via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
はい。サーティフォーと言えば、海のライトゲームに特化したルアーメーカー。でもちょっとまって、このジグヘッド、このメーカーが得意とするアジングやメバリング、そしてグルーパーゲームだけにとどまらないポテンシャルがあるんじゃない? ということでこの春発売される予定の、このジグヘッドに注目だ!


フォールではなくリフトで真価を発揮する、不思議ジグヘッド

画像: そのグリッターヘッドで大爆釣してほくほくのサーティフォー家邊克己さん。アジングの名手として名高い同分野のパイオニア。

そのグリッターヘッドで大爆釣してほくほくのサーティフォー家邊克己さん。アジングの名手として名高い同分野のパイオニア。

この春、サーティフォーから発売を控えている「グリッターヘッド」まずは形を確認してほしい。

画像: 写真はプロト

写真はプロト

ああ、なんかちょっと独特のジグヘッド形状よね。とか、スレきった釣り人のみなさん。そこでスルーしないでください。これ、ただセールスのために目をひく形状ってわけじゃぁないんですね。下側は船底のようになっており、フォール時は抵抗を受けて、表示のグラム数よりフォール速度は遅いのであります。

それは、なんとなくわかりますよね。で、フォールはスーッとストレートに落ちていきます。はい、そこまでは普通ですよね。フォール速度を抑えるための底面形状をジグヘッドってだけなら、ぶっちゃけスルーしていただいて結構です。ええ、結構ですとも。

ヘッドのカラーリングが独特? はい、それもキモといえばキモです。開発者の家邊さんも、このラメカラーが魚にめっちゃ効くとおっしゃっているのでキモ入りの機能なのは間違いありません。しかしですよ、こいつのギミック、もうひとつあるんですよ。

そう、リフトの時にシミーするんです。左右にぶれます。この手の機能を持つルアーって実はあまりありません。浮力を活かしてシミーするタイプのルアー、メタルバイブと言われれば、いくつかは記憶にあるのですが、ジグヘッドでその機能というのは正直記憶にありません。

画像1: フォールではなくリフトで真価を発揮する、不思議ジグヘッド

家邊「このスーッとリフトしてくると、左右にぶれる動きが結構、いろんな魚に効くんです。それだけじゃなくて、このラメ入りの明滅がかなり相乗効果になっているということは確認しています。まだ、メソッドは色々と開発できると思いますよ。アジだけじゃなくて、グルーパーとか青物とかにもすこぶる効くんですよ。なので、重めのサイズからリリースしていきます。1.7、2.5、3.0gが先行してラインナップされます。0.8、1.0、1.3gは後ほどですね。ちょっと整形するの小さいサイズは大変なんですよ(笑)」

画像2: フォールではなくリフトで真価を発揮する、不思議ジグヘッド

いや、その動き、ほんと、アジだけでなく他の魚にも効きそうですよね。ソルトシーンだけでなくバスシーンなんかでも応用できるかも。ちょっとシーズンが楽しみになってきました。グリッターヘッドに注目ですぞ!




This article is a sponsored article by
''.