2020年フィッシングショーが近づく中、釣具メーカー各社から新製品の情報が続々と解禁となっている。日本のみならず世界の釣具シーンを牽引する総合釣具メーカー「DAIWA」から今年もアングラーをワクワクさせるような新製品が登場!! 今回ご紹介するのはDAIWAシーバスルアーブランド「morethan」より、あのシーバスプロが監修した新機軸のジョイントスイミングペンシルです。 フィッシングショーまで待てないアナタはこちらの記事を読まれたし!



小沼正弥プロ監修のジョイントペンシル

画像: 小沼正弥プロ監修のジョイントペンシル

フレキシブルに動く3連結ボディを活かした艶めかしいアクションで、シーバスを魅了するスイミングペンシル。水面付近で引き波を立てて誘うフローティング仕様と、水中のスラローム&不意のスライドで訴えるシンキング仕様。

スペック
●サイズ:120㎜ ●自重:15.5g(F)、20g(S) ●カラー:7色(F)、8色(S) ●価格:1940円~1980円(税別)●発売時期:2020年4月予定



この方からもお話を伺いました!

画像1: 2020年DAIWA新製品! 艶めかしいジョイントの動きでシーバスを魅了する『モアザン スラップヒッター120F/120S』

【Profile】
高橋慶朗(たかはし・みちあき)
DAIWAでソルトルアーなどの開発を担当するエキスパートアングラー。ミッチーの愛称で親しまれる。シーバスやヒラメをメインとするソルトウォータールアーのエキスパート。状況を適切に見きわめて、ターゲットへのパターンを見つけ出す理論派アングラー。

高橋「DAIWAテスターであり、職業釣り師・小沼正弥さん監修ルアーなんですけれども、このルアーは『スイッチヒッターの動きをそのままに艶かしくしたものが欲しい!』という小沼さんの要望から出来上がったルアーです

F(フローティング)モデルとS(シンキング)モデルがあってFは完全に水面引き波ウェイク系で表層をヘビみたいにウネウネクネクネ泳ぐルアー。Sはレンジが30cmくらい入り、水面下の浅いレンジをウネウネ泳ぎます」

画像: 写真上がフローティング、写真下がシンキングモデルとなる。

写真上がフローティング、写真下がシンキングモデルとなる。

高橋「FとSでアイのポジションが異なり、アイのポジションが下になっているものがフローティング、それに対してアイが真っ直ぐあるものがシンキングとなります。スイッチヒッターでアタらなかった時のフォローに最適です! 」

フローティングは魚が水面を意識しているときやボイル時などにうってつけ。シンキングは水面直下30cmまでとシャローエリアや河川などでドリフト釣法やナーバスな魚に艶めかしいアクションが効果を発揮しそうだ。

画像: この方からもお話を伺いました!

またテール先端にもフックアイがあるが、アクションレスポンスを重視しフックは装着されていない。しかし、よりタイトな動きを演出するために3フック使用も可。またフェザーをつけてよりスローに誘ったり、ブレードを付けてアピールを高めるのもアリ! 自身の好みや通うフィールドによってチューンをするのも楽しいルアーだ!!




This article is a sponsored article by
''.