オフショアの釣りの定番ボックスとなったメイホーのバケットマウスシリーズ。大容量で高強度であるこのボックスを、より快適に使いこなすためのカスタム法を紹介! 船上でスマートに立ち回れるようにボックスをカスタムすれば釣果アップ間違いなし!


教えてくれるのはオフショアジギングが大好きなMEIHO営業マン!

【Profile】
大中雅史(おおなか・まさし)
明邦化学工業株式会社の営業マン。オフショアの釣りを愛し、プロ顔負けのジギングの腕前を持つ。各ボックスの性能を知り尽くし、それらを組み合わせた収納テクニックで快適な釣りを楽しんでいる。

今回バケットマウスのカスタムを紹介してくれるのは、明邦化学工業株式会社の大中さん。同社でもオフショアのエキスパートとして精通し、プライベートでもバケットマウスを駆使した収納テクニックでオフショアフィッシングを楽しんでいる。

今回はバケットマウスシリーズの中でも一番コンパクトなモデルである「BM-5000」をベースに、ボックスの中に入れるだけ、サイドにセットするだけといった簡単なカスタム例を紹介。なかでも下記にも出てくる「ストッカーBMシリーズ」はジグの収納に便利で、ジグのローテーションも素早くできるようになるとか!

ベースとなるのは「BM-5000」

高強度で座ってもOKなバケットマウスの、一番コンパクトなモデル。それでも容量は20Lあり、ジグや小物などの収納には問題なく、いろいろなカスタマイズもできる。ひとつあると何かと便利なボックスのサイジングになっている**。

今回使用するカスタムパーツは「ストッカーBM」シリーズ

BM-3010


BM-3020

BM-3010D

BM-3020D

ジグの収納ならこれにお任せ! 4サイズでカスタマイズ性も抜群

ジグやプライヤー、薄いボックスなどを収納できるストッカーで、ボックスの中やサイドにセットして使用する。横幅と薄さの違いで4サイズをラインナップしてあるので、各ボックスの大きさに合わせて多彩な収納ができるようになっている。



ストッカーBMをサイドにセット

大中「使用頻度の高いジグ、次にローテーションをしたいジグなどはここに入れておくと便利で、手返しもスムースになります」

プライヤーなどもストッカーに挿しておけばすぐに取り出すことができる。

調節可能な仕切り

画像1: 調節可能な仕切り

ストッカーの仕切りは取り外し可能で、幅を調節することができる。
ジグだけでなく、プラグやエギなどの収納にも対応

大中「仕切りを外せば、薄いボックスなどを入れておくこともできます」

画像2: 調節可能な仕切り

ストッカー同士は連結できるので、ボックス内部でスッキリと収納できる。4サイズあるので、いろいろなボックスにマッチさせることができる。

水洗いOK!

画像: 水洗いOK!

水抜きダクトがついており、水洗いをすることができるのもストッカーの大きなメリット。潮が被っても海水が溜まらない。

大中「ストッカーごと水を流せるので、釣行後の片付けも楽です」

座り心地が快適になる「プレミアムシートクッションBM」もあると便利!

画像: 座り心地が快適になる「プレミアムシートクッションBM」もあると便利!

長時間座る場合に便利なクッションシート。固定はマジックテープ式で、装着したまま蓋の開閉ができる仕組みなっている。

大中「長時間のポイント移動でも、これがあると疲れが軽減できます」

次回は大中さんが実践するフルカスタム仕様をご紹介!!
収納が変われば釣果が変わる!? オフショアアングラーは勿論、オカッパリにも活かせる収納術&収納グッズもあり!

次回も乞うご期待ですよ!!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はコチラ⇩⇩




This article is a sponsored article by
''.