2019年はエッグシリーズやグッドミールシリーズなど、お手軽に楽しめる釣りをフィーチャーしたアイテムの展開が目立ったジャッカル。2020年の新製品スクープ第一弾は超巨大なメタルジグに極小スイムベイト。新提案のブレードジグには大人気のSLJ用メタルジグとバラエティ豊か!! もちろんまだまだ隠し玉は多い様なので、釣りフェスティバル&フィッシングショー大阪のジャッカルブースは要チェックだ!!


バンブルズジグロングブレード

画像: バンブルズジグロングブレード

さながら金属でできたタチウオ

オフショアの釣りにおけるビッグフィッシュパターンとして名高い“タチパターン”攻略を念頭に置いて開発された新コンセプトの巨大ジグ。ステンレスプレートの輝きと鋭さはまさにタチウオそのもの! ウェイトは後方に集中しているため、素早いフォールとともに姿勢やアクションまでタチウオを忠実に再現している。

画像: さながら金属でできたタチウオ

ステンレス素材のロングブレード構造(PAT.P)はボディ後部を別金属で挟み込む仕様。ビッグシルエットとは裏腹に、扱いやすい重量となっている。

スペック

詳細未定

SLJジグ(プロト)

GSWとのマッチアップで!

近年盛り上がりをみせるSLJ用のジグも現在開発中! やや後方よりのセンターバランス設計で、ひらひらとしたフォールと軽快なジャークが特徴の万能ジグに仕上がる予定。また、フロントに2本、リアに1本のオリジナルフックを標準装備。2019年に登場したオフショアブランド・GSWのタックルと組み合わせて使いたい!

スペック
●重量:40g、60g、80g
●そのほか未定



ジェリーサーディン シャッドテール

これぞまさしく極小スイムベイト

ソフトボディにトレブルフックを搭載し、メバルをはじめとしたライトゲームのターゲット攻略で活躍したジェリーサーディンのシャッドテールバージョン。オリジナルモデルがスプリットテールでI字系アクションで食わせていたのに対し、ニューモデルは波動でしっかりと主張する極小スイムベイトだ。

画像: これぞまさしく極小スイムベイト

シャッドテールは水の抵抗が大きいため、オリジナルモデルよりも浮き上がりを抑え、よりゆっくりとリトリーブすることが可能となっている。

スペック

詳細未定

ビッグバッカースピン(仮称)

ブレードジグの弱点を克服!!

ビッグバッカーシリーズでは初となるブレードジグ。同タイプの多くのルアーが苦戦する弱点・ブレードバイトを克服するために、固定したブレードの後方にフックを配置。ブレードへのバイトがちょうどフックに重なりつつも回転の妨げにならない絶妙な位置に調整されているのだ。また、ラインアイを延長することで、糸がらみも防止している。

スペック
●重量:20g、30g、40g
●そのほか未定

この記事が掲載されているルアーマガジン・ソルトはこちら!




This article is a sponsored article by
''.