乗合船に乗ってちょっと沖に出ただけで楽しめるライトなオフショアの釣り。その中でも人気のタイラバは楽しいし釣れる魚も高級だしでいいことづくめ! スラッシュのNEWタイラバロッド「スパライダ プレステップ(SPARIDAE PRESTEP)」はこの釣りの入門者からベテランまで、みんなが楽しめるらしいのです。スラッシュテスターの高橋さんが教えてくれました!!

【Profile】
高橋大樹(たかはし・だいき)
広島県にあるフィッシュオン三原店スタッフ。餌、ルアー問わず様々な釣りに精力的に取り組むマルチアングラー。日本海、瀬戸内海、太平洋をまたにかける!!

掛けと乗せに収まらない!? 楽しめる2本のタイラバロッド

画像: 掛けと乗せに収まらない!? 楽しめる2本のタイラバロッド

――スラッシュでは前モデルに「スパライダ」というタイラバロッドがありました。新しく出る「スパライダ プレステップ」はそちらとどう違うのでしょうか?

高橋さんスパライダは魚からの魚信に対して、積極的にアワセを入れていく掛けの釣りを念頭に置いたモデルでした。一方、新しいモデルのスパライダ プレステップは掛けの釣りに向いたモデルもありますが、向こうアワセで針掛かりさせる乗せの釣りに向いたモデルもラインナップしているんです」

――2つの釣り、それぞれが好きな人を想定した2本のラインナップということですね。

高橋さん「そうなんです。だから見た目は似ていますが、持ってもらえばすぐにわかるくらい味付けの違う竿になっています。ただそれだけではなく、タイラバという釣りをもっともっと多くの人に知ってもらうために設計を煮詰めました」

――それは例えばどういった部分なのでしょうか?

高橋さん「個々のロッドに関してはこの後紹介するとして、わかりやすいところでいえば価格をぐっと抑えています。それでいてどちらの竿も、SLJ(スーパーライトジギング)などの釣りにも使えたりと、かなり遊べるロッドに仕上がっているんですよ」

――タイラバはもちろんジギング系も楽しめて、掛けと乗せ、それぞれに対応したモデルがラインナップ。しかも価格は控えめ。これならいろんな人にとっての最良の1本になりそうですね!

高橋さん「そういうことです! それでは次に、それぞれのモデルに関して解説しますね」

乗せロッドは初心者でも扱いやすいオートマチックモデル

SPRE-C672M-FC

画像: ●全長 :201cm ●仕舞寸法 :164cm ●継数 :2(バットジョイント) ●対応ルアーウェイト :20~150g ●対応ライン(PE) :0.5~1.2号 ●自重 :151g ●価格 :17,000円
●全長:201cm ●仕舞寸法:164cm ●継数:2(バットジョイント) ●対応ルアーウェイト:20~150g ●対応ライン(PE):0.5~1.2号 ●自重:151g ●価格:17,000円

高橋さんC672M-FCはブランクスにカーボンフルソリッドを採用した、通称フルソリモデル。タイの大きさに関わらず、じわじわと曲がることでフックを喰いこませていく乗せの釣りに向いたモデルです」

――カーボンのフルソリッドということで、感度と粘り強さも両立されているわけですね。

高橋さん「粘りのある曲がり方をするので魚を暴れさせにくい、つまりバラしにくいという特徴もあります。竿がオートマチックに仕事をしてくれるので、初心者の方にも使っていただきたいです」

――乗せの釣りのロッドは良く曲がる分、深い場所には対応しない印象がありますが、どのくらいの深さで使えますか?

高橋さん「100mくらいまでのエリアならOKです。浅い場所なら5mくらいからですかね。つまり地域にもよりますが、ほぼどんなエリアでもいけてしまいますので安心してください(笑)。

画像: SPRE-C672M-FC

――タイラバ以外の釣りはいかがでしょうか?

高橋さん「激しいロッドワークには向かないので、巻き主体のSLJ、オモリグを使ったバーチカルのイカ狙いにも使えますね。自分はこのロッドを使っていて、ヨコワやブリをとってますよ」

――その2魚種がキャッチできるならロッドパワーに何の心配もいりませんね(笑)。

実はオールマイティ!? 掛けロッドでエキサイティングな釣りを楽しもう!!

SPRE-C672MH-ST

画像: ●全長 :201cm ●仕舞寸法 :105cm ●継数 :2(センター) ●対応ルアーウェイト :40~300g ●対応ライン(PE) :0.6~1.2号 ●自重 :133g ●価格 :15,000円

●全長:201cm ●仕舞寸法:105cm ●継数:2(センター) ●対応ルアーウェイト:40~300g ●対応ライン(PE):0.6~1.2号 ●自重:133g ●価格:15,000円

高橋さん「もう1本のロッド、C672MH-STはソリッドティップ搭載の掛け重視ロッド。フルソリッドロッドに比べて圧倒的に情報量が多いのが特徴です」

――積極的にアワセを入れていくためにはアタリをしっかりと捉える必要がありますもんね。

高橋さん「しかもその際には針をしっかりと貫通させるためのパワーも必要。だからこのモデルはバットが強くなっていて、魚を掛けた後も主導権を握られにくいんですよ」

――フルソリモデルに比べてこちらのロッドはどのくらいの深さまで対応していますか?

高橋さん「300mくらいまではテストしています。そのぐらい深いエリアの攻略を念頭に置いているので、C672MH-STの通称はディープモデル。単に掛け重視なだけじゃないのがポイントです」

画像: SPRE-C672MH-ST

――それだけ深いと色々な魚が釣れそうですね。

高橋さん「クロムツやユメカサゴなんかがテストでは釣れてます。ロッド的にはアマダイ狙いにも使えますね。あと逆に浅い水深の場所では、オオモンハタやアコウなんかも釣れます。これらの魚は即アワセが基本なので、文字通り掛けの釣りが楽しめます。もちろん、SLJやLJ(ライトジギング)にも対応していますよ」

――掛けの釣りに特化した尖った竿……と思いきや、実はかなりオールマイティなモデルなんですね。

発売は4月! 動画で先にその性能をチェック!!

気になるNEWタイラバロッド・スパライダ プレステップは4月発売予定。

乗っ込みシーズンに備えて、まずは動画で予習しておこう!

画像: 水深100m超のニアディープを狙うタイラバ五目ゲーム www.youtube.com

水深100m超のニアディープを狙うタイラバ五目ゲーム

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.