ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は「初代アジング王」であり、雑誌やTV、動画など各種メディアに引っ張りだこな大人気アジンガーの2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


アジングは勿論、トラウトやキャンプなどにも精通するライトソルト界のカリスマ

画像1: トミー敦が選んだ2019年のベストルアー『ギョピン1.7in(ティクト)』

【Profile】
トミー敦(とみー・あつし)
大阪府在住。ルアーマガジンソルト誌企画「アジング王バトル」において初代アジング王の王者にして、大人気ライトソルトブランド「ティクト」の製品開発やプロモーションをこなすアジングのスペシャリスト。テクニックは勿論、確固たる理論を持ち、全国各地の様々なパターンを熟地している。

トミー敦が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

画像: トミー敦が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

ギョピン1.7in(ティクト)

反り上がった独特の形状を持つワーム。このボディが針先以外を隠し余計なプレッシャーを与えず、さらにしっかりとテールを動かして泳いでくれる。このテールの振動がアジに心地良い微波動を生んで誘ってくれる。また、細かいバイトも明確にキャッチ!

スペック
●サイズ:1.7in ●カラー:全13色 ●入数:8 ●価格:オープン



弱すぎず強すぎず……微妙な波動でアピール

トミー「今年良かったのはギョピンですね。取材へ行くと、季節や時間帯、場所も細かく選べないことがあるんですが、どんな状況でも釣れたのが選んだ理由です」

状況を選ばず釣れ続ける、その理由とは?

トミー「細身のピンテールタイプなんですが、見た目通りクイってボディが曲がっていますよね。このシェイプがワームを動かしすぎないように抑えてくれているんです。だから、超微細な波動と水流を発生。強すぎず、弱すぎくない動きが効いて釣れ続けてくれるんです」

微妙なアピール具合が効果的なのだという。

トミー「あと、この曲がった部分にフックのゲイプがマッチ。針先だけ出ている形になりますので、アジへ違和感を与えにくい。だから、小型から大型までサイズを選ばずに安定した釣果を出しやすい。ビギナーの方に1つだけ勧めるなら『まずこれだけ持っていってください!』といえるワームです」

画像: トミー 「漁港、外洋、季節、サイズ、シーズン、それに場所を選ばずに安定した釣果を出してくれました」

トミー「漁港、外洋、季節、サイズ、シーズン、それに場所を選ばずに安定した釣果を出してくれました」

トミー敦の“裏”T.O.Y.

ブリリアント2.5in(ティクト)

トミー「ボディにあるリブと大きなパドルテールで、かなり強い強波動を出してくれるワーム。これが朝夕マヅメの高活性のアジの見つかりやすくて良いんです。とくにキビナゴなどを捕食しているでかアジには、この大きめのワームで強い釣りをしていくと一発大物狙いができます」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.