「市場にあるものと同じものは作らない」を理念に掲げる注目のタックルメーカーismのラインナップに、またひとつ釣れスジアイテムが加わった。


ボックスにひとつ入れておけば、必ず活躍する状況がある!!

既存のジャンルでありながら、独自の解釈と味付けによって明確な個性を備え、何よりも釣果という絶対的アイデンティティで主張するism(インフィニット・シーズ・メーカーズ)のルアー。

派手なプロモーションをしていないにも関わらず発売後からSNSを中心にじわじわと拡散されていき、いつの間にか話題となるのは、まさに釣れるからである。

おかっぱりでの使用を前提に開発されたマグナムクランク『メテオロス』をはじめ、ラインナップの多くがユーザー発信で脚光を浴びるという、いまの時代を象徴するブランドと言えるだろう。

そんなismの今秋注目のひとつが、ソフトスティックベイト『フラテリス3.5インチ』!!

画像: すでに発売されているフラテリス5.5インチのダウンサイズ版だが、タイトル写真を見れば単に縮小しただけではないことがすぐに分かる。●全長:3.5インチ●カラー:全10色●入り数:6本●価格:880円(税抜き)

すでに発売されているフラテリス5.5インチのダウンサイズ版だが、タイトル写真を見れば単に縮小しただけではないことがすぐに分かる。●全長:3.5インチ●カラー:全10色●入り数:6本●価格:880円(税抜き)

「3.5インチは、ボディとテールの抵抗のバランスの関係で、5.5インチよりロールが出しやすい。ミドストやボトストで非常に使いやすいです。ロールによる明滅効果をフルに発揮するために、カラーラインナップもツートンを主体にしています」と、同社代表の杉山貞圭さん。

独自形状のテールが生命感のあるダートを演出!

杉山「もちろん、5.5インチのテールがブルンッと震えるアクションは受け継いでいます。ただ巻きではピリピリと微振動して、スイムジグのトレーラーにも使えますよ」

画像: フィッシュテールとシャッドテールをミックスしたような、独自形状のテールは5.5インチゆずり。

フィッシュテールとシャッドテールをミックスしたような、独自形状のテールは5.5インチゆずり。

画像: 独自形状のテールが生命感のあるダートを演出!

あらゆるリグにマッチする『フラテリス3.5インチ』だが、時期的にもオススメなのはジグヘッドによるセッティング。

中層か? ボトムか? レンジさえ間違えなければ、きっと答えが得られるはずだ。




この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!


関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.