虫パターンやパワーフィネス、超ロングリーダーキャロ、リザーバーフロッグなど、いまや全国区となったメソッドの発信源たる房総リザーバーで、生産中止でありながらコアなベテランたちがなおも愛用し続けているクランクベイトがあります。『T.D.ハイパークランクTi』。熱きファンの要望に応え、今春ついに蘇ります!!

稀代のTD名作モデルが満を持してリバイバル

あの名作が再び!

極薄で削れにくいメタル素材の特性を活かしたリップは、アクションのハイピッチ化に急角度の潜行、そしてフラッシング効果とメリットは数え上げればキリがありません。

画像: 『T.D.ハイパークランク1066Ti』●全長:65mm●重量:16.5g●タイプ:フローティング●カラー:全7色●価格:2000円(税抜き)●発売:4月予定

『T.D.ハイパークランク1066Ti』●全長:65mm●重量:16.5g●タイプ:フローティング●カラー:全7色●価格:2000円(税抜き)●発売:4月予定

高い浮力を持ったボディとの相乗効果で、リザーバーの立ち木など深場のカバー攻略で優れたパフォーマンスを魅せる『T.D.ハイパークランクTi』。

その復活を待ち望んでいたアングラーは多いはず。

大型かつフラットなチタンリップがもたらす圧倒的強さ

フラット形状というメリットを活かし、かつて2000年代前半は板オモリを貼ってスーパーディープへ挑むシンキングチューンが大流行。

画像: 大型かつフラットなチタンリップがもたらす圧倒的強さ

大型リップはカバー接触時でもフックを隠しスタックを激減する効果も発揮します。

『T.D.ハイパークランク1066Ti』のデッドスローリトリーブをぜひ、お試しあれ!!


この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!


関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.