2019年も残り1ヵ月を切り、釣り具メーカーも来年度のショーにむけて新製品の準備やプロモーションに向けた動きをしている中、ピュア・フィッシング・ジャパンがひと足先に新製品を発表! ルアマガプラス編集部も新製品発表会にお邪魔し来期の新作情報を入手!
今回ご紹介するのはアブ・ガルシアからリリースされるライトソルトロッドの最高峰『ERADICATOR REALFINESSE(エラディケーター・リアルフィネス)』シリーズから、新たにラインナップに加わったライトオフショアモデルと新たに進化を遂げたベイトフィネスロッドをご紹介!



ERADICATOR REALFINESSE LIGHT OFF SHORE GAME
エラディケーター・リアルフィネス・ライトオフショアゲーム

画像: ERADICATOR REALFINESSE LIGHT OFF SHORE GAME エラディケーター・リアルフィネス・ライトオフショアゲーム

アブ・ガルシアソルトロッドのハイエンドモデル「ERADICATOR(エラディケーター)
その中でも“究極の軽さと感度を実現する”ライトゲームモデル「REAL FINESSE(リアルフィネス)」シリーズに新たにライトオフショアモデルが2020年にリリースされる。

昨今オフショアルアーゲームにおいて、タイラバやイカメタル、バチコン、マイクロジギングとさながら陸っぱりのタックルを流用しながらも気軽に釣りを楽しめる「ライトオフショア」が全国的に人気を集めている。

今回のリアルフィネス・ライトオフショアゲームはそのようなライトなオフショアをより軽く、高感度なスローテーパーのタックルでフィネスに楽しむために作られた至極の1本である。

主な特徴

・新設計 TAF製法 Nanoブランクス
・チタンフレーム/ トルザイトガイド
・ABU専用リールシート(SPモデル)

TAF製法」とはアブ・ガルシアの新たなロッド設計であり「Triarchy Force 製法」採用のNanoカーボンブランク(100%国産カーボン使用)により、ブランクスの素材・設計・製法のすべてを見直し。ロッドの基本性能『強度、重量、感度』を徹底的に追求し、性能を向上させるブランクス設計の革新を行っている。

今回TAF製法を採用したことにより、軽さがなんと60gを切り、オフショアロッドでは類を見ない軽さを実現! そして感度、強度を追求しながらもスローテーパーを実現。

画像: しっかり曲がるが、バットは安定しており、魚とのやりとりが非常に楽しいロッドになっている。

しっかり曲がるが、バットは安定しており、魚とのやりとりが非常に楽しいロッドになっている。

気になるラインナップは・・・

品名アクションレングス(ft)継数(本)自重(g)スッテ重量(g)スッテ重量(号)PEライン(号)
EROC-610ULT-TZS6'10"259~60~150.3~0.8
EROS-611ULT-TZS6'11"257~60~150.3~0.8
caption

リアルフィネス・ライトオフショアゲームはスピニングモデルとベイトモデルの2本をリリース。
610はベイトモデル、611はスピニングモデルとなっている。

ベイトモデルは同じく新製品リールの「MAX DLC」との相性も抜群! より繊細さと正確性を兼ね備えた楽しいライトオフショアゲームを堪能出来ること間違いなし!



ERADICATOR BAITFINESSE
エラディケーター・ベイトフィネス

画像: ERADICATOR BAITFINESSE エラディケーター・ベイトフィネス

ソルトウォーターベイトフィネスロッドの元祖であり、最高峰であった「エラディケーター・ベイトフィネス・カスタムエアー」がTAF製法を纏い、5年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした!

バスフィッシングから産声を上げたベイトフィネスをアブ・ガルシアが昇華し、ソルトウォータージャンルにおいてもベイトフィネスシーンを牽引してきた同社。ベイトフィネスリールの進化により、バスフィッシングで発展してきたこのジャンルが、ソルトシーンにおいても武器になりつつある。

特に同社はリール分野でもベイトフィネスを牽引してきた実績があるブランド。その背景を鑑みても今回ラインナップされたような専用機を使ってソルトシーンを開拓していく楽しみがアングラーにも増えたといえるだろう。

主な特徴

・新設計 TAF製法 Nanoブランクス
・チタンフレーム / トルザイトガイド
・スローテーパーモデル拡充
・AAAコルク
・スケルトンシート

前者同様、TAF製法を採用し、『強度、重量、感度』を徹底追及されており、ベイトフィネスをするうえでの軽快さ、またベイトフィネスならではのパワーの強さや感度も併せもつ。

ラインナップ

品名アクションレングス(ft)継数(本)自重(g)ルアー重量(g)リーダーライン(lb)PEライン(号)メーカー希望本体価格(円)発売月
EBTC-610LTRF6'10"2711.5~154~100.5~1.2未定4月
EBTC-70LT-STS7'0"2691.2~184~100.5~1.2未定4月
EBTC-74MLSF7'4"2751.5~201.5~120.5~1.2未定4月
EBTC-79LTF7'9"2781.5~154~100.5~1.2未定4月
caption

また前モデル(エラディケーター・ベイトフィネス・カスタムエアー)と比べロッドの重量も更に軽くなり、また全てL(ライト)アクション以上のモデルがラインナップされている

使用ルアーウェイトも1.5gから10g以上とメバルやカサゴ、ハタなどのロックフィッシュをはじめ、チヌやシーバス、またはライトエギング、ライトワインドなどにも使用可能。

ベイトならではのキャストアキュラシーや手返しの良さ、マニュアル感はそのままに、接近戦だけでなくロングキャストも可能。あらゆる釣種をベイトタックルで楽しみたい、より釣り味を楽しみたい人にはおすすめ!使い手次第で様々な可能性を楽しめるロッドとなっている。

ソルトウォーターベイトフィネスの先駆けであるアブ・ガルシアは前モデルでも7機種ラインナップしており、今回のモデルチェンジではこれまでの技術やノウハウを凝縮した集大成であると言えそうだ

このロッドと同じく、来年度リリースされる「レボ・ウルトラキャストBF8」とのマッチングも良好!ソルトウォーターベイトファンは必見だっ!!




This article is a sponsored article by
''.