ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は関西や四国、日本海エリアのハタゲームに精通し、アジングやメバリングなども得意とする関西ではお馴染み! 元気印ライトゲーマーの2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


自然を遊び尽くす次世代ライトゲーマー

【Profile】
脇田政男(わきた・まさお)
北近畿日本海エリアと四国瀬戸内エリアをホームフィールドに活躍する、ルアー&アウトドアブランド『ジャングルジム』のプロダクトディレクター。ライトタックルでのグルーパーがお得意。

脇田政男が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

画像: 脇田政男が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

DXブレーダー(ジャングルジム)+ バルト(エコギア)

脇田「セレクトしたレッドゴールド&赤金のカラーは、曇天でも晴天でも魚からの反応が良い、僕にとってはオールマイティなカラーですね。重さは4種類あるんですが、陸っぱりからのキャスティングで攻めるには21gか28gが使いやすい。35gはオフショアにもオススメです」

スペック
【DXブレーダー】
●自重:18g、21g、28g、35g ●カラー:全6色 ●価格:800円(税抜き)

【バルト】
●全長:3.5in、4in、6in ●カラー:全13色 ●入数:4本、5本、6本 ●価格:650円、750円(税抜き)



バルトとのフォルム&カラーの一体感がスゴイ!!

脇田「DXブレーダー&バルトのタッグは、昨年一番ハマりましたね。ナゼこのタッグが良いかというと、DXブレーダーはハリ元からシンカーが下部へと大きくせり出していて、体高があってフラットサイドなバルトをセットすると一体感のあるフォルムが決まるんです

さらにレッドゴールド&赤金と、カラーを協調させれば視覚的な違和感もほとんどなくなります。オオモンハタ狙いではスイミングをメインにブレードのフラッシングで遠くの魚にもアピールし、ヘッドが水流を受けることでバルトにウォブリングアクションを与えるので、ベイトフィッシュを積極的に追う高活性な魚が期待できます。

キジハタやアカハタ狙いでボトムを攻めたい時でも、着底時に立ち上がる設計なのでハリ先が常に上を向き、根掛かりしにくいのでテンポの良いサーチができます。ブレードはベイトライクなカラーにはシルバー、暖色系カラーにはゴールドと、違和感のなさを追求しています」

画像: 脇田 「ルアマガソルトの取材で愛媛県に行った時のオオモンハタは、今年の印象的な1尾ですね。予想通りのカケアガリでのバイトでした」

脇田「ルアマガソルトの取材で愛媛県に行った時のオオモンハタは、今年の印象的な1尾ですね。予想通りのカケアガリでのバイトでした」

脇田政男の“裏”T.O.Y.

画像: 脇田政男の“裏”T.O.Y.

スナッチバイトシャッド(マグバイト)

脇田「バルトは水押しが強い強波動ワームですが、そのぶんスレた状況では難しい。そんな時に波動が比較的弱めのスナッチバイトシャッドにローテーションすれば、よりナチュラルにアピールできてバイトも拾いやすい。DXブレーダー以外にも、イワシヘッドにも合わせます」

DXブレーダーの詳しい使い方やわっきー流グルーパー攻略法は下記記事を要チェックだっ!!!⇩⇩

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.