どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!!ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!!今回ご紹介するのはライトソルトゲームの入門者にピッタリ!リーズナブルで、オールマイティに使用できるコストパフォーマンス抜群なライトゲーム用ジグヘッドです。


今回のジグヘッドはコチラ!!

画像: 今回のジグヘッドはコチラ!!

月下美人 SWライトジグヘッドSS(DAIWA)

●ウェイト:0.5g、1.0g、1.5g、2.0g、2.5g、3.0g ●フックサイズ:#10、#8、#6,#4 ●入数:4個 ●カラー:2色 ●価格:350円(税抜き)

目指したのはより多くのアングラーの定番アイテム

今回紹介するのはDAIWAのライトゲームモデル、月下美人 SWライトジグヘッドSSだ。このアイテムの特徴を、ルアー企画開発担当の西井啓大さんに聞いた。

西井さん「このジグヘッドは、アジだけ、メバルだけという魚種を限定したものではなく、ライトゲームで狙えるすべての魚を釣ってもらえるオールマイティなモデルです。ビギナーのみなさんにも使ってもらいたいので価格も抑えて、クセのない使い心地に仕上げてあります」

各部の使用でこだわりのポイントは?

西井さんフックはストレートポイントのサクサスフックで、ショートバイトや口の小さなターゲットにも対応します。ヘッドのは大きな目をつけてリアルさをアップし、低重心設計にしたことでスイミングもフォーリングも安定させることができます

基本性能が高いからこそどんな状況にもマッチし、いろいろな魚種を釣り上げることができる。

西井さんライトゲームをこれから始めるという人にはぜひ使って欲しいですね。そこで色々な魚を釣ってもらって、そこからメバルを本格的に狙ったり、アジングに特化してみたりとステップアップしていってもらいたいと思います」

ポイント① ヘッド

画像: ポイント① ヘッド

大きめのラインアイで夜間でも通しやすい

ヘッドは魚の顔をイメージしたラウンド型で、大きめの目玉を装備。ラインアイが大きめに設計されているので、夜間でもラインアイを通しやすい。カラーは夜光と黒の2種類があり、フィールドの光量によって使い分けよう。

ポイント② フック

画像: ポイント② フック

劇的に刺さるサクサスフックでオートマチックにフッキング

フッ素コーティングのサクサスフックで、ターゲットの口に触れた瞬間オートマチックにフッキングが決まる。シャンクにはヘッドの塗装を残し、ここがワームキーパーに。細身のワームでもシルエットを崩さず、それでいてズレにくい。



アクション

画像: アクション

アジ・メバルだけじゃなくあらゆる魚種にマッチ

特定の魚種や釣法に特化するのではなく、あらゆるシチュエーション、さまざまなターゲットにマッチするのがこのジグヘッドだ。アジ・メバルはもちろん、ソイ、カサゴ、カマス、メッキなどどんな釣りでも高次元に対応する。

ワームセッティング

画像: ワームセッティング

細身シルエットからファット系までワームを選ばない

同じくDAIWAのビームスティックシリーズなどの細身なボディから、シャッドテール、グラブまでセットするワームを選ばす使える。釣りたいターゲットに合わせて、お好みのワームでこのジグヘッドを使ってみよう。

気になるサイズラインナップは?

画像: 0.5g

0.5g

画像: 1.5g

1.5g

画像: 2.0g

2.0g

画像: 3.0g

3.0g

重さは6種類、フックは4サイズをラインナップ

ヘッドの重さは0.5gから3.0gまでさまざまな釣りのスタイルにマッチする。フックは4種類で、超細軸フック(#10・#8)と細軸フック(#6・#4)が、それぞれの重さに応じてラインナップされる。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.