ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回はグルーパーゲームの先駆者であり、オオモンハタとアカハタの明確な釣り分けなど、ロックフィッシュの新メソッドを積極的に発信し続けるプロフェッショナルアングラーの2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


バス釣り仕込みの論理的な釣り理論をもとにソルトルアーゲームの新境地を開くマルチアングラー

【Profile】
折本隆由(おりもと・たかよし)
ソルトウォーターからフレッシュウォーターまで、ありとあらゆる魚種のルアーフィッシングに精通するプロフィッシャーマン。グルーパーゲームの開拓に尽力した第一人者でもある。

折本隆由が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

画像: 折本隆由が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

コールアップヘッド&バルト(エコギア)

折本「バルトは3.5インチならキジハタ、アイナメ、クロソイなどに向いていて、4インチはオオモンハタ。6インチはスジアラなどの大型グルーパーに最適です。フラットなシルエットなので、ベラやネンブツダイなどの平べったいベイトを食べている時には特に効きます」

スペック

【コールアップヘッド】
●自重:30g、40g、50g ●カラー:全6色 ●価格:850円、900円(税抜き)

【バルト】
●全長:3.5in、4in、6in ●カラー:全13色 ●入数:4本、5本、6本 ●価格:650円、750円(税抜き)



ダブルブレードの『ギラギラ感』がキモ!!

折本「陸っぱりはもちろんボートゲームでも、コールアップヘッドとバルトは『ベスト』の組み合わせでした。僕が狙って獲りたいのは、ベイトフィッシュを追っている魚食性のグルーパー。コイツらはアピールの強いルアーに真っ先に反応するので、2枚のブレードで激しいフラッシングアピールができるのは大きな武器になります。そこにナチュラルなソフトルアーが加わることで喰わせの部分もカバーできるので、パイロットルアーとして優れた役割を果たしていると思います。

また、活性がそれほど高くなく、ニュートラルな状態のグルーパーも、フラッシングで捕食スイッチを入れることができます。これは僕の持論なんですが、グルーパーはベイトフィッシュが群れている時の『ギラギラ感』で、スイッチが入るような気がします。そういった意味でも、コールアップヘッドはダブルのブレードでよりギラギラ感を演出し、口を使わせることもできるんです

画像: 折本 「海は魚との距離が遠いので、ブレードが発生する波動効果以上に、より広範囲に効果が出やすいフラッシングの方を重要視しています」

折本「海は魚との距離が遠いので、ブレードが発生する波動効果以上に、より広範囲に効果が出やすいフラッシングの方を重要視しています」

折本隆由の“裏”T.O.Y.

画像: 折本隆由の“裏”T.O.Y.

カタクチミノー[エコギア]

折本「スイミングに反応しなくなった魚に、トリッキーなアクションで再びスイッチを入れる時に重宝します。テキサスリグやジグヘッドリグで着底後にジャークを入れて、その後のカーブフォール、もしくはフリーフォールで喰わせる。特にキジハタに効果的でした」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.