ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画『タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)』。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は一昨年自身のブランド『マルジン』を立ち上げ、プロアングラー兼経営者として、ルアー開発からプロモーションまで奮闘する日々を過ごす稀代のランカーシーバスハンターが選ぶ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!



THEマスター・オブ・ランカーハンティング

【Profile】
嶋田仁正(しまだ・じんせい)
広島県や中部地方をホームとするシーバスエキスパート。稀代のランカーハンターとして知られ、これまで数々のモンスターシーバスを仕留めている。2018年よりフルタイムプロとしての活動を開始。自身のメーカー『MARUJIN』を起ち上げた。

嶋田仁正が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『UKベイト15”(マルジン)』

画像: 嶋田仁正が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『UKベイト15”(マルジン)』

ナチュラルな見た目ながら強い存在感!!

嶋田「微細なハイピッチロールアクションでベイトフィッシュらしさを演出しつつ、強い波動で存在感を示し、あらゆるフィッシュイーターを呼び寄せます。手元に伝わるブルブル感はハードルアーと何ら変わりはないので、『バイブレーション』だということがすぐに判ります」

スペック
●タイプ:シンキング●全長:3.4in●自重:15g●カラー:全10色●価格:1400円



見た目からは想像できない激しいバイブレーション!!

嶋田「昨年使ったルアーの中では、90アップというサイズに関しても、釣った数に関しても、間違いなくこのルアーがナンバーワンになりますね

シャッドテールワームにトレブルフックが2本付いた、小さなスイムベイトのように見えますが、ジャンルとしてはバイブレーションです。

一般的なシャッドテールワームにはジグヘッドを組み合わせますが、鉛ヘッドは水を切って進むので抵抗が少なく、発生する波動も弱い。でも、『UKベイト』はヘッドからテールまで全身がワーム素材なので、水抵抗を全身で受けながらバイブレーションを起こし、激しい波動を発生します。この全身から発生する波動がシーバスだけでなく、青物やマダイ、海外ではバラマンディにも効果的なので『フィッシュイーター限定解除』と謳っているわけです。

また、ワーム素材とは言えけっこう頑丈なので、簡単には壊れません。そういう意味ではワームリグと比べてもコスパが高いです」

嶋田仁正の“裏”T.O.Y.『カゲロウ155F(メガバス)』

画像: 嶋田仁正の“裏”T.O.Y.『カゲロウ155F(メガバス)』

嶋田「昨年発売された大型の追加モデルですが、水の掴みが浅めなのでスローリトリーブでもファストリトリーブでも、ウェイクベイトとしての性能を発揮できるレンジをキープしやすい。シャローエリアでもスタックする心配がないので、ビギナーには特にオススメです

UKベイト15”のスイム動画は下記をチェック!!⇩⇩
画像: UK BAIT MOVIE www.youtube.com

UK BAIT MOVIE

www.youtube.com

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.