全世界においてルアーフィッシングブランドとして圧倒的な人気を誇る「アブ・ガルシア」。そのラインナップはロッドやリールに留まらず、ルアーやアパレルなど多岐に渡る。そんなアブ・ガルシアは2020年バッグなどのアクセサリー関連も非常に充実しているのだ! 今回はそのラインナップの中からルアマガプラス編集部イチオシの商品をご紹介!!



コミュータースリングバッグ

画像: コミュータースリングバッグ

オカッパリのバスフィッシングなどにおいて釣りの動きを妨げることなく、あらゆる状況に対応すべく収納力もあるバッグが欲しいと思うアングラーも多いのではないかと思う。

しかし、機動力を求めるのではあれば、必然とカバンは小さくなり持ちだぜるルアーやグッズなども限られ、あらかたその場所における攻略の仕方を熟知しているのであればタックルを絞れるのだが、初めての場所であったり、オカッパリで広範囲を移動するのであればどうしても心もとない。

逆にカバンが大きくなれば、収納力が上がり、アングラーとしても様々なシーンに対応ができ、選択肢が増えるものの、かさばってしまったり、持ち出すものが増えカバンが重くなり機動力が下がってしまったりもする。

そんなアングラーのわがままを答えてくれるバッグがこの「コミュータースリングバッグ」である。

大容量! だけどもちょうどいいサイズ感!!

スリングバッグとは斜めがけのシングルストラップバッグであるが、通常のショルダーバッグなどと違い、都度バッグを下ろして荷物を取り出すのではなく、体の前面にバッグを移動させ荷物を取り出すことが出来る。現在釣り以外ではピクニックや旅行、またはカメラバッグなどで同タイプを見かけることが多い。

このコミュータースリングバッグはメインポケット、中環収納部、そして背面ポケットと3つの収納部があり、用途別に荷物を収納することが可能となる!

まずはメインポケットがこちら⇩⇩

明邦のVS-3010クラスが縦にスッポリ入り、VS-3010NDMであれば複数個いれることも可能。
またケースだけでなく、かさばりがちなレインウェアやタオルなども楽々入れられる。

つづいて中間収納部はコチラ⇩⇩

内部には細かいアイテムを収納するのに便利な小分け&ファスナーポケット付き。シンカーボックスやフックなどの細かいパーツ類やパッケージ付きのワームなどを収納するも良し!

更には背面ポケットも配置!⇩⇩

クッション入りなのでタブレットを入れることも可能! 他にもメジャーや8インチ以上のパッケージ付きのロングワームなども収納可能!



ショルダーベルトは左右の肩に掛けることが可能。

ショルダーバッグの既存の多くのモデルが、左右どちらかの肩でしか背負えないものが多く、利き腕にショルダーベルトが重なったりと、気に入ったモデルが見つかったとしてもショルダーベルトの位置によっては諦めなければならないものもあった。筆者もその経験があるひとり。

しかしコミュータースリングバッグであればショルダーベルトを取り外し、バッグ本体の上下を変更することで左右どちらの肩にも掛けることが可能に!

画像: ショルダーベルトは左右の肩に掛けることが可能。

無駄な箇所が全くない! バッグ両サイドのギミックも秀逸!!

今回個人的にグッときたのがバッグ本体の両サイド部!

片側にはラバースピンドルが搭載され、レインウェアの一時的な収納や、パックロッドのケース、またはランディングネットを配置することも可能! 特にパックロッドアングラーはロッドをコンパクトに持ち運べることは非常に便利であるが、ロッドを守るためのケースがどうしても釣りの際などにかさばってしまうデメリットがあった。このラバースピンドルに装着すればそのわずらわしさも解消できる。

そして反対のサイドにはアジャスターがついており、荷物が少ないときには絞ってボディサイズを圧縮でき、逆に荷物が多いときには広げることが出来る

画像1: 無駄な箇所が全くない! バッグ両サイドのギミックも秀逸!!

またロゴ部分はリフレクターワッペンとなり、夜間に光に反射するので安全面にも配慮。日没前後やナイトゲームの釣りにも対応。取り外しができ、自身の好みの位置に配置できる。

画像2: 無駄な箇所が全くない! バッグ両サイドのギミックも秀逸!!

シンプルなデザインで飽きがなく、サイズも幅22cm×高さ37cm×奥行き13cmと小さすぎず、大きすぎず程よいボリューム感。バスフィッシングのみならず、シーバスやパックロッドでの電車釣行や自転車、バイク釣行にもうってつけ!

他社とは一線を画す、こだわり抜いた釣り用スリングバッグ。今年のアブ・ガルシアはロッドやリール、ルアーだけでなくバッグへのこだわりもスゴい!!!!

気になる方は下記メーカーホームページをチェックだ!!⇩⇩



This article is a sponsored article by
''.