2019年、ジュラルミンの羽根を手に入れたIウィング135や、3ピースでライフスタイルの提案まで踏み込んだロッド・トライザなど「ゲームチェンジャー」としての存在感を示したメガバス/itoエンジニアリング。2020年は“原点回帰”スタートアップを目指し、またもビッグバンを誘発する!


創業者の初期衝動と、最先鋭テクノロジー

伊東原点回帰です」

2020年の展望を伊東さんに問うと、そう即答された。

伊東「日本のバス釣り具が黎明期だったとき、木を削ってはクランクベイトやロッドのグリップを作り出した。その混沌の中の初期衝動を見つめ直し、メガバスが持つ最先端技術で世に問いたい」

思い返せばメガバスは革新に次ぐ革新を繰り返し、先例のないモノ作りを30年以上続けてきた。

伊東「中でも、日本のバスフィールドに寄り添ってきた側面も大きいですね。アメリカンルアーにはなかったフィネス。トーナメントシーンをも席巻するような繊細さ」

それもまた多くある側面のひとつ。そういったメガバスならではの多様性も、より鋭く、より深くプロダクトに反映されていく。

【Profile】
伊東由樹(いとう・ゆき)
国内バス釣り黎明期から活躍する伝説的バス釣り師にしてメガバスグループ総帥。2018年には自身が設計したバスロッド・デストロイヤーシリーズが世界で最も権威あるiFデザイン賞を受賞。国際的なプロダクトデザイナーとして名高い。

バックスライド&トリックダーティング!『 プラズマ(仮称)【メガバス】』

画像: プラズマ(仮称)トリックダーター

プラズマ(仮称)トリックダーター

画像: プラズマ(仮称)シミーフォール

プラズマ(仮称)シミーフォール

対極的なアクションで中層を制す、一卵性双生リップレスプラグ

メガバスが新たに斬り込むフィネスの世界。それがこのソリッドプラグだ。

伊東「ひとつはシンキングリップレスダーター。トリックダーターと呼んでいます。小型でもウエイトみっしりで、ワンテンのようなロングダートをするものです。野池のスレバスもひったくっていきます。

もうひとつは、シミーフォールというタイプ。バイブレーションしながらバックスライドして、奥の奥まで侵入。またただ巻きではI字系となり、こちらも極めつきのフィネス」

スペック
●全長:59ミリ ●自重:1/4オンス ●ほか全て未定

メガバスだから出来る! 『フィネスプラッギング』の更なる可能性の追求

リップレスミノーと聞くとシーバス用のルアーを連想してしまいそうだが、プラズマ(仮称)においてはただ巻きだけではなく、ロングダートやI字系、バックスライドといった使い方でクリアレイクやリザーバーなどでは特に効力を発揮しそうだ。フィネスというとどうしてもワーミング主体に考えてしまいがちだが、ハードプラグにおいて秀でる同社だからこそ生み出されたルアーと言っても過言ではない。発売が待ち遠しい!!

関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.