ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は(株)ヤマリアのフィッシングマイスターとして卓越したエギングテクニックを持ち、アオリイカの生態にも詳しく、学術的な側面からも商品開発に着手しヒットエギを生み出し続けるエギングエキスパートの2019年最も印象深かったルアーをご紹介!



エギング伝道師・『世界のカワカミ』

【Profile】
川上英佑(かわかみ・えいすけ)
ヤマシタ&マリアが認定する、卓越した釣りの技術を持ち合わせた社内スタッフ『フィッシングマイスター』の称号を持つ。学術的なアプローチでも、エギングに挑み続けている。国内だけでなく、海外でもエギングを楽しんでいる。

川上英佑が選んだ2019年“俺のT.O.Y.エギ”『エギ王K 3.5号 ムラムラチェリー(ヤマシタ)』

画像: 川上英佑が選んだ2019年“俺のT.O.Y.エギ”『エギ王K 3.5号 ムラムラチェリー(ヤマシタ)』

もっとも重要なフォールの引き出しが増える

川上「Kならではの落ち着いたアクションを活かして、フォールのバリエーションが付けやすいのが大きな魅力ですね。状況に合わせてフリーフォール、テンションフォール、水平フォールと使い分けやすく、沈下抵抗が大きくてゆっくり沈む分、その効果も大きいです」



最初からコレを投入すると、後が続かない!!

川上「エギ王K自体が渋い状況下でも結果を出してくれる『困った時の1本』なんですが…この『ムラムラチェリー』というカラーは、Kの中でも抜群に強い存在です

その理由のひとつが、アングラーがひとしきり入ってプレッシャーが高い日中のフィールドでも、必要以上にアピールし過ぎない透過するボディカラーです。それでいてピンクはアングラーからも視認性が良いのでトレースコースをしっかり把握できるし、見えることでモチベーションも維持できる。だから自信を持って使い続けられるので、良い結果に結び付きやすいんです。

ただ、強いからと言って最初からこのカラーで投入してしまうと、その後に他のカラーを投入しても続かなくなるという事態に陥ります

僕がオススメの使い方は、最初は派手めなアクション&カラーのモデルで先発・中継ぎとゲームを組み立て、最後にKのムラムラチェリーをクローザーとして投入すると、数は伸びますよ」

画像: 川上 「ボートエギングの取材で、他のカラーでもポロポロ釣れていました。その後ムラムラチェリーに替えた途端に連発で、キロオーバー2ケタです!」

川上「ボートエギングの取材で、他のカラーでもポロポロ釣れていました。その後ムラムラチェリーに替えた途端に連発で、キロオーバー2ケタです!」

川上英佑の“裏”T.O.Y.『エギ王LIVE シャロー 3.5号 ブルーポーション(ヤマシタ)

画像: 川上英佑の“裏”T.O.Y.『エギ王LIVE シャロー 3.5号 ブルーポーション(ヤマシタ) 』

川上「完全に『喰わせ』に特化したカラーで、アングラーからは見にくいかもしれませんが、ブルーで透過性が強いカラーは水馴染みがとても良く、渋い状況下でこそナチュラルなアピールでイカに手を出させることができる。中層~表層でドリフト気味に使うことが多いです

川上さんのタイプ別のエギローテーションやカラーの使い分けなどはコチラの記事をチェックしよう!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.