2代目アジング王にしてフロートリグの究極系「Fシステム」や超感度構造のアジングロッド「宵姫・天」など他社とは一線を画すアジングを提案するジーニアスクリエイター・藤原真一郎の「ここ一番で使いたい!」オススメのアジングルアーをご紹介! またお気に入りのポイントや使い方も教えてもらいました!! これを見れば自分に合ったアジングルアーが見つかるはず!?


威風堂々の2代目アジング王

【Profile】
藤原真一郎(ふじわら・しんいちろう)
大阪湾をホームとするアジングの天才。冷静な判断力と細かなルアーローテーションが持ち味で、経験値と持ち駒の数はアジング界でもトップクラス。その実力は、アジング王バトル2代目王者の栄冠で証明済み!

藤原真一郎の“ココイチ”ルアーはコレ!

画像: 藤原真一郎の“ココイチ”ルアーはコレ!

宵姫ノレソレ1.8in(がまかつ)

ウナギやアナゴの幼生をモチーフにしたデザイン。ボディの大部分を占める極薄のフラットテールは、波打つようなアクションをはじめ、スライドする動きやショートピッチな波動の演出も可能。水をしっかりと掴むため、浮遊感を演出しやすく、スローなフォールもイージーに実践できる。

スペック
●全長:1.8in●カラー:全10色●入り数:8本●価格:550円



大阪湾で圧倒的な実績を誇るワーム

藤原さんの持ち駒の豊富さは他のアングラーを圧倒するほどだが、その中でも特に使用頻度との高い溺愛ワームがある。

藤原「ホームの泉南エリアをはじめとする大阪湾界隈の漁港では、ノレソレが強いです」

激戦区で有効な理由とは?

藤原「端的に言えば、使い勝手の良さとトータルバランスですね」

潮に馴染ませて漂うような動きだけでなく、ショートピッチのクイックなアクションも得意中の得意。スローでナチュラルなドリフトや微波動の演出も可能だ。

藤原「エラストマー製で針持ちが良い点も長所のひとつ。Q.S.S.構造のおかげで、素早く正確にフックをセットできますよ」

+αテクニック

画像: 静と動のメリハリでタフコンディションを制圧!

静と動のメリハリでタフコンディションを制圧!

フラットな面を上にしてセットするのが基本。

藤原「地味な動きとワイドな動きのメリハリを手軽に実践できるワーム。スローにレンジをキープしつつ、ここぞというスポットで小さくシャクりを入れるとヒラっとワイドにテールを波打ってアピール。この静と動のメリハリでバイトを誘います」

この記事が掲載されているルアーマガジン・ソルトはこちら!




This article is a sponsored article by
''.