ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回はソルトルアー界では数少ないフルタイムプロアングラーであり、全国各地のシーバスパターンを熟知し、今もなお新たな可能性を模索しながら最前線を走り続ける漢の2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


全国のパターンを熟知するシーバス職業釣り師

小沼正弥が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

画像: 小沼正弥が選んだ2019年「俺のT.O.Y.ルアー」

モアザン バーストアッパー140F(DAIWA)

ただ巻きルアーが身上の小沼さんだが…。

小沼「ボラを喰っている場合には、1m巻いたら直後に1~3秒のストップを入れる。その後動き出した直後に、バイトしてくることが多いです。僕が手掛けたルアーの中では唯一、コイツだけがストップ&ゴーが効くルアーですね」

スペック
●タイプ:フローティング ●全長:140mm ●自重:28.5g ●カラー:全10色 ●価格:2100円(税抜き)



でかいボラを喰ってる時には絶対の信頼!!

小沼「昨年、80アップのシーバスをもっともたくさん釣っているルアーが、コイツですね。特にボラパターンには強く、15cm前後のでかいボラがいるフィールドには最適です。ボラは天敵のシーバスがいると危険信号を周囲に出すためなのか、水面に波紋を出しながら泳ぐんです。バーストアッパーはその動きがイミテートできるように設計されています。ボラパターンで有名な茨城県の涸沼は、ボラがボイルする状況でもシーバスはルアーになかなか喰ってこない。でも、バーストアッパーだけは違います。ボラの群れが追尾するくらい、動きが似てるんです(笑)

他のベイトではダメですか?

小沼アユパターンにも効果的ですね。アップストリームにキャストして、流れに負けないスピードでの速巻きです。それでもサブサーフェスを簡単にトレースできるので、水深30センチくらいの瀬の上もスタックする心配なく探れます。下から突き上げるような、強烈なバイトが味わえますよ!!

小沼正弥の“裏”T.O.Y.

画像: 小沼正弥の“裏”T.O.Y.

サイドプレス160F(ピックアップ)

小沼昨シーズン、一番でかい89cmを獲ったルアーです。場所は金沢の大野川で、多くのアングラーに叩かれた後にサクッと釣れたので、ラクさせてもらえました(笑)。柔らかめのボーン素材だと着水音が偽物っぽくないので、着水直後でもちゅうちょなく喰ってきます」

バーストアッパー140Fの更なる詳細は下記記事と動画をチェック!!

画像: DAIWA 2019 SPRING NEW シーバス ルアー インプレッション 第三弾 morethan BURST UPPER 140F www.youtube.com

DAIWA 2019 SPRING NEW シーバス ルアー インプレッション 第三弾 morethan BURST UPPER 140F

www.youtube.com

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.