現代のアジングシーンを確立したパイオニアであり、今も尚新たなムーブメントを作りだすアジング界のエポックメーカーである家邊克己さんの「ここ一番で使いたい!」オススメのアジングルアーをご紹介! またお気に入りのポイントや使い方も教えてもらいました!! これを見れば自分に合ったアジングルアーが見つかるはず!?


現代アジングの基礎を築いたアジング界のレジェンド

【Profile】
家邊克己(やべ・かつみ)
34(サーティフォー)の開発責任者であり、現代のアジングシーンを切り拓いた最大の功労者のひとり。深い探究心と徹底した現場主義から生み出されるアイテムの数々は、多くのアングラーから支持を得ている。

家邊克己の“ココイチ”ルアーはコレ!

画像: 家邊克己の“ココイチ”ルアーはコレ!

ストリームヘッド(34)

特徴的なショートシャンクとワイドゲイプの黄金比により、優れたフッキング効率を実現。ヘッドに部のスリットは潮受けの良さを追求。サイズを問わずテンションを張るだけで自動的にフッキングが決まる家邊さん渾身のジグヘッド。

スペック
●重量:0.5~1.8g
●入り数:5個
●価格:400円

合わせるワームはコチラ!

画像: 合わせるワームはコチラ!

プランクトン1.8in(34)

ストリームヘッドは様々なワームとの相性を考慮して設計されているが、アミパターンには吸い込みやすさにこだわって開発されたプランクトンがマッチする。2本の細いテールを対角に配置する独自デザインを採用。



“静のアジング”を具現化する必須アイテム

家邊「ジグヘッドの性能は、ときとしてワーム以上に重要です」

ヘッドのスリットは潮馴染みを考慮。激しく動かすのではなく、極力動かさず自然に漂わせるためのギミックだ。

家邊「近年のアジを取り巻く環境を考慮しています。海況が変化したためかメインベイトがプランクトン類である状況が増えました。潮に馴染ませやすいため、より多くのバイトが得られます」

フッキング効率に徹底してこだわっている点も見逃せない。

家邊「アジのバイトした瞬間は、厳密には人間が察知不可能。オートマチックにフッキングが決まるデザインがベターです。難解なアジングを、より手軽にイージーに楽しんでいただきたいですね」

+αテクニック

画像: アミの塊とナチュラルに同化させるべし!

アミの塊とナチュラルに同化させるべし!

ストリームヘッドの潮受けの良さを活かし、流れの強弱を把握しながらアミなどのプランクトン類が溜まるポイントへドリフト。

家邊「小さなシャクリなどのアクションは基本的に無用。潮の流れに同調させるようにドリフトさせて、居食いするような状態のアジの眼の前に送り込むイメージです」

この記事が掲載されているルアーマガジン・ソルトはこちら!




This article is a sponsored article by
''.