釣り用語を漫才風に解説させていただく当コーナーも、おかげさまで好評。さて、今回、とりあげたい釣り用語は「サーフェス(サーフェイス)」。ほな、ヤズとヒラス、たのんまさぁ。


イキリ用語だが実用性は高い「サーフェス」

ヤズ「なぁ、ヒラス兄貴。このルアマガに書いてる“このルアーはサーフェスで威力を発揮するミノープラグ。場合によっては強いリトリーブによってサブサーフェスを意識することも可能”って、なんや。もうワカラン言葉ばっかりで悶絶しそうや」

ヒラス「じゃあ、今回は冒頭の“サーフェス”という言葉に絞って解説しよか。英語で書くとやな。Surfaceやな」

画像: 水面、表層をサーフェスと釣りでは表現する。サーフェイスと呼ばれることも多い。

水面、表層をサーフェスと釣りでは表現する。サーフェイスと呼ばれることも多い。

ヤズ「.....。マイクロソフトのか?」

ヒラス「ちゃうな」

ヤズ「マイクロソフトのカッケーぇ、PCやんな」

ヒラス「ちゃうゆうてるやろ。直訳すると表層、表面みたいな意味や」

ヤズ「またか! “このルアーは表層で威力を発揮する”でいいやないか!! イキリか!! なにがサーフェスや。スタバでドヤ顔してカチャカチャいじっとけや!」

ヒラス「やから、それとは違うゆうてるやろ。それに、スタバでドヤ顔はMacちゃうんか」

ヤズ「ちょいまて、表層てなんや」

ヒラス「そこか! 表層ちゅうのは、ほぼ水面や、水面がらみやな。浅っさいヤツや。もんげー、浅いやつ! あと、サブサーフェスは水面直下を指すこと多いな。ちょっと水面より潜ったところを、サブサーフェスと呼ぶことが多いな」

画像: 表層で使うルアー。サーフェス・プラグ。こちらはタックルハウスのリップルポッパー。

表層で使うルアー。サーフェス・プラグ。こちらはタックルハウスのリップルポッパー。

ヤズ「わかったわ。わかったし。しっかし、俺たちの漫才もサーフェスやな。まぁ、ちょっとサブサーフェス入ることもあるけどな。でも、そんなんじゃH−1優勝できひんなぁ」

ヒラス「H-1はブラックバスの釣り大会のことや、俺らが出なあかんのはM-1やろ? 上沼恵美子になじられるとこまでいったら大したもんやで。自虐してる場合とちゃうで。ほな、サーフェスをそろそろ落とそか〜」

ヤズ「サーフェスと掛けまして、派手な大阪のオバちゃんの化粧と解きます」

ヒラス「ほう、その心は?」

ヤズ「上っ面で勝負!」

ヒラス「ちょいまてや、上沼恵美子師匠の話の後にそれはやめてくれへんか....これを見てるかもしれない芸人関係者も真っ青でそっ閉じやで」

ヤズ「ルアマガプラスが消されるかもな! 腕磨きやぁ!」

ヤズ&ヒラス「それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ~!!




This article is a sponsored article by
''.