『ルアーマガジン』、『ルアーマガジン・ソルト』両誌で毎年年末に開催している読者投票企画「T.O.Y.(タックルオブザイヤー)」。実際に道具を買っている読者が選んだ商品は何なのか。それこそ、ある意味「1番釣れる」道具ということも言えるかもしれません。2019年を通してもっとも支持を集めたエギランキング「2019T.O.Y.エギング部門」発表です!

"T.O.Y. タックル・オブ・ザ・イヤー"とは?
『ルアーマガジン』と『ルアーマガジン・ソルト』にて、その年に最も信頼できるタックルを読者の皆様から募集。時代の流行りや風潮を読み解くこともできる、1年間を総括する人気ランキングなのだ!
※投票は『ルアーマガジン・ソルト 2019年10月号』~『同 2019年12月号』のアンケート集計結果に基づきます。
貴重なご意見ありがとうございます!



まず歴代T.O.Y.エギ部門の歴史を振り返ってみよう

2006~2018年 HISTORY

1位エギ
2006年【ヨーヅリ】アオリーQ
2007年【ヤマシタ】エギ王Q
2008年【エバーグリーンインターナショナル】エギ番長
2009年【エバーグリーンインターナショナル】エギ番長
2010年【ヤマシタ】エギ王Q
2011年【ヤマシタ】エギ王Qライブ
2012年【ヤマシタ】エギ王Qライブ
2013年【ヤマシタ】エギ王Qライブ
2014年【ヤマシタ】エギ王Qライブサーチ
2015年【ヤマシタ】エギ王Qライブ
2016年【DAIWA】エメラルダスラトル/R/S
2017年【ヤマシタ】エギ王Qライブ/ライブサーチ
2018年【ヤマシタ】エギ王Qライブ/ライブサーチ

その独特の釣り味と、主なターゲットとなるアオリイカの食味が人気のエギング。漁具であった時代の姿を今も色濃く残すルアー=エギは、一見すると商品としての特徴を出しにくいところもあるのだが、人気のアイテムには票が集まった。

イカにしかわからない何かが釣果になってあらわれているのだろう。

【1位】エギ王ライブ/ライブサーチ
EGI-OH LIVE/LIVE SEARCH【ヤマシタ】

【318pt】2019新登場!

画像1: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

【エギ王ライブ】
●サイズ:2.5号、3号、3.5号 ●重量:10g、15g、21g ●カラー:全20色 ●価格:オープン

【エギ王ライブサーチ】
●サイズ:2.5号、3号、3.5号 ●重量:10.5g、15.5g、21.5g ●カラー:全15色 ●価格:オープン

動かないのに動きまくる!!

エギ王Qライブがリニューアル!!
ウォームジャケットや490GLOWといったヤマリアならではの技術を惜しげもなく投入。新搭載のブレイドシンカーによって生み出されるアクションはダート幅を変えずに移動距離を33%も短縮され、より短い距離で何度もダートアクションでアピールすることが可能になっているのだ!!

基本のライブ、ハイアピールのサーチ、フォール速度違いのディープやシャローといった充実のラインナップもありがたい。

【2位】エギ王K EGI-OH K【ヤマシタ】

【194pt】前年3位

画像2: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:2.5号、3号、3.5号、4号 ●自重:11g、15g、22g、26g ●カラー:全15色 ●価格:オープン

厳しい時にこそ活躍する仕事人

年々増加するエギングファン。その分釣れにくくなるイカたち。そんな現代エギングの救世主として誕生したのがエギ王K。

低活性イカを攻略するべく開発されており、安定したフォールや警戒されにくいダートアクションで設計。ベテランアングラーすら苦戦する状況を打破してくれる必殺・仕事人エギだ。

【3位】餌木蔵 EGIZO【メジャークラフト】

【150pt】2019新登場!

画像3: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:2.5号、3号、3,5号 ●カラー:全11色 ●価格:790~850円

ハイコスパの鬼が世にはなった革命児

コストパフォーマンスに優れる数多くの製品を生み出し、T.O.Yの常連メーカーとも呼べるメジャークラフトがエギをリリース!! 根掛かりしにくくダートの始動がスムーズな水中姿勢により、ビギナーにもありがたい使用感を実現。細軸&フッ素コートのカンナで掛け性能も文句なし!!

【4位】EZ-Q ダートマスター EZ-Q DARTMASTER【デュエル】

【90pt】前年2位

画像4: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:2.5号、3.0号、3.5号 ●自重:10g、14.5g、19g ●カラー:全21色 ●価格:オープン

唯一無二のパタパタ動く魅惑の足!

波動と引き抵抗の軽減を両立させたウェーブモーションライトボディを筆頭に様々な特徴を持つが、最大の武器はパタパタ?フットライト。ダート性能や飛距離を犠牲にすること無く、フォール時に発生するパタパタアクションがしっかりとアピール。唯一無二の存在感が多くのエギを虜にする!!

【5位】パタパタQ PATAPATA Q【ヨーヅリ】

【70pt】前年10位

画像5: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:2.5号、3.0号、3.5号 ●自重:10g、14.5g、19g ●カラー:全20色 ●価格:オープン

リアルなヒレを持つエギ

実際の魚のヒレに似せたパーツ・パタパタフィンスリムを搭載。これは小魚の動きを調べつくしたうえでデザインされており、目のいいアオリイカに対して波動と視覚の両方で訴えることが可能。シャクリ抵抗の軽減にも力を入れられており、1日中投げ続けられる扱いやすさも人気の秘密だ。



【6位】エメラルダス ステイ EMERALDAS STAY【DAIWA】

【66pt】前年4位

画像6: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:3.0号、3.5号 ●自重:18.5g、25g ●カラー:全6色 ●価格:1,240円

水押しがポイント! エギ界のネクストスタンダード!!

一般的なエギが水を切るようにしてダートアクションするのに対し、ステイはエラ部分のパーツが水の抵抗となることで、ダートアクションの幅は大きくないもののしっかりと存在をアピール。水押しという、今までにない要素はこれからのエギング界の新たな基準になるかもしれない。

【7位】セフィアクリンチ Sephia Clinch【シマノ】

【46pt】前年6位

画像7: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:2.5号、3.0号、3.5号、3.8号 ●自重:10g、15g、19g、24g ●カラー:全16色 ●価格:1,120円、1,240円

湯川マサタカ渾身のエギ

広範囲サーチのカエル跳びアッパー、ボトムサーチのエクスカウンターに加え、ラトルモデルも追加されるなど、ますますその活躍の場が広がりつつあるエギ。湯川マサタカさんのこだわりがこれでもかと詰まっているのだ。

【同率8位】餌木猿 EGIZARU【林釣漁具製作所】

【42pt】前年9位

画像8: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:3.0号、3.5号 ●カラー:全32色 ●価格:オープン

天然素材だからこその味を楽しもう

マスプロダクションエギとしてはほぼ唯一と言えるであろう、天然素材(桐)を使って作らられているエギ。このため、製品ひとつひとつに個性があり、使えば使うほどど味わいが深くなっていくのが感じられるはず。自分だけのベストエギを育てよう。

【同率8位】エメラルダスダートII EMERALDAS DART II【DAIWA】

【42pt】前年5位

画像9: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:2.5号、3.0号、3.5号、4.0号 ●自重:9.5g、13.5g、18.5g、22.0g ●カラー:全21色 ●価格:オープン

ダート性能◎! どこでも活躍するハイアピールタイプ

ベーシックな大分型を踏襲しつつも、ハイアピールのダート性能に磨きをかけたDAIWAのロングセラー。日本全国で安定して入手可能。そしてもちろん、釣果も安定と、信頼と実績が積み重なり、多くの愛用者を生んでいるのだ。

【同率8位】ラグゼ エヴォリッジ LUXXE EVOLIDGE【がまかつ】

【42pt】前年圏外

画像10: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ: 3.5号、3号、2.5号 ●カラー:18色 ●価格:1,000~1,100円

曲線が美しい流線形エギ

起伏を抑えたなだらかで美しい流線形ボディのエギ。そのデザインは向かい風や横風にも影響を受けにくく、安定したキャスタビリティに貢献。ボディ先端部は小さなシャクリでもしっかりとダートさせられる高レスポンス設計だ。

【同率8位】アオリーQ AORI Q【デュエル】

【42pt】前年14位

画像11: 2019年で1番人気なエギはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.】

●サイズ:1.8~3.5号 ●カラー:18色 ●価格:オープン

エギングブームの火付け役は今なお現役!

1995年の登場以来、第一線で活躍し続けている元祖エギ。漁具としての餌木をブラッシュアップし、最適なフォール姿勢や速度、充実したサイズ・カラー展開、根掛かりしにくいデザインのシンカーなど、現代エギの礎を築いたといっても過言ではあるまい。

11位以降のエギランキング順位

順位上下前年順位【メーカー】機種名
12位UP前年14位【カルティバ】ドロー4
12位DOWN前年8位【DAIWA】エメラルダスラトル
14位UP前年圏外【エバーグリーンインターナショナル】エギ番長
14位DOWN前年13位【オーシャンルーラー】エギスタ
14位--2019新登場【デュエル】EZ-QフィンプラスTR
16位UP前年18位【DAIWA】エメラルダス フォール
17位UP前年18位【ハリミツ】墨族
18位UP前年圏外【JINGO】ロケッティア
18位UP前年圏外【DAIWA】エメラルダス ストリーム
18位DOWN前年14位【オーシャンルーラー】エギスタ

リニューアルしてもライブは凄かった!!

ルキーイヤーでT.O.Y.という偉業を成し遂げたエギ王ライブ。多くのメーカーが過去モデルとの具体的な比較を避けがちな中、メーカーウェブサイトでも旧モデル(エギ王Qライブ)と比較した数値を明確に提示することで得られる説得力がスゴイ。

エギ王Kやエメラルダスステイなど、激しいダートによるハイアピールとは異なるアプローチのエギがランクインしているのも興味深い結果だ。

2019T.O.Y.の全情報は『ルアーマガジン・ソルト 2020年2月号』に掲載されています!

2019年ほかのT.O.Y.情報はこちら

昨年度のT.O.Y.情報はこちら




This article is a sponsored article by
''.