードが寝て抵抗が減るためスローでも速巻きでも使用可能。リトリーブ時の浮き上がりを抑えるため、ヘッド下部に球体パーツが設けられています。

画像: ロングキャストして表層をトレースしていると猛スピードでアタックしてきた50アップ!! アオコの残るマッディなため池でも圧倒的な存在感がバスに口を使わせた。

ロングキャストして表層をトレースしていると猛スピードでアタックしてきた50アップ!! アオコの残るマッディなため池でも圧倒的な存在感がバスに口を使わせた。

一方で、レイドジャパンでは微振動タイプの開発も進めているとのこと。

金森「このモデルだけですべての状況に対応できるわけではない。当然、アピールが強すぎる場面もあるので、強さを控えめにしたチャター系も作ってます。いわばシステムチャターですね」

こちらの発表はもう少し先になりそうです。

レイドジャパン2020新作スクープPART2ではソフトベイト2種を公開する予定! お楽しみに!!




この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!


関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.