どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!! ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する『THE JIGHEADS』をルアマガ+にも公開!! 今回ご紹介するのは『ガルプ!』や『パワーベイト』でお馴染みの世界的ルアーブランド『バークレイ』よりリリースされた、ショアからのジグ単、そしてボートからのバチコンと様々なシチュエーションに対応する扁平ジグヘッドです。



今回のジグヘッドは『バークレイ ふわゆら(ピュア・フィッシング・ジャパン)』

アジだけでなくいろいろな魚種を魅了する「ふわゆら」

バークレイのジグヘッドシリーズ第4弾が、この『ふわゆら』だ。
その特徴をピュア・フィッシング・ジャパンのシアプロダクトマネージャーである瀧澤さんにうかがった。

瀧澤「開発のコンセプトはフォーリングでゆっくり誘えるジグヘッド。その名のとおり、ふわふわユラユラと落ちていくアクションを目指しました。そのためにヘッドは水を受けやすいように鏡餅のような横の扁平形状になっています。アジがプランクトンを捕食しているときに、スローなフォールで見せたいときは特に有効な動きですね。また、普通にリトリーブしても使いやすいように、フロントにカップを設けて引き抵抗をアップさせています」

フックは太軸で、尺アジ狙いにも対応。ショアからのジグ単だけでなく、ボートでのバチコン釣法などにぴったりだ。また、この独特なフォーリングアクションはアジだけでなくさまざまな魚種を魅了している。

瀧澤尺メバル、カサゴ、ソイ、セイゴ〜シーバス、チヌなど、いろいろな魚が釣れていますね。マダイが釣れたこともありましたよ。他のジグヘッドで食わないとき、フォーリングや漂わせるような釣りをしたいときは、ぜひ『ふわゆら』を使ってみてください」

ポイント① ヘッド

画像: ポイント① ヘッド

スローフォールを実現する横扁平ヘッド

フォールでゆっくり落とすために、横幅のある扁平ヘッド。水の抵抗がかかるため、他のジグヘッドに比べてスローに水平姿勢で落ちていく。また、フロントにくぼみが設けられており、引き抵抗を感じながらリトリーブすることができる。

ポイント② フック

画像: ポイント② フック

太軸フックで尺アジ、その他のターゲットも対応

フックサイズは全サイズ共通の#6。0.7mm太軸の線形で、外道で掛かってしまう大物や口の硬い根魚にも対応する。フック形状はオーソドックスなストレート。シャンクはやや長めで、赤いワームキーパーがセットされている。



アクション

画像: アクション

じっくりフォールで見せる、流れに乗せて漂わす!

ふわふわユラユラと落ちていくフォーリングそのものがふわゆらの最大の特長。フリーフォール、テンションフォールを状況によって使い分けよう。キャロ仕掛けやバチコンで、流れに漂わせるような動きにもマッチする。

ワームセッティング

画像: ふわゆら+バブルサーディン(バークレイ)

ふわゆら+バブルサーディン(バークレイ)

対象魚に合わせて多彩なソフトベイトが使用できる

ターゲットによっていろいろなワームを使用可能。大きめのワームを使用することで、よりスローフォールで見せることが可能。また、ニオイのあるガルプシリーズと組み合わせれば、スローフォールと相まって効果は抜群。

気になるサイズラインナップは?

画像: 0.4g

0.4g

画像: 0.6g

0.6g

画像: 0.8g

0.8g

画像: 1.0g

1.0g

画像: 1.8g

1.8g

画像: 2.0g

2.0g

重さは0.4〜2.0gで、ライトゲームの幅広い状況にマッチ

ウェイトラインナップは0.4〜2.0gの8種類で、細かく重さが分けられている。ヘッドには重さの表記があり、パッケージから取り出した後も重さが見分けられる。そしてコストパフォーマンスが高く、多くのアングラーに親しみやすくなっている。

画像: 1gアンダーはバチコンやキャロにもおすすめ!!

1gアンダーはバチコンやキャロにもおすすめ!!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.