雑誌やらwebやら、包丁やら、ロッドやら、本やらを手掛けてていて、とっちらかりのフカポンです! ポンて昭和臭半端ないので、フカポヨに改名予定です。嘘です! と、言うことで、いろいろかじり過ぎて、ちょいと後回しになっていた新機軸メタルルアーの開発。ようやく、セッティングが見えてきたので、ルアマガ+で情報チョイ出し。スピンテールとスピナーベイトと、バイブレーションの特徴を併せ持つ、風変わりだけど、ちゃんとルアーしてるヤツ、開発中なんす。そうなんす。
画像: 釣れるよ! しかも、活躍したよ!

釣れるよ! しかも、活躍したよ!



幅広い魚を、気軽に釣れる万能ルアーが欲しい。とりあえずシーバスを軸に開発が始まったメタルルアー・MAZEL-SPIN(マゼルスピン)<仮称>

ルアマガグループには商品開発ラインが何本かあります。ひとつは「ルアマガ」ブランド。もうひとつは、LML(ルアーマガジンリンクス)と呼ばれるブランド。出版社なのにナニ、ルアーだのロッドだの作ってるんだ? なんて思われるかもですが、webやYouTubeなどのメディアに誰でも立ち入れるようになったのと同様で、昨今、版社がルアーだのなんだのにトライするのは時代の流れかな?と。

とはいえ、メディアとして、様々な情報が公開前に耳に入る立場でもありますので、作るものは、どの専門メーカーも手を付けていないようなオリジナリティがどうしても必要になります。

なおかつ、専門メーカーのように開発ノウハウがあるわけではありませんので、専門メーカーのコラボだったりOEMという形でアイデアだけ持ち掛け、専門メーカーに実現していただくというのが、現状の流れだったりします。

そんな複雑な事情の中で、開発をすすめているマゼルスピン(仮称)という開発コードのルアーですが、形状と機能から、そんな複雑怪奇なルアーではないので、フィッシュイーター系全般に効くであろうという机上の空論からサンプルが作られ、テストをちびちびとすすめてきました。

かといってルアー専門メーカーではありませんのでルアー開発のための潤沢な開発資金があるわけではありません。サンプルはただの鉄板をアイデアに沿った形状にレーザーカットし、簡易のウエイトと、市販のブレードを装着、それにフックを装着して一応の形に仕上げて実釣やスイムテストを繰り返してきました。

現状のルアーの特徴。奇怪ですが、ちゃんとルアーしています。

そもそもの形状の出発点は、スピナーベイトって海でも釣れるのに、飛距離が出ない、ブレードバイト頻発でフックセットしにくい、ワイヤーベイトだから強度が悪い。ならその辺を解消したい。という実に良くある発想からでした。

画像: シーバスのエラ洗いに弱さがあったのですが、今回のテストでほぼ解消。

シーバスのエラ洗いに弱さがあったのですが、今回のテストでほぼ解消。

是ですよ! とルアーのサンプルを公開したいところではあります。が、誰も真似なんてしようとしないとは思いますが、割に斬新なので、発売が決定、サンプルが固まるまでは全貌をお見せすることができません。ナニ偉そうに、もったいぶってるんだって話ですよね。スイマセン。

ということで、話は戻りますが、まず、一つ目は、スピナーベイトの特徴を持っている。ということです。で、あれよこれよと形状を思案した結果、メタルバイブレーションの特徴も併せ持つようになりました。これが二つ目の特徴です。ブレードと共振してバイブレーションを見せたときは、「お?意外にいけるかも」と思ったものです。

それにスピンテール的なルアー要素も内包しています。これが3つめ。誘いとフラッシングはブレードが機能を担っており、波動はバイブレーション的な部分で補うという構造になっております。スピナーベイト的でありながらスピンテールってどんな謎かけだよと突っ込まれそうですが、形状を見たら「なるほどなー」とは思っていただけるかと。

何人かのルアーデザイナーにサンプルをお見せしているのですが、

「よく思いつきましたねwww」だとか、「攻めましたねwwww」とか、「もう少しシェイプは細くしないと海では売れないかも」だとか、でも、バスフィッシングをやられる方は「おおおおぉお、こう来ましたか!」と面白がってくれる人、多数。



似た? 機能をもっているルアーをちらほら、挙げられたりはしましたが、基本線、オリジナリティは高いという評価をいただいているので、他社に無いというハードルはクリアしたような気がしております。某大手のメーカーさんに、「フカポンさん、これ、面白いですね、一緒にやりません?」と言われた時には救われました。

ちなみに、この機能を取り入れるかはわかりませんが、現状ではウエイトの重さを手軽にチェンジできて、上下さかさまでも使えるルアーだったりします。このウエイトやアイの位置を自在に変えられるサンプルはそれなりに秀逸かとは思うのですが、「まさかこれで売る気ですか?」と小社営業に突っ込まれる始末なので、ルアーらしくデザインを落とし込んでいく予定ではございます。

で、とりあえず、他には無いいくつかの特徴も見えてきたところで、御託はいいから釣れるの? なんですが。えーと、「釣れます」。バス、メバル、ハタは釣れました。青物もバイトには持ち込みましたがまだ結果は出ていません。肝心のシーバスですが、先日の釣行でガッツり、結果も出ましたし、懸案だったフックのセッティングもほぼほぼ決まりました。

画像: 73cm。喰い方が良かったです。速巻きでゴン! 因みにリフト&フォールでも良型をヒットしましたが、舐めてたらバラしました。とほほ。ロッドはこれまた開発中のメガバスさん、コラボロッドだよ!

73cm。喰い方が良かったです。速巻きでゴン! 因みにリフト&フォールでも良型をヒットしましたが、舐めてたらバラしました。とほほ。ロッドはこれまた開発中のメガバスさん、コラボロッドだよ!

画像: 25cmを超えるメバルくん。

25cmを超えるメバルくん。

画像: バスにも効きます。まぁ、ブレード好きな魚だし、釣れないわけがない。メタルなんで飛距離はかなり出ますが、スピンテールジグほど、レンジキープはピーキーではありません。中層から上が得意なルアーですが、ボトムコンタクトするとヒラをうちます。メタルバイブより障害物回避性能は高いです。

バスにも効きます。まぁ、ブレード好きな魚だし、釣れないわけがない。メタルなんで飛距離はかなり出ますが、スピンテールジグほど、レンジキープはピーキーではありません。中層から上が得意なルアーですが、ボトムコンタクトするとヒラをうちます。メタルバイブより障害物回避性能は高いです。

ということで、2020年オリンピックイヤーに発売できるよう、日夜テスト&開発に励み中です! どんな釣りにも使えるルアーになる予定ですので、こうご期待。はやく形だけでも、ご紹介したいっす!




This article is a sponsored article by
''.